2013年6月30日日曜日

6月28日(金)実習ファームへ<船津>



今日は、月に一度の実習ファームの訪問日。縫製チームのミャンモンさんと2人で行ってまいりました。昨晩は夜中まで雨が降っていたので、天気を心配していましたが、朝から晴天。暑すぎるほどの良いお天気に恵まれました。

ファームへ行く途中の湖。この景色を見ると懐かし~い気持ちになるのは
KABAだから?水辺が安心するのでしょうか?
今回は、セダナJAPANにお客さんとして来店下さり、そこでお知り合いになったトゥクトゥクのドライバーさんにファームまで連れて行って頂きました。

昨晩の雨で、想像通りの悪路。しかし、ドライバーさんは大きな水たまりにも果敢にトゥクトゥクごと突進していかれます。(ズボンは上までびしょ濡れ。泥だらけ)

池ではありません。道です(汗)
内心バイクのエンジン大丈夫かなーーとヒヤヒヤしながら・・・(いつもは途中でトゥクトゥクを降りて、徒歩でファームに向かっています)

ドライバーさんに「ここからは降りますよーー」とお伝えしましたが、答えは「ネバーマインド。大丈
夫!!」

結局、揺れまくるトゥクトゥクに必死につかまりながら、道なき道を進み、ようやく無事にファームに到着。

今月の実習ファームは、恵みの雨が毎日降っているので、マンゴーやバナナの緑が生き生きとしていました。雑草もグングン伸びていて、火事になったのはいつだったっけ?と思うほど完全復活。

ファームの穴は、水が溜まり池になっています。

ニームの木もさらに背丈が高く伸びているように感じました。

ニームの木も元気!!
そして、なんとマンゴー畑の根元には、スイカ畑が広がっていました。

雑草に見えるこれ全部スイカです。

美味しそうなスイカがゴロゴロっと

先月、松永さんと登美子さんが訪問の際は、まったくそんな形跡がなかったそうなので、1か月でこんなに大きくなり収穫を迎えているようです。

ファームの家族の皆さんでは食べきれないくらいの大豊作。
近くに売りに行かれたらどうかとご提案させて頂きましたが、周りにはスイカがたくさん並んでいて売り物にならないとの答え。このまま土にかえすのはもったいないので、セダナJAPANでご紹介させて頂くことにしました。


「私たちがセダナJAPANでご紹介します」と管理人さんへお伝えし、早速美味しそうなスイカの選定と収穫開始。皆でトゥクトゥクにのるだけスイカを詰め込みました。

「帰り道の悪路は大丈夫ですか?スイカ重いですよ」とドライバーさんに尋ねても、「ネバーマインド(笑顔)」本当に心強いドライバーさんでした。

ファームでの清掃活動を終え、その足でセダナJAPANでお店を開けて下さっていた登美子さんの元へスイカを届けに行きました。

果物が大・大好きな登美子さんの分もたくさんありますよ~^^
すぐさま氷で冷やして、セダナJAPANでご紹介させて頂きました。

ファームからの帰り道、ほうきとちりとりを買うついでに、スイカの市場価格の調査。
1個500Rでした。この時期のスイカはすごく安いですねーーー。ちょっと前は2000Rだったのですが、管理人さんのお話にも納得です。

ほうきを購入したお店のお母さんにもちゃっかりスイカをおすすめして4つ買って頂きました♪「今、みんなでファームから採ってきたスイカです」とお伝えするととっても喜ばれていました。

スイカ丸ごと1個500R(12.5$)=ジャムラスク 同じ値段!!あなたならどっち?


(reported by KABAKO)

2013年6月29日土曜日

6月28日(金)アウラック<大久保>

大家屋さんのyanさん 4つご購入♪


アウラックとはカンボジア語で「スイカ」のことです。
カンボジアは亜熱帯モンスーン気候。
マンゴー、バナナ、パパイヤ、ランブータンなどの熱帯のフルーツが豊富です。
ドリアンもあります。好きな人はたまらないのかしら^^(私はどうぞ譲ります!)
だけど、1年中食べることができるわけではなく、食べることができるのはバナナぐらいで、他のフルーツにはちゃんと収穫の時期はあるようですね。

だいたい5月末から雨季が始まり、毎日毎日差し入れもあり、切らすこともなかったマンゴーも現在はなく、最近よく目にするのはスイカです。

今日は、月1回のバンテイアスレイにある実習ファームへの訪問日。
ファームでもマンゴーは終わり、変わってスイカがたくさん出来ていたそうです。
(今日はKABA子さんとミャンモンさんが向かわれました)

管理人さんに「市場に売りに出し、少しでも生活の足しにすること」を提案されたそうですが、あまりにもありふれていて、全然取引にならないとのこと。

どうしたものかと考え、それではと、
変わりにセダナJAPANでご紹介させていただくことにしました。

1個500R、冷たく冷やしたものは1個1000R(約25円)で、どうでしょう。

カンボジアでは冷蔵庫は豊かな暮らしをしている人しか持っていません。
多くの家が毎日ブロックや細かく砕いた氷を買って、食材などを保存しています。

冷蔵庫自体購入するのが高いですし、毎日電気代(冷蔵庫だけで)が1ドル必要です。1ヶ月の給料を考えると(平均月収約80ドル~100ドル)、とうてい手の届くようなものではないようですね。

だから、冷えたものはそれだけで、価値がある!はず☆

今日は、豪雨でしたが、明日からははりきって売り出しましょう。

ちなみに、カンボジアではご飯にスイカをのせていただくんですよ~
平皿に白ごはんとスイカと干し魚が定番みたいです。

私達のチャーハンにものせてみる?!


<Reported by TOMIKO>

2013年6月28日金曜日

6月25日(火)セダナJAPAN★開店1か月<船津>

5月25日朝7:30に開店したセダナJAPAN。開店から無事に1か月が過ぎました。ありがとうございます。

子ども達が今日もお花を届けてくれました♪
1か月間の、のべ来店者数1000人。ほとんどが近隣にお住まいのカンボジア人のお客さま。

学校帰りの学生さん、近所の子ども達、お仕事帰りにふらっと立ち寄ってくださる方、連日連呼している「バイチャー」の声に、バイクで引き返して下さったり、あなたたち二人が頑張っているから何か買ってあげたいと近所の主婦の方がお買いものして下さったり…

いろんなものに興味津々♪楽しんでお買いもの^^
子ども達の憩いの場になりつつ♪

それから、セダナの大家さんたちも、しょっちゅうセダナのお客さまの入りを気にして、お買いものにきてくださいます。(大家さんの奥さんもお店をされているので、雨季の時期のお店が大変なことをよくご存じで、いつも励ましてくださってます)

お店のコンセプトが、地元カンボジアの方々に喜んで頂けること!少しは近づいていけてるかな?!どうかな~と思うところです。


また、合わせて6名の日本人の方にもご来店頂きました。DACCのカンボジアでの活動のお話をさせて頂き、たくさんの応援を頂きました。ありがとうございました。

また、セダナのテナントは、今も建設が続いています。大家さんに伺うと、1階・2階とも入居者が全部決まったそうです。

昨日は、新しく入居された韓国人の男性が、サンダルと枕カバーをお求めくださいました。クメール語(カンボジア語)、英語、日本語、韓国語といろんな言葉が行き交うお店になっています。

継続してお店を続けていくことの課題も少しずつ見えてきた部分もありますが、まだまだ始まったばかりで落ち着いていないというのが正直なところです。

ミャンマーの生地もご紹介しています。ご自身でミシンを使われる女性も多いようです。
タナカパウダーは、カンボジア人女性にも人気商品です^^
日本から届けて頂いたアイテム★新商品は喜ばれ、数日で少なくなりました。

雨漏り、断水、虫やら、嵐などなど予期せぬハプニングも多々あり、体力勝負の毎日ですが、DACC滞在者4名、みんなで力を合わせて元気にやっています。

是非、8月のカンボジアリトリート、まだまだお申込み大募集中ですので、この夏セダナJAPANを訪れてください♪

■8月カンボジアリトリート 「自分への奉仕の旅」
http://global-hs.org/cambodia/2013/retreat4/index.html

みなさまのカンボジアへのお越しを、心よりお待ちいたしております。



(reported by KABAKO)



2013年6月24日月曜日

6月23日(日)第3回 第2期日本語授業の日<船津>


今日は、午前8:00~と午後1:00からの2回日本語授業&奉仕活動の実施の日でした。
朝からのあいにくの曇り空。連日、風雨が降ったり止んだりのカンボジア。

大きなサンダルの看板が重石でのせている石ごと吹き飛ばされるような、すさまじい風が連日吹き荒れています。今日はどうか嵐になりませんように…と願いつつ、週一番の体力勝負の1日の始まり。

授業開始時間に様子を見学にいくと、生徒は3名。。(少しずつ遅れてくる子が続き、午前7名の参加)

午前、午後ともに2時間、休みなしのぶっ通しで授業を行い、そのあとは1時間の奉仕活動を実施しています。
小さい子どもも大人も交じって一緒に学習。自己紹介の練習中。

小さな子ども達にも少しハード過ぎる?!大人は奉仕活動の時間が??と思いつつも、中途半端なやさしい日本語教室をしても、自分に子ども達へ伝えるものなんて何にも持ち合わせていません。日本語教師の資格があるわけでもなく、教えるのが上手でもなく、自分の日本語が怪しいとすら言われている実力(汗)

ただ一生懸命やる姿を見て頂くしかありません。大きな声で真剣に、暑くても元気に、肉体使うことしかできないので、そこはめいっぱいやるだけ!

先週は、「お腹がすいた。お腹がすいた」と集中力にかけて、泣きべそをかいていた小学校低学年の子どもたち。いっぱい注意を受けたので、来週からどうかな?と思っていると、時間より早く来て教室の前で待っていたとのこと。。今週はしっかり集中して授業に参加していました。

午後の授業でも遅刻してくる中学生の男の子。理由は、腹痛で病院とのこと。え~~病院行って自転車で日本語授業に来るの?そんなに汗かいてて大丈夫??

第1期から継続して参加の子どもたちも、やる気があったり、ちょっと集中力が切れたり。。毎回毎回違うので、正しいと思うことを、たとえ生徒が0になってもやり続けるしかない。

でも、自分の子どもの頃を思い出したら、この授業に参加している子どもたちは本当に素直だな~と思うことしばしば。。

子ども達と一緒の日本語授業&奉仕活動で、一番の学びや喜びを頂いているのは、やっぱり自分自身だな~と感じています。

明日は、朝からクメール語の授業です。今度は私がもっと勉強しなきゃー(ぎゃ~~1週間早!!)

日本語授業の内容は、グローバルハートスペースの活動レポートブログにアップしています。
こちらも是非ご覧ください♪
■GHS活動レポート
http://ghshumanity.blogspot.com/

(reported by KABAKO)
ゴミ拾いの時間は小さい男の子たちが頑張っていました。
靴をそろえましょう。自転車をならべましょう。反復・反復!!

2013年6月23日日曜日

6月22日(土)急に羨望のまなざし?!<大久保>

今日のお客様は中学生の3人組。学校帰りに立ち寄ってくれました。
いろいろアイテムをご紹介します。

彼女達の希望のものを尋ねると、ハンドクリーム、手袋とのこと。

いまや、カンボジアの人々も若い子たちは特に、体型を気にして、
美しさは痩身であり、美白がよいとされています。

だから、スキンケアには興味津々。
タナカにもくいついていました。

だけど、いかんせん。いろんなことをお伝えしたいのですが、言葉が
足りない。
もどかしい。それは相手にも通じ、なんとなかく、「(私の言っていることが)何をいっているのか、わからない」というような場になりつつあるとき、
突如として、店の前に一人の男性がバイクで到着。

私が何気に彼に挨拶をすると、
彼女達の様子が急変。顔を赤くして興奮した様子で「彼のことを知っているの?」と
尋ねてきました。
なので、平静に「今朝来たんだよ。また来るって言ってたから来てくれたんだね」と話すと
「どうして知っているの?(知合いなの?)」
彼女達の私に対するまなざしが明らかに変わりました。
急に、羨望のまなざし?!

「へー いいなぁ」「彼、格好いいよね!!」

んーそうかな。全然関心がありませんけれど・・・

そして、さっきとは打ってかわって、
私の話しにも一語一句耳を傾けてきました。

あまりにも露骨だったので、
まだ1回した来たことがない彼でしたけれど、
「きっと、これからもお店に来てくれると思うから、
あなた達もここに来たら彼に会えるよ」と言っておきました

あははっv^^v

<Reporeted by TOMIKO>

2013年6月22日土曜日

6月21日(金)セダナ飲食メニュー<船津>



オムライスをとっても気に入って、1日2回も食べてくれた大家さんの息子さん

セダナでどんなメニューを出しているの?なんか飲食が気になるわ!!っと
日本でブログを読んで下さっている方からときどきメールで頂きます。

カンボジア人の方の好みを探り中で、メニュー表もちゃんと出来ていませんが、開店から3週間が経ち、ようやく定番メニューが決まってきました。

定番メニュー:煮卵チャーハン(約75円)
子ども達に人気のから揚げ付チャーハン(約75円)ちなみにお二人は、チャーハンの超常連さま。
自転車でテイクアウトも♪
チキンハンバーグのせチャーハンは1度きりのまぼろしメニュー
オムライスに初挑戦。一番の好感触!週1回の特別メニューでご提供?(一皿75円)


子供たちに人気のマヨパン。最近は、ジャムパンと人気を2分割。(1枚約12.5円)
女の子に人気のジャムパン(1枚約12.5円)定番は、ストベリージャム。
子どもたちの「ストロベリー」の発音がなんともかわいいのです♪

6月25日でセダナJAPAN開店丸1か月です。1か月早いな~。
「バイチャー・モイチャーン・バイポーワン!!!」炒飯一皿3000リエル(約75円)

セダナJAPAN、「JAPAN」ですが、まだまだ日本のお味はご提供できていません。。。が、日本人2人が作っていますから日本料理です。と言いきってます(笑)

是非、みなさんもセダナで料理の腕をふるいにお越しくださいませ♪

(reported by KABAKO)


6月18日(火)日本からのお客さまPart2<船津>

昨日は、関東にお住まいの日本からのお客様がセダナJAPANを訪れてくださいました。以前ダイレクトアクションセンターでリトリートへご参加下さった方からのご紹介で、事前に日本からの物品を集めてご持参下さいました。

日本人のお客様初来店、登美子さん大感激!
ご来店中は、縫製プロジェクト、シルクプロジェクト、道路プロジェクト、日本語授業、日本でのプログラムなどなど…お昼にご来店頂きましたが、気が付くとあたりは暗くなってしまうほど。沢山た~くさん活動紹介のお話を聞いて頂きました。

お土産もいっぱいお求め頂き、カンボジアのバイチャーもしっかり味わって下さいました。ご来店ありがとうございました。是非、またカンボジアにお越しくださいませ♪

それから、その翌日には、なんと・・・またまた日本人女性お二人がセダナJAPANへご来店。2日続けての日本人の方のご来店にテンションが上がりました^^
タイから陸路でカンボジア入りされたというお二人は、日本語ガイドのブッタさんの案内でセダナを訪れてくださいました。
アジアをご旅行中のお二人♪写真がなくて残念ですが、ロンジーもとってもお似合いでした!
右:ブッタさん(日本語ガイド)お隣:トゥクトゥクのドライバーさん。みなさんでシュシュを持ってパチリ。

カンボジア人のブッタさんとは、道路プロジェクトで通訳をして下さったのがご縁で、その後もセダナJAPANでお買い物をして下さったりといつもお世話になっています。ブッタさんのご紹介に感謝!!

翌日には、タイに戻られるタイトなご予定で、カンボジアでのお時間が少ないにも関わらず、お二人とも熱心にお話を聞いて下さいました。それから縫製作品やシルクショール、サンダル等などお土産品もたくさんお求め頂きました。ありがとうございます。

セダナJAPANは、近隣のカンボジア人の方々に喜んで頂けるお店づくりをコンセプトにしていますが、こうやって日本からのお客さまが来て下さり、そこでまたカンボジア人と日本人の交流や活動のご報告をさせて頂けることは本当にありがたかったです。

ご来店ありがとうございました!またのご来店をお待ちいたしております。
さ~素敵な出会いから元気を頂き、明日もがんばります!!

日本の夏にぴったりのミャンマーサンダル揃ってます!

(reported by KABAKO)



2013年6月19日水曜日

6月17日(月)初めての日本からのお客様<大久保>

「日本からお客様が来る!それも自分達で集めた物品を持参してくださる」

「うれしい~~!!」

この日をKABA子さんととても楽しみにして待っていました。

そのお話があったのが、天候も悪く来店者数も少ない時で、売り上げやこの先のことを考えると暗くなるばかりの要素がたくさんでした。

だから、「あ~ ありがたいな~」と思いました。

ご来店くださったのは関東にお住まいの仲良しの素敵なお二方。同じ会社に勤められ、「こんな形で協力できるんですね」とおっしゃってくださいました。
「何かできたらなー」と思われていたそうです。

「はい!(日本から品物を持参してくださることは)非常にありがたい協力です!」

お店でもたくさん、ご購入してくださり、ダイレクトアクションセンターも見学してお帰りになられました。
 
次ぎは「DACCに泊まってくださる」とのこと?!
 
「是非とも お待ち申しております!!」

ご来店を誠にありがとうございました。
久しぶりに日本語で話すことができて、とても心が上向きになりました~^^
KABA子さんもお話に熱が入ります♪

バイチャーを食べる子供達と交流

サンダル試着のため舞台裏へご案内

偶然にも縫製プロジェクトチームのお二人ともばったり!!

<Reported by TOMIKO>


2013年6月18日火曜日

6月16日(日)第2期 日本語教室授業スタート<大久保>

今日から第2期 日本語教室が始まりました。
週に3曜日(日、火、金)と設定しましたが、参加者の希望が日曜日に集中し、
午前クラス
日曜日のみの開催となりました。午前、午後と2回行います。

 午前は8:00から2時間授業。その後1時間の奉仕活動です。同じく午後は13時から15時まで授業。そして16時まで奉仕活動を行います。
午後クラス 担当はKABA子先生
前回と同様、日本語教室を開催するにあたって、カンボジアNGO団体Hope of Cambodiaの活動紹介、目的、主旨を説明し、同意をした方のみ参加できます。

 そうして、蓋をあけてみると、受講者は半分に減りました。説明会の日も1時間 奉仕活動として道の清掃を行いました。
それが大変と思ったかしら?!

確かに、ゴミを拾い、ある程度きれいになったと思っても、
まだ10分しか経過していません。1時間の清掃は長いですね。

一方で、どんなに大変でも、継続して受講を望む子供達もいます。

その人達と共に、一歩ずつ成長していきたいと思います。
学習の様子
奉仕活動 暑いさなかよくがんばりました!!


<Reported by TOMIKO>

2013年6月14日金曜日

6月13日(木)小さなお花の贈り物<大久保>

学校帰りにお花を届けてくれる姉妹
数日前から7歳から10歳ぐらいの女の子たちがお花を届けてくれます。
「オークン チュラウン(ありがとうございます)」と言うと、
どこで見ていたのか、
合掌して「オークン チュラウン」と返してきます。
そのやり取りが楽しいのか、1日に何度も草むらから草花を採っては手渡してくれます。
毎日ありがとう!

テーブル席を彩ってくれます



先日は封書をいただきました。そこには髪飾りと塗り絵の紙が2枚入っていました。
きっと、自分達の大事なものであるでしょうに・・・

今日はシュシュを買ってくれました。
くしゃくしゃのお金で。本当は大きめのシュシュが欲しかったんだけど、お金が足りなくて小さいシュシュとなりました。

お友達と一緒にシュシュを買ってくれました!
ドネーションをお預かりする時も、仕事でお金を頂戴するときも、そのお金の大切さ、思いを感じてきたつもりですが、子供達が持ってくるお金はいつも精一杯の気持ちであるような気がして、
それを受け取っているような気分になります。だから、こちらもできるかぎりの喜んでもらえるものを渡したい。
その気持ちの交換。

子供達に気づかせてもらえることいっぱいです。

<Reported by TOMIKO>

6月12日(水)肝っ玉登美子さん?!<大久保>

今日は豪雨。
土砂降りと表現される雨です。
足早に帰られます

皆さん 店の前の道路を急スピードで駆け抜けて行きます。
余所見もしません。

そりゃーそうよね~ 早く帰りたいよね。。。
こちらのお嬢さんはシャワー気分?!楽しんでらっしゃいました。風邪引くよー!!
夕方になり、あー虫達がやってきた!
だけど、今日は違います。KABA子さんがそーっと手招きします。その方向をみてみたら、
店の軒先でニワトリ達が虫を食べています。
空中に飛んでいる虫を上手に捕まえてムシャッ。

「これはいい!」
静かに様子をみていると、
上手な子と下手な子がいる。
我らがホープ!
あーあ 同じ子ばかり食べて。。。
そして、敏捷性は子供が優れていて、お母さんは全然食べれません。
歳にはかないませんね~

いいぞ~いいぞ~
どんどん食べてください。
お母さんがんばって!!だけど、最終的には糞をいたるところにしてしまい、KABA子さんから「やっぱり、君達出入り禁止」としかれていました。あはは(笑)
そして、我が店にはほかにも虫を食べてくれる小動物が。

ヤモリでしょう。
カエルでしょう。

「どうぞ、お好きなだけ召し上がってください。」

カンボジアに来て、だいぶと爬虫類や虫に強くなりました。

蟻の行列を見ても、「蟻や~」で大丈夫です。
ヤモリもグロテスクですけれど、
もう、驚きません。毎晩のように「キューキュー」鳴いています。

カエル。
これまた、キャラクターやイラストにするから可愛いのであって、
本物はグロテスクですけれど、
道端に標本のようにうつぶせで死んでいたりしますが、暑さもあって、
「あー 」で終わろとする自分がいます。

そうやっていろんなことに慣れていくのだと思います。
肝っ玉母さんにはなれませんでしたが、
肝っ玉登美子さんにはなれるかもと思った次第でした^^。

そして、今日も閉店間近のチャーハンの購入者は大家さん!本当にいつもありがとうございます♪
店が終わって、帰宅したら、台所が床下浸水。。。。
大変な雨量でしたからね。。。
あーこれがカンボジア。。。。
明日 大家さん 呼ばなきゃ!!

<Reported by TOMIKO>