2013年12月31日火曜日

12月31日私たちの大晦日は・・・<大久保>

12月20日から26日まで参加させていただいたミャンマー奉仕の旅から30日にカンボジアに戻ってまいりました。
ガユーナ。・セアロ師、亜弥迦さんが長年支援を継続されてきた孤児院を2か所訪問する機会に恵まれました。迎えてくれる子供たちのとびっきりの明るい笑顔に、また参加者の皆さんの温かいお心に、それまで準備してくださった日本の皆様のお心に、じわーと幸せが湧き上がってくるような旅でした。
関わってくださった皆様ありがとうございました。そして、不在中のDACCを守ってくださった縫製プロジェクトの皆さん ありがとうございました。

そうして、今日は31日。大晦日。
今年が終わる日。月1度の訪問のバンテイアスレイにある実習ファームへKABA子さんと、松永さんと繰り出しました。
次女の娘さんが学校から帰ってきていました。

タロイモも成長中

マンゴーの花が咲いています。

バナナを剪定する松永さん

枯葉を収集するKABA子さん

一同揃って、今年もありがとうございます!
帰ってきたら、セダナJAPAN、C館、A館の清掃。

DACCにと日本から大事にお持ちくださったお正月のお飾り!
なんとか、暗くなるまでにすべての館のお飾りを取り付け終了致しました。

今年もこれで、終わります。
KABA子さんがトュクトュクの中で笑われます。「笑えるよね~。このメンバー(KABA子さん、松永さん、私)。何回一緒に年末年始過ごすのかな~」
本当に、笑えます。ご縁があるんですね~

そして、このブログを見てくださる皆様ともご縁が!!
今年もDACCを応援してくださいまして、ありがとうございました!!元気をたくさんわけていただきました。

今年もそうであったように、来年も予測不可能?!な日々になりそうで・・・

来年もどうぞよろしくお願いします。そして、どうぞ、お越しになられていない方は、一度カンボジアに来てください!!リピーターさまも大歓迎!!です。

来年も皆様にとっても心豊かに、充実した日々でありますように♪

ありがとうございました。よいお年を☆

<Repoted by TOMIKO>



2013年12月12日木曜日

12月11日(水)ありがとう!<大久保>

12月半ばからガユーナセアロ師と共に「ミャンマー奉仕の旅」に参加させていただきます。セアロ師が長年支援を継続されてきた孤児院を訪ね、日本からの心のこもった支援物資をお届けさせていただく機会に同行させていただきます。そのため、セダナJAPANはまたもや、一時閉店です。閉店すると、お客様はなかなか寄りついてくれません?! この数日、お客様が来ないです。。。

だけど、いつもはあんまり、ゆっくり見ない子供たちが、「いつまでも見ていいのだ」と、少ない商品なのに、1時間ぐらいはお店にいて、買い物を楽しんで帰ってくれました。

テーブルひとつをみんなで囲んで、お買いもの楽しみ中。

そして、あまりにお客様が来ないので、清掃していると、子供たちも手伝ってくれます。



いつもの子供は心得ていて、サンダルを揃えています。

さらに、「テーブルを外に出して売ろう!」と言ってくれ、感謝祭であやかった「メガフォン」を取り出して、二人で声掛けを始めてくれました。
ちょっと恥ずかしそうに・・・



「いらっしゃいませ~」
実はちょっと照れながら・・・

新しいガードマンさん。片付けを手伝い、荷物を持ってくれようとします。優しい!


閉店間近になって、やっと、お客様が来てくれました。でも、明日からはプノンペンに出張。。。
全然人は来てくれないし、弱気になっている私を今日はカンボジアのみなさんが励ましてくれたように思いました。しばらくの間、またお店を閉めますが、来春はたくさん商品を出しますので、来てくださいね!と伝えて、終了しました。

ごめんなさい!ありがとうございます。
また、よろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>


2013年12月11日水曜日

12月10日(火)大空高く<大久保>


セダナJAPANの横道で、男の子たちが集まっています。「何やっているの?」と声をかけたら、
空を指さして・・・


見上げたら、カイトが二つ。
遠い遠い青空に舞っていました。


始めは全然見えないぐらい小さくて、「えっ どこどこ?見えないよ!」やっと建物の近くになって、レンズに収めることができました。日本の子供と同じ遊び。でも、日本の子供はもうしなくなったかな?凧揚げやカイト。


束の間、大きな広い空を感じさせてくれました。ありがとう!

<Reported by TOMIKO>

2013年12月10日火曜日

12月9日(月)大きくなった?!<大久保>

昨日のお約束通り、午後の数時間だけ開店しました。

心なしか、みんな少し大きくなったような~








1か月ぶりに大家さんはじめご近所の方に会うと、私はどうやら、白くなり、そして太ったようで、あちこち腕やからだをペタペタ触られながら、歓迎を受けました。

んー。(苦笑)

こちらの方々は(特に年配の方々は)太っている方が綺麗とされる傾向があります。

んー。(苦笑)

今回は日本から集めてくださった募集品のほとんどを重量の関係で、持ち帰ることができませんでした。

だけど、開店するとなると新しいものがあるはず!って思うよね~

いつもの常連さんが駆けつけてくださいましたが、残念。ご要望に添えることができなかったようで・・・

すみません。
1月オープンの時にはこぞって新しいものを出しますから!

ソーラーの灯り 作動OK!不在中もきっと活躍していたことでしょう。ありがとう!

カンボジアに戻ってくると辺りが暗い。部屋が暗い。照明をつけても暗く感じます。こんなに暗かったけ?と思うほど。
だけど、今日は屋内から出てみると、美しい夕焼け空が広がっていました。


<Reported by TOMIKO>

2013年12月8日日曜日

12月8日(日)久しぶりのセダナJAPAN<大久保>

6日の夜に縫製プロジェクトのまるこさん、ミャンモンさん、KABA子さんと4人DACCに戻って参りました。縫製プロジェクトのお二人といつも同行させていただいていたので、
至るところで、歓迎を受けました。寒いだろうからと衣類を提供してくださり、
温かい衣類はカンボジアではその後不要だろうと、帰る前に送ってくださいと送り状までつけてくたさる心配りに胸が熱くなりました。
皆様ありがとうございました!

さて、私たちの不在中、DACCを守ってくださっていた、
優しい松永さんが帰りを待っていてくださいました。日本に帰ることができたのは、松永さんや
ミャンマーから駆けつけてくださった方のおかげです。

日本から来るとカンボジアは暗い。
声はするけれど、顔が全然見えなくて・・・
電気の下でお会いすると、
それは顔色のよい松永さんがいらっしゃいました。

3階の御仏間の窓枠が修理されていたり、
床がきれいだったりするのを見て、
清掃にも励んでくださったのだなぁと思うと
本当にありがたく感じました。

そして、困ることは何もなかったと聞き安心しました。

その松永さんは次の日の早朝、ビザの関係でタイに向かわれました。
束の間、また離れ離れです。

空港からDACCに帰るとき、車のドライバーさんが
「カンボジアは今は寒い」と言いました。
日本から来た私たちはあははと笑って「寒いね」と受け答えしましたが、
確かに、早朝は冷えています。
そして、完全に乾季に入ったそうです。

カンボジアに戻っても、活動はいつもと同じ。
A館の清掃の傍ら、
これからの予定について、KABA子さんと打ち合わせをしていると、
はい。A館の水がでません。
モーターがおかしい?!来た来た。。。

そして、今日はセダナJAPANへ。
1か月休んだのですから、想像はしていましたけれど、土埃と虫の死骸と蜘蛛の巣だらけ。


「蜘蛛よ。はびこりすぎです!」
動物と話すことができたというモース博士を思い出しました。

帰国前日まで営業して、みんなで慌てて片付けた後を見て、
よく帰国できたなぁと思い返したり、

カンボジアに早く慣れろ!ということかなと
思いつつ。。。

年末掃除。年末掃除。

いろんなことを思う清掃でした。

今日は、皆さん不在のようで、隣の家の方にだけ挨拶をして帰ってきました。

12月も間もなく、ミャンマーへ出張。
ほとんど営業はできませんが、明日は数時間だけでも開店する予定です。

帰り際、いつもの女の子がお店に来てくれました。

たった1か月なのに、すこし言葉が増えて大人びたような・・・

明日ヌンパンを楽しみにしてくれているようです!


<Reported by TOMIKO>

2013年11月22日金曜日

11月20日(水)オーダー&コーディネート会 in 府中<船津>

福山~石川と続いた後は、東京府中に場所を移して、引き続きロンジーセミオーダー会を開催させて頂きました。
Leiさんの白いステキな空間に、アジアの鮮やかな生地の色が際立ちます♪

会場をご提供いただきましたのは、日頃より縫製プロジェクトの作品をご紹介いただいている「セルフヒーリングスペースLei」さん。

それから、今回は特別に、CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの感謝祭当日の衣装のコーディネート会とあって、東京を拠点としてカンボジアシルクの支援活動をされているNPO法人Shien Tokyoさんとのコラボ企画でした。

Shien Tokyoさんは、私たちGHSと同じカンボジア手織りシルクの村の支援活動を長年継続して行っておられ、カンボジアDACCにも毎年足を運んで下さっています。

ロンジーとシルクのコラボにうっとり~♪おっしゃれ~
縫製プロジェクトの活動でも、スリランカ研修では縫製技術の指導を行われ、縫製チームのまるこさんは、Shien Tokyoの千絵さん、美江さんを先生と呼ばれ再会を楽しみされていました。

府中では、ウィークリーマンションを製作の場所としてお借りし、ミシン2台とロックミシンを設置して準備してくださっておりました。

ミシンを設置して二人の到着を待っていて下さっていたShien Tokyoの美江先生。

到着前から、床が寒くないように、段ボールを貼って準備してくださったり、必要な物品を運び入れたりと皆さんのご協力にて実施できました。ありがとうございます。

19日、20日と2日間続けて行われたオーダー会でしたが、たくさんの方にご来場いただき、20枚ほどのロンジーの実習訓練にご協力頂きました。

ミャンモンさんも日本語でご挨拶
目移りするくらいのたくさんの生地。感謝祭を意識された、ゴージャスなクメール生地が一番人気でした。

まるこさんも、実際に日本人の体を見て作ることはとても勉強になります。日本人の体とミャンマー人の体は違います。とおっしゃっていました。

どんな体型の方にもぴったり合わせて着れるロンジーですが、やはりセミオーダーのロンジーの着心地は断然違います。

早速着用された方々から
「やせて見える(笑)」
「ぴったりしていて、はいていて気持ちいい!!」
などお喜びのお声を頂いてます。

この後も、引き続き、下記の日程で府中のマンションでのオーダーも可能となっています。
11月21日(木)、22日(金) 23日(土)、26日(火)、27日(水)

男性もロンジーとシルクショールで素敵にコーディネート♪

これまでに都合が合わなかった方や、平日は仕事だから無理という方などこの貴重な機会に是非ご参加くださいませ。

詳細は、メールかお電話頂いた方へお伝えさせて頂きます。

【メール】housei@global-hs.org
【電 話】090-7927-2147 KABA子
     090-8845-8849 うり

ぜひ、すてきなロンジー生地をお手にとってご覧くださいませ♪

24日は、埼玉で現在開催されているリトリート会場へおじゃましまーす!!まだまだつづく~~

(reported by KABAKO)

11月16日(土)縫製プロジェクトチームを囲む会 in 石川<船津>

福山の後は、石川ハートスペースに場所を移動してミャンマーの縫製プロジェクトの来日・自立支援事業を応援する企画のロンジーセミオーダー会と縫製プロジェクトチームを囲む会が開催されました。
石川の皆様、あたたかく歓迎してくださいました。
石川には、セアロ師のお寺もあり、これまでにミャンマーやカンボジア、スリランカを訪れ、縫製プロジェクトの活動に深く関わってこられた方たちも多く、縫製チームのお二人も、日本人との再会を楽しみにされていました。

また、ロンジーの愛好家&宣伝隊長の日本人のサポーターのみなさまも、自分に合ったサイズで、好きな生地で作ってもらえるというオーダー会をとても楽しみにしてくださっていました。

初日から、たくさんの方が訪れてくださり、12月1日の感謝祭で着用する衣装を楽しそうにお選び頂きました。
こちらは生地選びの様子♪真剣です。

このたび、縫製プロジェクトのまるこさん、ミャンモンさんが来日され、サイズの合わないブラウスや、ボタンの付け方を修正してくださったことで、なかなかお嫁にいけなかった作品たちも、生まれ変わってお嫁に行き、相互の喜びにつながる機会となりました。

長い年月の積み重ね、彼女たちが努力し続けられ、縫製だけでなく、日本語の技術も向上され、
日本人とのコミュニケーションが取れるようになられた今だからこそ、このような会が開催できるんだなぁとしみじみ思いました。
(右)まるさん&(左)まるこさんコンビ。まるで姉妹^^
まるさんは、まるこさんが日本語を学び始められた当初の日本語の先生。

16日の交流会では、まるこさん、ミャンモンさんからのご挨拶のあとは、ご参加のみなさんから縫製チームへの質問やメッセージの時間。

カンボジアで毎晩、日本語の挨拶の練習をされていました。

ゆっくりとあたたかい笑顔の絶えない時間が流れました。

そして最後は、おいしいミャンマーティーとご参加の方が手作りで届けて下さったおいしいクッキーを皆で頂きました。

日本はどこでも果物と野菜、なんでも美味しいですねーー。(byまるこさん)

スリランカ研修以来の再会♪セミオーダーのロンジーさらに美し~。

(reported by KABAKO)

2013年11月16日土曜日

11月10日(日)縫製プロジェクトを囲む会 in 福山<大久保>

初日は10日福山から。

福山には10年近くに渡って、ミャンマー縫製プロジェクトの応援協力をし続けてきたくまこと(片山くまさん)が管理するくまの園があります。

ミャンマー縫製プロジェクトのまるこさんは4年前に実施された、本気の心で取り組む
日本語学習・技術研修プログラムをスリランカで受けられ、研修では日本語の先生であったくまさんに会えることをとても楽しみにされていらっしゃいました。

カンボジアでもくまさんが書かれるブログもいつもチェック済みでした。



 明日1日の囲む会。その日のための到着したその日の晩から準備です。

料理上手な3名♪
今回の内容にはくまの園で採れた新鮮野菜を使った料理をミャンマー人、日本人ともに作って味わいました。

日本の朝食

大根を収穫!

ミャンモンさんも大興奮!
 くまの園の畑は数種類の野菜が植えられ、新鮮そのもの。
「大根がない。どこにあるの?畑
山芋がない。採ってくるわ。畑。
なすびもあるよー。きゅうりもあるよー」
贅沢です!!

まずは参加者ひとりづつ自己紹介。会のお世話人のオラさんから喜びの挨拶から始まりました。

定刻になっても、どこかへ消えてしまったくまさんも、最後には登場!


スリランカでの研修を共に受けた日本人との再会。
継続した応援活動をしているオージさんと利奈さん。

作務は綿の選別
こどもができていました。


 KABA子さんのご両親は熊本から駆けつけてくださいました。


 どこでも作務。



くまさんの親友 ひろこさん

 昼からは本番のオーダー会。みんな真剣。
それもそのはず、12月1日に開かれるNPO法人CEALOグローバル・ハーモニー・ジャパンの感謝祭に着ていく服を調達できるという嬉しさがあります。


ひと段落ついたところで、ミャンマーティを飲みながら、皆さんがご持参くださったお菓子をほおばりました。


とっても嬉しそう♪
18名の方々がお越しくださり、ロンジー縫製も13件ご協力をいただきました。
たくさんのご協力をありがとうございました。
どの人にあっても、歓迎歓迎!
笑いが絶えない1日でした。

明日は早朝から石川へ出発します。


<Reported by TOMIKO>