2012年9月27日木曜日

9月26日(水)実習ファーム訪問日<大久保>

毎月、第4水曜日にNGO Hope Of Cambodiaの代理人として、バンテイアスレイにある実習ファームへ管理料などをお渡しするために訪問しています。

乾季時にトュクトュクでスムーズに行けば、約1時間ぐらいで到着するところが、ここ最近の雨量は半端ではありません。川の水は増水し、道はぬかるんでいます。到着するのに2時間もかかりました。
至るところにこのような水溜りが・・・
到着できたのでよかったものの、向かっていると、手前の家の方の忠告では、
「そんなの無理無理。行けないよ(とくにトュクトュクでは)」と言われました。
大きな水たまりを目の前にして、同行しているDACCのメンバーから
「どうしますか。とみこさん」と聞かれたので、躊躇なく「行きます!」と応えドライバーさんに促しました。「だって、ここまで来て帰るのなんて嫌で~す」と、進行です!!
ドライバーさん GOOD JOB!!

なんとか到着。先月も訪問しているので、見慣れた風景ではありますが、それでも、とうもろこしが大きく育っていたり、ニームの木がさらに茂っていたりするのを見ると、「おー」と思わず喚声をあげてしまいました。
みんなで掘った穴には水が溜まっていました。そして心なしか周りの草で小さく見えるは私だけ?!
雨量があり、時折、このように晴れると、植物は成長するんですね。生命力があふれるような感じで、バナナの木やマンゴーの木の辺りには一面、雑草が伸び放題。


それでも、わさわさと進もうとする私に、同行メンバーから
「とみこさん。きをつけてください。へびがいます」と言われて、走って元に戻りました。



バナナは一年中通して、収穫できる果物なんですね。しっかりと管理人のお住まいの周囲にはたわわに実り、パパイヤまで育っていました。

約2時間ぐらい清掃やありがたく作物の収穫(時期相応のバナナとレモングラスとニーム)をさせていただいて帰途につきました。
実習ファームのレモングラスはパワフルです
さつまいもも育てられていました
管理人さんもお元気でそうでした。
日本では初秋を感じる今日この頃だそうですが、
こちらは夏、真っ盛り!!です。

足はばっちし、サンダル焼けです。
ということは、顔もなんだろうな・・・
考えまい。考えまい。

収穫できたニームの葉。
嬉しいですねー。
NPO CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの今年の会報によると、2009年に植樹された時には、ひょろひょろの木で、成長も遅かったそうです。
成木になるには7年と言われるそうですが、すでにこんなにも生い茂ってます。
ニームの木。立派です!



ニーム葉を収穫



ニームは東南アジアに自生する薬木として有名で、たくさんの薬効があり「奇跡の木」と

呼ばれています。主に、種から搾取されるオイルに駆虫効果があり、農薬要らずで
人を害することなく安全に植物を育てることができるとして有名です。その他、抗菌効果作用より石鹸、シャンプー、歯磨き粉などの製品に加工されています。
また、美容効果もうたわれていて、とても苦いのですがお茶としても飲用されています。

今回のニームはいかが致しましょうかね~?乾燥して入浴剤がいいかな?レモングラスと混ぜて使っていただこうかな?
これから、いろいろと活用できそうで楽しみです。このみんなでサポートしてきたカンボジアの実習ファームで育ったニーム。その種からオイルが搾取できる日も待ち遠しいですね。
洗い加工済。次は何にいたしましょう

ラッキーにもニーム製品に日本で見つけられた時は、カンボジアの実習ファームを思い出してくださいね。

そうですね~(件の採れたてのニームは)
せっかくですから、
今回は、DACCに来館していただいた時に使っていただく枕カバーを染色させていただこうかなと計画中です。

できるかな?!


<バナナレポート 2012.9.26>

オラさんのバナナはレモングラスと一緒に育っていましたよ。
Bさんのバナナは縦に伸び、スリムになっていました。
Tさんのバナナはお花畑の中にあるようでした。
私のバナナでございます
悲しいかな。名前の消えたプレートが二つ。松永さんとKABA子さんのだ!!
「ご自分で確認してくださいってことね」お二人とも楽しみにして帰ってきてくださいねー^^

<Reported by TOMIKO>

2012年9月24日月曜日

9月23日(日)DACC発 第1回日本語教室開催!<大久保>

さぁ 朝から気持ちよいぐらいの快晴☆
今日は「やるぞーっ」と思って、早々に開催場所の清掃に行ったら、なんと場所を提供してくださる大家さん(サモールさん)に仕事が入り、時間変更。
「え~~~~!!うそでしょーーーー!!」
昨日もあれだけ打ち合わせしたじゃん!!
と思っても仕方がありません。今回は先日プノンペンよりカンボジアNGO Hope Of Cambodia(HOC)の代表者が来て、説明を受けているカンボジア人サモールさんにしっかりと地域の方々に説明をしていただかねばなりません。

午後からは「確実にね!絶対よ!」とお願いして、
ご近所に時間変更を行って回りました。時間どおりにノートとペンを持って集まってくださった1家族がいらっしゃって、変更の旨を伝えました。午後からも来てくださったので一安心でした。

そうして、13時から定刻どおりに開始。
開催場所はガレージからサモールさん宅のお部屋を貸していただくこととなりました。
PCの画像を通して、HOCや我々の活動紹介、自己紹介をし、その後にサモールさんにもクメール語で説明をしていただきました。
今回お集まりいただいたのは、大人5名子供7名。子供は5歳から12才までで、3家族と集合住宅地から1名の子供が単独参加でした。その子供達の様子から理解できていない素振りを見て、サモールさんがしっかりと話ししてくださっているのだと感じました。
伝えるべきを説明
ご自身でも慈善活動を続けられているサモールさん。真剣に話してくださいました。

私の昨日果たそうと思っていた目的や大事なところはクメール文を作成し、壁にぺたぺたと貼り、
何度も何度も話ししました。

そして、私達のできることとできないことを話し、ルールを説明した後、参加者全員の意思確認をして、始めました。

初回は、実際の人数も何名来られるか、わからなかったので、
書き取り学習はせずに、その場で覚えて帰ってもらうように、あいさつ語やその後の奉仕活動の言葉を20語ぐらいを繰り返し、復唱してもらう授業をしました。人数が確定してから、名簿をつくり、ノートと鉛筆をお渡しする予定でしたが、参加者の皆さんは自分でノートとペンを持参して、筆記されていました。(集合住宅地の男の子を除く)

はい!大きな声で!!
二人組みになってロールプレーニング
5歳の女の子も集中力がありました

全体授業風景

集合住宅地から男の子。最後までがんばれ!
大人も真剣
誰を見ての表情?!

授業風景2

大人もしっかりと発音練習
一人ひとりに伝わりますように
いいですよ~ その調子!
わかりますか?
えっ わからない?!
授業が終了し、約束どおりの奉仕活動です。
今回は清掃活動とし、集合住宅地のごみ集積所がとても汚かったので、そこを清掃することとしました。

しかし、清掃道具が今回はDACCのほうき2本とちりとり1つだったためか、立ち尽くす時間が長く、子供達も清掃せず、これはどうしたものか・・・授業継続は難しいぞと思いました。
授業料をいただくかわりに、全員で奉仕活動をする というのが1番のルールだからです。

けれど、場所が変わると、草を取ったり、ごみを拾い集め、よっぽど汚かったので、何もできなかったのかなと思いました。

ごみ置き場も美しく
ごみはごみ袋へ
みんなで協力して

DACCの周りをきれいにしてくださっています
そうして、皆で清掃すること約1時間。長い!
途中で、帰宅する家族も出てきたり、小さい子供達にとっては集中力もきれ、奉仕活動を別に設ける必要性(くつを揃える。洗濯ものをきれいにたたむなど)、また雨天時の奉仕活動の思案も含めて次への課題もわかりました。
最後は集まって次の連絡をして解散しました。おつかれさまでした!

終了時間10分前に集合し、挨拶と次回の連絡をして解散しました。
大人達は引き続き、休むことなく道路の補修を続けられ、すると、隣家の家人やご近所さんも表に現れ出し、自分の家の周りの、木を伐採しだしたり、枯葉を集めたり、清掃を始められました。
早々に波及効果か!!
これは継続することにより、地元の方々の意識向上に役立てることができると思いました。

勉強後も引き続き清掃活動に励まれていました
ご近所の方も登場です
 次回の授業はすでに大人が3名欠席ですが、
場所はガレージに戻り、丁寧に学習していきたいと思います。

休憩なしの3時間。
体力が必要です。
来週も励みます。

ありがとうございました!

<Reported by TOMIKO>

2012年9月23日日曜日

9月22日(土)明日に備えて<大久保>

カンボジアNGO Hope of Cambodia(HOC)と日本のNPO CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンが協働で設立された拠点 ダイレクトアクションセンター(DACC)も半年が経過し、地元の人達の生活と社会貢献意識の向上を目的として、奉仕活動を取り入れた日本語教室の実施を開始します。

明日はその日本語教室第1回目にあたります。
今日はその準備を1日中行わせていただきました。

しっかりと目的を伝えて、授業料をいただかないかわりに
共に奉仕活動を行い、心の豊かさを育むことを目指します。
明日の奉仕活動は通りのゴミ拾いを予定しています。

まずは伝える内容をクメール語に訳すところから開始しました。
必死で、ガイドブックの巻末の付録辞書から単語を拾い集め、文を作成。

今回、目的に沿って、私達のできることと、できないことを伝えるべく、
ルールがあります。
あらかじめ、HOCの代表者にクメール語で書き記していただいておりました。
内容は
・授業終了後は全員で奉仕活動をする
・物を大切にする
・時間を守る
・約束を守る

です。

そのクメール語文を理解しようとすることに数時間集中。
途中で、私はこんなにここに時間をさかなくてもよかったのではないかと気づき、
(クメール語で書かれているのだから、さらに通訳できる方もいらっしゃるのだから)
センター付近に住まわれる方々へのご案内文に力を注ぐことにしました。
気づくのが遅すぎです。はぁ。。。

そうして、気持ち新たに、事前にHOCの代表者から説明を受けられ、今回地元のカンボジア人との間に入って通訳をしてくださり、また開催場所(ガレージ)の提供者でもある大家さんのお宅を訪ね、明日の進行状況を確認しました。

その後に、センター付近にお住まいの方々を訪ねました。
ご案内をするものの、クメール語はできない。英語はできない。
「本当に伝わっているのか?どうやって、伝わるの???」と自分でも思うほどですが、
みんな、「チャー チャー」と日本語で言えば「はい。はい。」と言って
聞いてくださいました。

わからないことがあれば、適当に話しを聞き流してしまう私は
帰ってきてから、どよーんと億劫になっていました。

「肝心なところをお話し、できていないのではないか」と。。。

けれど、センターに戻るとDACCのメンバーが
「とみこさん だいじょうぶです」と何を根拠に大丈夫なのかわかりませんが、
ニコニコと笑って励ましてくださり、ありがたく思いました。

だから、明日は
「心のつながり」を大切にしていることと、
「生活を豊かにするため、人の役に立つために
一緒に日本語勉強して、みんなのために働きましょう!!」
とそれだけ言えたらよしとして帰ってこようと思います。

混乱だけは招かないように
落ち着いて行ってきます。

笑顔笑顔!!
どうぞよろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>

2012年9月20日木曜日

9月19日(水)作務衣製作<大久保>

DACCにて縫製プロジェクトメンバーの仲間入りをされたミャンモンさん。
来館されて約1週間。カンボジア入国の大変さに始まり、プノンペンへ移動して王宮を訪ねるなど思ってもみなかったことばかりだそうです。

けれど、自国でも心優しいお母さん。
3度のご飯はとても美味しい料理をふるまってくださいます。そして、いつもご飯のことを気にかけてくださいます。料理を作るのに疎い私は本当にありがたいです。ありがとうございます。

さて、今日は縫製プロジェクトの方々は作務衣作りに励まれていました。
ミャンモンさんは手先が器用で、これまでもいろんなアイテムを手がけられてきたそうです。
家事をしながらの仕事。1日数時間しか携われなかったそうですが、これからは集中して仕事ができる環境に自ら踏み出されました。

それにしても大きいサイズの作務衣。
なかなか難しいようで、外は1日降る雨の中、ミャンモンさんの手ほどきに
熱心にみんなで学ばれていました。




人数が増えるとにぎやかで楽しいですね!

 そんな中、私は今日はほぼ1日中、22日に開かれる福島でのガユーナ・セアロ師の講話会に
出展させていただく、チャリティバザーの準備をしていました。
今日の夜半(0時半)に石川から福島に一人で車で出発する仲間がいます。くれぐれも安全運転で!また、日本のあちこちで活動に精を出しているみんなのことを思って、今日は勤しみました。


<Reported by TOMIKO>

9月18日(木)安堵感<大久保>


昨日、昼頃にプノンペンを出発し、18時頃にDACCに戻りました。
ずっと雨だったようで、センターの部屋内に入った途端、ムッとするような蒸し暑さを感じましたが、
「家に帰ってきた~」という安堵感がありました。
不思議なものですね。
たった2泊3日でしたが、小旅行のようでした。
帰ってきてすぐさま、荷物をほどき、片付けをしました。

みんな本当によく働きます



出発前に門の前が雨で陥没したところ。
大家さんがきれいに修繕してくださっていました。
私の処置では子供だましだったようです・・・

いつも気にかけてくださって本当にありがたいなと思いました。

<Reported by TOMIKO>

2012年9月17日月曜日

9月17日(月)カンボジア国王訪問参列<大久保>

NGO Hope of Cambodiaからカンボジア国王へお米(3トン)を寄贈される機会に、ミャンマー縫製プロジェクトの皆さんだけでなく、DACCで駐在している日本人として、ありがたく参列させていただく機会に恵まれました。国王ご自身も即位後、地道に農村部や貧困層、お年寄りを訪問して
米などの配布をされているそうです。

いざ、まずはシェムリアップからプノンペンに移動です。
当日は、朝から縫製プロジェクトの皆さんはプリンセスご用達の美容院へと向かわれ、メイクはもちろん、足の爪から頭の先まで、全身美しく磨かれ、華やいだ装いに大変身!ちょっと恥ずかしがりながらも嬉しそうなのが伝わってきました。昨日は眠れなかったそうです。

さて、一同揃って、王宮へ。
宮殿内はセキュリティチェックが厳しく、カメラ持参も不可。何人物のガードマンがついており、飛行機に乗る時と同ようなチェックも受けました。宮殿内は美しく庭園も整えられていましたが、どこに行ってもガードマンのチェックが必要で、自由のなさが想像がつき、こんなところに毎日暮らすのは本当に大変だろうなぁと思いました。

チェック後しばらくの時間、門前で待つことになり、ようやく、白バイ先導で動き出したかと思うとその後はあっけなく、宮殿の建物の階段を上った先に、国王が立ってお待ちになられていました。

国王は一人ずつ時間をとって丁重に恭しく挨拶をしてくださり、ドネーションの品々を目の前に
感謝の気持ちを表してか、ずっと、手を合掌されていたのが、印象的でした。

その後、HOCの代表者でもある、プリンセスや亜弥迦さんと会談され、再び一人ずつご挨拶をして宮殿を後にしました。

プリンセスが長く、国王にお話をされていました。(クメール語だったので、内容はわかりませんでした。)そのときも国王はずっと合掌をくずさず、真摯な態度でお話を聞かれていました。
そして、最後に「カンボジアの人達のためにご尽力をどうもありがとうございます」と何度も何度も述べられていました。

私はカンボジアの悲しい出来事は話し伝えでしか知りません。、わが身を振り返ると、
「あれを忘れた。これを気づかずにいた。」などと自分のことばかり。活動の中身は小さい自分のことばっかり。。。
きっと、プリンセスは「カンボジアの人々のために」という内容のことをお話され、ご自身の体験や活動についてお話されていたのだと思うと、複雑な思いにかられていました。

私には高尚なこと、何一つない。。。

けれど、歯ブラシ1本から集めることと、今ここで王室に向かわせていただくことも、なんら変わりないように思いました。

自分がやっていることが、わからなくて、(自分のためにと思いつつも)「人々のために 平和のために」なんて大きなことは到底思っていないけれど、それでも、目の前のことを一所懸命している私達はとても尊いことをしていると思いました。

そして、結局は逆説的ですが、「人々のために 平和のために」というところに辿りつくにはこの目の前の小さなことに必死。自分に必死で今はいいのかなとも思いました。

帰宅後、私達の訪問は国内放送に流れていると知りました。
その映像を見ながら、亜弥迦さんから、このめったにない機会だったことについてのお話をいただきました。人への思いやりのなさ、考えの浅さ、余裕のなさを知るばかりです。

貴重な機会をありがとうございました。
この経験をどこかで活かせたらと思います。

<Reported by TOMIKO>

2012年9月13日木曜日

9月13日 22時3分<大久保>


『22時3分』これは何の時間だと思いますか?
正解は停電開始時間です。このところ毎日のように、この時間になると停電します。

雨季が到来しているからでしょうか。

それでも、数日は停電しないことを想定に、
停電したら、対処していました。しかし、今では22時ごろになれば、PCを落としたり、メンバーで声をかけあって対処しています。といっても、日本人以外はどうってことない様子なんだと思います。私達もずいぶんと慣れてきました。

カンボジアに来たら、思いがけないところで、
自分達でしないといけないことは多いのですが、冷蔵庫裏の冷却水の受け容器。(蒸発皿というんですね。初めて知りました。)日本ではめったに見たことも触ったこともないものでした。
この入れ物に水がたまります。
その蒸発皿にやっかいなことに停電すると水がたまってしまうのです。
食料品が心配なのはもちろんですが、冷凍庫内の霜が解け、蒸発皿に水がたまってしまいます。
前にも、何か冷蔵庫の辺りから、異臭がすると思ったら、この蒸発皿に水がたまり、腐ってい
たのでした。キャー大変!!

今回は、異臭はしなかったものの、ちょうど家具を移動していた時に気づき、確認したら、
案の定、たくさんの水がたまっていました。
蒸発皿はビスで固定されており、日本ではこんなところ触らないよなぁとしみじみ思いました。

一方、今日は亜弥迦さんと勝さんが一日中、ミシンの修理です。
ミシンの台ごとを裏に返し、直されています。



なんでも、自分でする。してしまうんだ!!してしまうんです。


<Reported by TOMIKO>

9月12日(水)ダイレクトアクションセンター(DACC)から始まるこれからの計画<大久保>


ダイレクトアクションセンター(DACC)が設立されてから、半年が経過しました。
地元の人びとと何か共に奉仕活動をできないかと考えていた矢先、シェムリアップの政府から地元に対して還元する活動の要請がありました。カンボジアでは政府が認可しているNGOであっても、多額の寄付だけを集め、実際は活動を行っていない団体が多いそうです。

ダイレクトアクションセンターはカンボジアNGO Hope of Cambodia(HOC) とNPO CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの協働で設立され、そこに、私達NPO グローバルハートスペースも常駐し、センターの管理と運営に携わらせていただいています。

そうして、先日現地NGO Hope of Cambodiaの代表であるプリンセスがプノンペンよりDACCに来館し、今後の活動計画について話し合いが持たれました。

そこで挙がった計画案は
地元の人びと対象の日本語教室開催、チャリティマーケット事業、ハートワーク事業(心を込めて、手をかけて行う社会奉仕)についてです。

これらすべてに共通するのが、心を豊かにする、平和につながる奉仕活動であるということです。

例えば、日本語教室では、授業料をいただかないかわりに、町内の道路掃除や整備を行ったり、子供であれば、手を洗って靴をそろえる。洗濯物をきれいにたたむなど。を共に行うこととし、地域の方々と共に奉仕の心を育もうとしています。

チャリティマーケットではこれまでの地元住民に対して生活援助のためという目的に留まらず、
政府からの人道支援要請に応える支援活動、並びに地元のカンボジア人協力者と協働で実施する物資配布活動についても計画が立てられました。ハートワーク事業に関しても、他の活動の中で意欲や状況をみて、人との関わりを深めながら進めていこうとしています。

話し合いの中では
「生活向上、人や社会とのつながりの大切さを伝え、貧しいから人に役立つことができないのではなく、どんな生活状況でも人助けはでき、地域に役立つ人間になれることを体感できる機会を目指す」とのお話があり、改めて意識すると共に、そこを共に育くませていただこうと思いました。

私達にできることと、できないことのルールははっきりと伝え、これから始まる、地元の人びととの関わりを、心の喜びを、育てていたけたらと思います。

今後の私達の歩みをどうぞご協力ご支援、よろしくお願いします。
計画を実施するに辺り、HOC代表者から地元の方へ説明が行われました。



これは夕刻時の報告会の様子です

<Reported by TOMIKO>

2012年9月12日水曜日

9/9(日) KABA子さん帰国<大久保>

KABA子さんはこれから始まる、日本での平和学習会やチャリティ展示会に参加されるため、深夜便にて帰国されました。出発ぎりぎりまで、連絡調整をされ、自分のことは後回し。
最後は笑顔でタクシーに乗り込まれました。

縫製プロジェクトの方からの「KABA子さん たくさーん よろしくお願いします!!(たくさーん ご紹介してくださいねという意味ですね)」というエールと共にお見送りしました。
『行ってらっしゃいませ~^^/』

 

今回日本に登場する作品は新作ぞろい!!ミャンマー縫製プロジェクトのぬくもりを感じる手作りの作品や繊細に手織りされたカンボジアシルクショールなど、手にとってもらいたいものばかりです。


是非、足を運んでくださいね!!

ここに来たらKABA子さんに会えますよ~♪
全国縦断です。


 ↓↓↓
◆GHS主催 チャリティバザー

日時:9月11日~12日 10:30~16:30
場所:Self Healing space 『Lei』
府中市紅葉丘3-35-4
問合わせ:090-5702-8420(森田)


◆NPO Shien Tokyo 国際協力チャリティイベント特別企画
ガユーナ・セアロ講話会 テーマ「夢をつむぐ」

日時:9月19日(水)
17:30~ アジアの衣類・雑貨のチャリティバザー
18:30~ ガユーナ・セアロ師 講話とQ&A/瞑想
20:30   終了予定
場所:早稲田奉仕園 スコットホール
(東京都新宿区西早稲田2丁目31 )
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html
協力金:事前予約4,000円(当日4,500円)
詳細案内:http://shientokyo.org/event/cealoevent2012/
問合わせ:090-3086-7347(竹下)/090-5702-8420(森田)
E-mail:renraku@shientokyo.org


◆GHS主催 ガユーナ・セアロ講話会
 テーマ「新たな一歩 つながりを深めて…」

日時:9月22日(土)開場14:00~開演15:00~
場所:街なか夢工房2階(福島市本町5-31)

参加費:500円~
お申込み・お問合せ:Tel&Fax:076-246-2086(グローバルハートスペース)
  090-8370-6338(片山)
  Email:uketuke@global-hs.org


◆GHS主催 カンボジア・心のつながり交流会&
チャリティーバザー展示会 in 熊本

日時:10月6日(土)15:00~17:00
場所:熊本市内中心部
(連絡先窓口までお問い合わせください)
参加費:無料
連絡先窓口:090-7506-4557(横田)/090-1089-2635(君島)
  Email:uketuke@global-hs.org   
詳細案内:http://global-hs.org/heiwagakusyu/kouwa/2012kumamoto/index.html

   
<Reported by TOMIKO>

9/9(日)ネームプレートができました!!<大久保>

ダイレクトアクションセンター(DACC)のネームプレートができました!!
このセンターはカンボジアのNGO Hope of Cambodiaと日本のNPO CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンとの協働で設立されました。

DACCが設立されてから、半年が経過。
地元の人たちも、この建物がなんなのか、わかっているのか、わからないのか・・。
それもわかりません。。。
バイクタクシーを呼ぶにも、名前を言っても理解してもらえず困ったことも多かったです。
しかし、これで、地元の方にもセンターの名前がわかるようになるでしょう。

ただ、ダイレクトアクションセンターの文字がない・・・ことに後で気づきました。
追加でつけようかと案が出ています。
道路の曲がり角に

C館前

A館前

















そして、私にもじゃじゃーん 名刺ができました!!嬉しい~☆これまでの出会いに感謝して、これからの出会いをとても楽しみにしています。どなたにお渡しできるのでしょう♪大切にします!

ありがとうございます。

<Reported by TOMIKO>