2013年9月30日月曜日

9月29日(日)心を届ける店<大久保>


 朝から近所の主婦の方々がお店にやってきてくれました。
ひととおり見たら、値段交渉。
「いくらですか?」
今は衣類が豊富で、セール中。1枚1ドル(=4000リエル)です。
だいたいカンボジアのお店でもT-シャツは2~3ドルするので高くはありません。特価です。

「下げて。1枚3000リエル」
「2枚で 6000リエル」

「下げて!」というのはこの国の人の間では挨拶みたいなものなので、笑って「できません」といつも答えています。だって、すでにディスカントしてますもの。

だけど、執拗に迫る人も少なくなく、余裕を感じるときはよいのですが、
「値段を下げないなんて、あんた、どういうつもり?!下げなさいよ!なんてひどい人」とすごんでくるのはもう違うと思います。

今日も執拗な人が来店。半値まで要求。
うーん。
明日は棚卸。今はたくさんの在庫があります。
KABA子さんと相談して、今日に限っては半値まではOKとしました。お店に残るよりかは、喜んでいただいた方がよいから。

するとさらに、
1000リエルまで、「カンボジア人だから」と言って値下げを要求。衣類はポイポイ投げるし、キッパリと「それはできません」とお断りしました。

そして、
私たちが高い費用をかけてこれらを持ってきていること。
良品を扱っていること。
ひとつひとつ丁寧に扱っていること。
を言いました。

(衣類を山のように積み上げて、ぐちゃぐちゃに売り出している店とはちゃいますねん。
1枚1枚丁寧に心を込めてたたんでますねん。質もいいでしょう!
こんなお店見たことないわ。
なんて決して言いませんけれど、違いわかってくれますか?)

そして、何も言わず嬉しそうにそのままの値段で買ってくれたその方のお友達に、ディスカントをしない代わりに、おやつをプレゼントしました。とても喜んでくれました。


一方、
子供たちに人気の飴。
小さい袋に6個ずつ入れて売っています。


以前、一人の少女が買ってすぐに飴を口にした次の瞬間、そのパッケージを
ポイっ と平気で道に捨てました。

「えっ?!」
「だめです。ゴミはゴミ箱でしょう。」と
教えました。

すると、その後彼女は飴を買って食べた後は店内のゴミ箱に捨てて帰ります。
今日はゴミ箱の位置を変えたら、「ゴミ箱は?」と尋ねられました。

私たちはフツーのことを伝えたい。
そのフツーって何?と聞かれたら、

ゴミはゴミ箱へ。
物を受け取ったときは「ありがとう」
間違ったことをしたら「ごめんなさい」
ということ。

清潔であることが心地良いと思ってくれる人。
丁寧にものを扱うことが嬉しいと思ってくれる人。
いろんな説明ややりとりをする
アフターフォローやケアがいいなと思ってくれる人。

お店で物を買う上で、値段だけではなくて、そういったことがいいなと思ってくれるカンボジア人が
いてくれたらいいなと思います。

そして、このお店で買うと良い物があるな。
親切な人がいるな。
気持ちがいいな。
と思ってもらえるようなお店作りをしたいです。

私たちは心を届ける活動をしています。

だから、

どうぞ日本の皆様にもお願いです。

募集品は
中古でも構いませんが、良品を!

衣類ではシミや汚れがあるものは相手も不快です。

「あ~良い品をお買いものしてよかったわー。日本の物はいいね!」と思ってもらえるようなものをお願いします。
いくつもの手をかけてやってきた物品を私たちは最後まで丁寧に扱ってカンボジア人に届けたい。
そう思いながらやっています。
手元に残ってしまうのは心が苦しくなります。

そして、買ってくれるカンボジア人に「このお買い物は誰かの役に立っている」と言えるようなお店にしていきたいです。
(これはちょっと目標が高く、現在はお店の運営自体を整える段階ですけれど・・・)


どうぞ、ご協力の際はよろしくお願い申し上げます。

明日の準備をして終了
<Reporeted by TOMIKO>

9月27日(金)大雨の残骸<大久保>

連日の大量の雨で道路は水たまりができています。昨年末から今年の初めに行われた道路補修プロジェクト以外の道はこのように水浸し。立ち並ぶ家は少し低いため、浸水状態。


DACCの前の通り

曲がり角

セダナJAPANの側道側


セダナJAPAN:水漏れがひどく、天井の壁が抜けてしましました。
これ、何かわかりますか?水たまりからワニを捕獲
わざわざ見せにきてくれましたが・・・

<Reported by TOMIKO>



2013年9月27日金曜日

9月26日(木)美化清掃<大久保>

カンボジアの地域のごみ清掃はゴミ処理会社に頼めば、週に2~3回
収集車が来てごみを運んでくれます。もちろん有料。
外国人、センター、会社などは地元のカンボジア人よりも6~10倍の値段を支払います。(まぁ、来て回収していってくれるだけで、ありがたいことなんですけれどね。決まった曜日に来ないのは致し方なかったとしても、全然収集車が来ない時もあり、そん時はめっぽう怒ります。)

専用の緑色のゴミ箱を使用します。重量のあるゴム製です。
底に向かうほど球形になっていて、私は禿茶瓶と呼んでいます。(私だけ)

収集する人は車の荷台にそのゴミ箱全体をポイッと投げて、禿茶瓶の中のごみを取り出します。


なので、放り投げることのできないゴミ箱は収集の人はわざわざ手で取り出しては持っていってくれないのです。そのまま平気で放置。何日も放置。

一方、セダナJAPANのゴミ箱は大家さんがごみ会社と契約されています。
大家さんは鷹揚で、「ごみのお金は支払わなくてもよいし、みんなの共有のゴミ箱を使っていいからね」と言ってくださいます。そして、私たち用に木とトタンで新たにゴミ箱を作ってくれました。
これがなんと、危険な設置型なのです。


私たちは軽食を出しているので、毎日のように生ごみが出ますが、店の横にあるゴミ箱から異臭があがっても嫌だし、犬が荒らすのも嫌なので、作ってくださったセダナJAPANのゴミ箱には入れず、持ち帰っています。今はそのゴミ箱は住人専用となっています。

今日は久しぶりに曇りだったので、気になっていたお店の周りのゴミを拾い、清掃をしました。そして、そのほとんど使わないゴミ箱をのぞくと、

『キャーーーーー!!』

口にするのも嫌ですが、汚物や食べかす、生ごみなどが重なり、あらわになって、
さらに、雨などの水分で、ぐちょぐちょの異臭が漂うおぞましい状態になっていました。

最近はずっと雨が続いていたので、そのゴミ箱のことを気づかずに過ごしていたら・・・・
こんなことに。

あー
見てしまった!!

これは掃除するしかありませんね。ハイ。。。

箒やちりとりを取り出して清掃しました。
ウジ虫が大量・・・
あぁ

あまり人に大きな声で言えることではありませんが、
ウジ虫の存在を知ったのが、
小学6年生の時に見た「火垂る墓」という戦争映画。
そこに虫がたくさんでてきて、気持ち悪くなったのを覚えています。

そして、実物を初めて見たのは!
そう、このカンボジアに来てからです。(だってそんなもの目にすることなんてないもん!普通の暮らしをしていたら!!)
なぜか、カンボジアではゴミ清掃をよくする場面に出くわし、初めて実物を見ました。
衝撃的過ぎる~~!!(絶句。でも、誰にも言いませんでしたけれど、いい歳してますから)

そうこう奮闘しているうちに、水まで流して綺麗にしました。

ゴミ清掃をするたびに、私は中学校3年間ずっと、美化委員だったことを思い出します。
まったく清掃もしなくて、名ばかりだったから、今こうやって清掃をしているのだと思います。
それもその委員に入ったのが、格好いい先輩が美化委員という情報をキャッチし、月に1回は会えるからというなんとも可愛らしい理由だったので^^

終わって、しばらくすると、今日はお店に店舗の住人が、それぞれに顔を出してくれるなーと思ったら、
「そうか、きっとどこかで見てたんだー」と思いました。

綺麗になると、それを保ちたいもの。

帰りにもゴミ箱をのぞき、「良し良し 保ってる!」
と確認して、帰路につきました。


<Reported by TOMIKO>

2013年9月26日木曜日

9月25日(水)順調♪<大久保>

今朝は二度寝してしまい、予定の時刻より30分遅れて、
実習ファームへ出発!
日本の皆さんから沢山頂戴した衣類から、管理人さん一家に似合うものを
選び持参しました。
DACCメンバーのマルコさんも「登美子さん 一人ではあぶない」と
一緒に同行してくれました。(深い意味はないと思います。きっと?!)

今日のドライバーはどんな道でも果敢に進んでくれる強者。
少しの距離でもお願いすると、「仕事をくれてありがたい」と感謝の言葉を述べられます。

アスファルトできれいに塗装された道を選んでくださり、とても早くファームに到着することができました。
道路以外は浸水箇所が多し


水たまりの向こう側がカンボジアの田園です

子供たちはいつだって元気!水たまりで遊んでいました

果敢な運転!
ファームでは、雨期ということもあって、生命力豊かに雑草が伸びに伸びていましたが、雨露に濡れ、光っていて、緑がふんだんにあるように見え、これはこれでよいかもと思ってしまう自分の心に勝手だな~と思いました。
管理人さんご一家

sweet poteto?!

マンゴー木も立派に健在

埋められる穴には水がたまっていましたよ!

植樹したバナナあたりの今は!こんな感じ。


バナナとまるこさん

持参品をとてもよろこばれていました





















嬉しく感じたのは、「sweet poteto」と言われる(きっと「たろいも」)が植えられていました。
また、前回訪問したときは病院通いだった、娘さんも元気に回復していました。

ただ、顔が汚れており、病気の予防策としての手洗いを励行する上でも石鹸を持参すればよかったと思いました。

帰りも必要な買い物を済ませ、予定時刻より早く帰ってくることができました。

昨日、修理に来れなかった修理工は約束の時間にも現れなかったので、
再度お店を訪ね、苦情を言いました。
すると、2時間半遅れで到着したもの、修理は完了。
いいです。完了できたから。次も何かあったら、頼もうと思います。


今日もまた、午後からは大変な豪雨と雷の一日でしたが、
順調という日だったのではないでしょうか。

よかった!!

<Reported by TOMIKO>



2013年9月25日水曜日

9月24日(火)十分ではないかしら・・・<大久保>

セキュリティ強化のため、夕方6時から朝方6時までガードマンに来てもらっています。
22時の晩ごはん。1Lのお水の交換。23時半ごろの施錠。そして、6時の開錠。
それぞれに立ち会っています。彼はクメール語しか話さず、挨拶程度しか言葉は交わしませんが、
お店から帰ってくると、門は開けてくれます。ときどき、家の周りを巡回している様子があります。
これまでの人と比べたら、大きな声で彼女と長電話していたとしてもずっとずっとましなようです。
まだまだ家族のようではありませんが、明らかに、変わったことは、私たちの生活リズムでしょうか。(仕事が増えた??)

今日も6時に目覚め、大事な日本とのミーティングに間に合うように、
KABA子さんと担当分けして買い物。修理の交渉。セダナJAPANの開店。と1日が始まります。

それぞれにエネルギーを十分に発揮して、カンボジア人と接し、話しました。

お皿を持てば、手がすべり、コンクリートの床にいっぺんに割れることがあったり、
大きな荷物を自転車で運べば、ひもが緩んで、路上にまき散らす一歩寸前。慌てて、中央分離帯に荷物を上げたり。「もう、これで、(この数分の間に)誰かが持っていっても、知らんわ」と思いながら。。。でも、買ってきたばかりの卵はセーフ!
鍵は紛失しないように、何度も数を確認。
昨日も、その前の日も連絡しても来ない水屋さん。
今日は20Lのタンクを近くの万屋さんに自分で買いに行って運びました。
一度自転車で倒れたので、すぐ目の前に店は見えていますが、旋回して、「急がば回れ」と10回ぐらい自分に言い聞かせたかな。

このところ、この地域、建築ラッシュのようです。新しい家が続々と建てられています。
そのためか修理工が全然いません。修理して欲しい場所があり、修理してくれるところを訪ねましたが、いつもの人も10日後と言います。
「そんなん、待てない」

後、もう一軒だけ訪ね回ることにし、話していると、始めは相手にしてもらえませんでしたが、
「それは、困るねん」と思いながら、伝えると

後ろから急に
「follow you」と英語が聞こえました。「えー英語が通じる人がいるんやったら始めから出てきてよ」と思いながらも、
「連いてきてくれるんやったら、それはありがたい。ついてきて!」
と二人の作業工にセンターまで来てもらって、見てもらいました。

現場に立ってもらうと、何やら、二人で相談。
そこに大家さんが登場。
「ラッキー!!(そうそう、私ってこういう時、ついているんだよね。交渉してもらおう!)」
大家さんには忙しいからと断り続けられていたので、
「この人たちに、状況を説明してください」とお願いして、内心、この人たちは良い人かどうかも判断してくださいと思いました。

すると、修理工は本日の18時に来てくれるとのこと。
値段も想像していたよりとても安いものでした。
これで一安心と思うも、実際は今日は他の作業が忙しく来れなかったのですけれどね・・・

そして、お店を始めれば、
暴風雨。晴れ間?風雨。くもり?の繰り返しで、ハンガーをとったり、はずしたり、床を拭いては、雨で濡れることの連続。

挙句の果てには、
今日はお客さんが来ない・・・

どーーーっと、疲れて、
大事なミーティングに遅れることを連絡し、
帰路につきました。

帰ってきて、ミーティングは始まっていましたが、
「変わって」という嘆願に
優しく「わかった」とKABA子さんは言ってくれました。

今日の疲れはきっと、ただ、単に食事を逃してしまったからに他ならないのか、こないだ40sに仲間入りしたためかわかりませんが、
ありがたい栄養カプセルを飲み、晩御飯をいただいて、数時間眠ったら回復していました。

明日は実習ファーム!

ぬかるんだ道、水たまりがすごいことになっているんでしょうね~

カンボジアの日々は続く・・・
激しい雨の中、来てくれました!!

施錠して外に目を向けたら・・・ ふーっ 心が和む瞬間

<Repoted by TOMIKO>



2013年9月23日月曜日

9月22日(日)少しずつ改善できますように<大久保>

昨日は久方ぶりの大盛況の喜び!

けれど、その裏には、脱ぎ散らかした衣類の山々。
今日は午後から日本語教室の説明会。
朝からDACCメンバー4人で片付けを行いました。

購入してほしいけれど、この状態は・・・
大人、こども ぐちゃぐちゃ。
上着、ズボン ぐちゃぐちゃ。
サイズぐちゃぐちゃ。
あぁ せっかくひとつひとつ調べてくれたのにな。。。。

「日本だって、バザーだったら、これと同じではない?!」

「でも、私たちって、子供たちに整理整頓を教えているのに、
大人のこの姿を見たら、幻滅するのでは?」

「ハンガーにかける?」

「それがいいけど、ハンガーないしね・・・」

といろいろ検討して、
今日は、少なくともゴザも敷いていない床には、衣類を置かないでも、購入してもらえるように、
机の上に段ボールを設置してみました。


いろいろ見てね♪

開店時間前から、楽しみにしてくれていたかのように、昨日来店してくれた男の子たちが再びやってきてくれました。

今の時間、男の子だけ。女の子もいないし、思う存分楽しんで!

「ズボンを試着してもいい?」と尋ねられ、
もぞもぞしていたので、
「トイレで着てきてもいいよ」と答えると、飛び上がって、トイレに行きます。

なんかとっても嬉しそう^^
いつも、やんちゃな男の子も凛々しく
その場ですぐに買ってくれる子供と、試着だけして買わない子供もいるなと思っていたら、

後で、試着だけした子供は、お父さんを連れてもう一度やって来てくれました。

そうだよね。
友達が新しいものを着ていたら、
欲しくなるよねー。
再びお父さんと来てくれました。本日3回目!
ありがとうございました。

その後も、今日はみんなきれいに見てくれて、
楽しんでくれて一安心。
掘り出し物もありますよ~
50着以上のT-シャツが出ました。
物があるって嬉しいですね^^
上下ご試着♪買ってくれるの?お金を握りしめて!

今日の店の表
ありがとうございます。

一方、13時からの日本語教室の説明会。
前回2期目は午前、午後と2クラスに分けて開始したものの、
午前のクラスは最後の方では出席者がまったくない日もありました。
午後のクラスの参加者は継続を希望する子供たちが多く、
本日の説明会を伝えて終了しました。

私たちは意図や内容を話すこの説明会をとても大切にしていて、
この日に参加できない人は、学習できません。

しかし、今回はご案内期間も少なく、
忘れ去られているのではと懸念するところもありながらの
準備でした。

そうして、教室を開けたところ、
前回、午後のクラスに参加していた中学生の女の子が1名来てくれました。

その他にも日本語学習を希望していた子供たちがいたので、
始まる前にKABA子さんが家を訪ねて誘ってみると、

「今は両親がいないので、お留守番をしないといけないから行けない。
次から行きたい」とのこと。

残念だけど、次からはないよー。次は12月だよー。

カンボジアの子供たちは家のお手伝いをよくするようです。
遅刻のとき、早退のときの理由に、「家のお手伝いがあるから」とよく耳にします。

今期はミャンマーの縫製プロジェクトチームの参加もなし。
他の近所の人たちは声をかけても、かけても反応なし。

説明会は定刻に始まり、KABA子先生と彼女の1対1。
授業をしっかりと受けて、奉仕活動をして帰られました。
和やかに!
今期は1名。週1回(2時間学習、1時間奉仕活動)5回コースの予定です。
KABA子先生と生徒
がんばりましょーね!

そして、次期開催は案内、告知を私たちももうちょっと工夫したいと思います。

<Reported by TOMIKO>


2013年9月22日日曜日

9月21日(土)大・大盛況!!!<船津>

今日も、朝から雨がパラパラと降り続いていたカンボジア。ここ数日は毎日雨模様。

でも、昨年の道路プロジェクトでDACC前の道を補修して頂いたので、おかげさまで店舗までの道はぬかるまずに歩いて行けます。カンボジアでは、雨季はぬかるんで自転車やバイクが通れない道も多い中、本当にありがたさを感じています。

今日は開店直後から、お客様が途切れることなくたくさんの方々にご来店頂きました。

最初のお客さまは、高校生の男女4人組。バイチャーをなんとみんなおかわりオーダー。しかも、おかわりの時はご飯がなくなっていたので、30分待ちまでして食べて帰ってくれました。

調理に30分待ち。完食は5分(笑)
日本のソースとケチャップがとっても美味しかったそうで、チュガンニュ、チュガンニュ(おいしい。おいしい)と言って、あっという間におかわりバイチャーも完食でした!!

その後は、子ども服をお求めのお母さんたちが相次いでご来店。
今回、リトリートご参加のみなさまや助っ人でセダナJAPANの留守番隊をしてくださったみなさまが、たくさんの衣類をカンボジアに届けて下さいました。


整理が追いつかず、なかなか店頭に出せていなかったのですが、このまま眠らせておくのはもったいない。。。と、1ドル均一SALEでご提供させて頂くことにしました。

本当は、青空の下、ござの上でのTシャツSALEをイメージしていましたが、雨が続いているので、店内で広げさせて頂きました。

すっぽんぽんになって試着のくりかえし。うん。どれもかわいかったです♪
通常、USEDの子ども服は汚れや傷みがあるものが日本のフリマなどでもよく見られますが…
「日本人の心を届ける」ということを、募集をして下さった方やご寄附くださる方がしっかり心にとめて集めて下さったのが痛いほどよくわかる美しい良品ばかり。(そこにめっちゃ感動です)


子どものために服を選ばれるお母さんのお顔は真剣そのものです。

Tシャツとデニムを新調♪めっちゃ笑顔でした。

きれいな衣服に、普段はあまり服を持っていない子ども達もうれしくてたまらない様子。なかには、1ドル握りしめてお店に来て自分の洋服を選んでいる子どももいました^^
いつもは500Rのヌンパンですが、今日は特別のようでした!!

し、しか~し・・・
せっかくきれいにサイズ表記や袋に入れて整理していただいたものも、試着を繰り返されるうちにご覧のとおりのありさまに…袋もサイズ表記もバラバラ(汗)

きれいにたたんで帰るところまで少しずつお伝えしていくしかないですね。。。
ま、日本のバーゲンセールの後もこんなもんではないでしょう…と自分で自分を納得させて、新しい整理の仕方や陳列の方法を考えねば。。。DACCやセダナでご奉仕くださった日本人のみなさんのお顔が浮かびました。はい。また頑張ります。

今日は1日で来客数は50名を超え、30枚以上の衣類をカンボジア人のみなさんが喜んでお買い求めくださいました。(うれしい悲鳴^^)

閉店後は、一人皿を洗いながら、ふぅ~嵐のような1日だったと…一瞬、放心状態。マラソンで全力疾走してきたような疲労感と充足感を味わいました。

明日からは、第3期の日本語授業&奉仕活動が始まります。子どもたちのパワーに負けないように、気合入れていきます!!

(reported by KABAKO)



2013年9月18日水曜日

9月16日(月):「お久しぶり!」<大久保>

 昨日までは、雨続きで客層も違っていましたが、今日は顔なじみの方々が来店してくださいました。オーダーもこれまでと同じ。ちょっと心が和みました。

 登:         「こんにちは!」
 お客さま こども: 「マヨぱん 2個」
 登:         「はーい!マヨパンね」
 お客様 こども:  「ぼく マヨネーズ 好き」
 登:         「そーね。マヨパン いつも買ってくれていたものね。」
            「お姉ちゃん 元気?」
 お客様 こども:  「元気」
 登:         「また 来てと言ってね」
 お客様 こども:  「はい」

 少ーしずつ、お店に帰ってきた気がしました。

 <Reported by TOMIKO>

2013年9月14日土曜日

9月13日(金):おらさん・KABA子さん プノンペンに出発<大久保>

不在中、セダナJAPANは「OBABAショップ」と命名して臨時ショップを開店。

お店に行くと、お姉さまがたが、地域のカンボジア人といろいろ試行錯誤しながらコミュニケーションをとられていたんだろうなと思える形跡が至るところにありました。

楽しかったかな?


遠くからOBABAショップ! 端にオラさんコック♪

メニュー♪

カンボジア人最後のご注文の方と一緒に

そして、セダナJAPANのためを思って、日本からお持ちくださった品々。
できる範囲で、数を数えたり、集計してくださっている様子。
ありがたく思いました。

急きょ お声掛けして集まってくださり、皆様の抜群の行動力に、仲間を思う気持ちを見せていただいたように思いました。ありがとうございました。

不測の事態が起こってしまい、申し訳なく思っていましたが、帰ってくると、

 「OBABAはね、たくましいのよ!」と応えてくださるオラさんの気丈さにとても気持ちが軽くなるのを
感じました。

 「本当に!!」

 リトリートを終えた今、「また、たくさんの日本人に来ていただきたいなぁ。セダナJAPANでいろんな経験していただきたいなぁ」と思いました。
10日から2泊3日でご滞在くださったゆうさん。0時までご奉仕!

細かい衣類の仕分けを汗かきながら整理してくださいました。ありがとうございました!!
そうして、一人、お店の作りを元通りにしていると、ふと、
 「あ~ 好きなようにさせていただいているんだんぁ」としみじみ思いました。

 好きなところに配置して、好きなようにパッケージさせてもらって・・・
好きなようにやらせていただいていたんだ!

また、KABA子さんと二人 励みますかね!


<Reported by TOMIKO>