2014年10月4日土曜日

10月3日(金)バンテイアスレイ実習ファームへ<大久保>

今日は実習ファームへ訪れる日。
超特急で運転するトュクトュクに揺られながら早々と到着すると、ものけのから。
閑散としています。生活感がないんだけど。。。
慌てて連絡してみると、どうやら、管理人さん一家はお盆で友人?親戚?宅に行かれていた様子。清掃などして1時間待っていると、家族全員で「ハロー」と言って戻ってこられました。

ファームの様子と同じく、こざっぱりとした雰囲気を感じ、特にお母さんが元気にされていたのが良かったです。管理料とお米50kg、衣類、衛生品、文具をお渡ししてきました。
今回も、なすびと唐辛子が実っていて、5kg分ぐらいの収穫があり、購入させていただきました。セダナJAPANでご紹介したいと思います。
正面入り口。キャッサバイモの木が良く育っていました

タナカはどーこだ?
前回植樹したと聞いたタナカの様子をみようと、行く前にKABA子さんに場所を尋ねると、「すぐにわかるよ」と言われたものの、一目では「わかりませーん」。よく覗き込んで見てみるとこれだ!とわかりますが、思わず、電話で確認。2本植樹したうちの1本がかろうじて、青く存在していました。成木には7年の月日がかかると言います。がんばれ~!!


ポットで育ってた3~4cmから大きくなっていないような・・・


みんな、さっぱりとしている印象を受け、お元気そうでした。

学校に通っているお姉ちゃん。鉛筆削りに大喜び!
 余談:実習ファームに訪れた頃は青空が広がっていたのに、途中で大雨。今日の若いドライバーさんは飛ばし屋さんでこれまでで、一番バウンドの激しい道のりとなりました。それも、わざわざ雨量の多い舗装していない道を通るから、引き返すことも多く、ほとほと、「道を選んでゆっくり言ってくれ」と言おうと思いましたが、舗装していない道じたいは彼が悪いわけでもないだろうから、揺られながら我慢。センターに到着するともう、ぐったり。むち打ち症を持っていなくて良かった。またファームに行くときは呼んでくれと言われましたが、まぁないわ~

<Reported by TOMIKO>