2014年11月8日土曜日

11月7日(金)松永氏 始動<大久保>

ベッドを解体
インドから来てくださった松永さん。体調も万全になられたそうで、
昨日は早速、1階の換気扇を新しくしてくださったり、日本人部屋のKABA子さんのベッド解体に着手してくださったり早速に働かれていらっしゃいます。こちらのベッドはDACC設立当初、皆さんの手によって手作りされたベットでしたが、少々老朽化してきてこの度交換。本日セダナJAPANから戻ってきたら、A館で使用していたベッドが組立られていました。いつものことながら、仕事が早いですね!

日本人が2名いるとなれば、日本語学習を希望する研修生。
松永さんは人に教えるのが上手。ミャンマーでも学生に人気の先生でした。DACCでは毎日(研修生は隔日で)午前中に90分授業を受け持ってくださることになりました。研修生は大喜び!


換気扇取り換え
日本語授業

どうぞよろしくお願いします。

満月の日。
敬虔なミャンモンさんは、
きれいにシャワーを浴びて身を清めてからからお供えものをし、
お祈りをするとのこと。


大きな満月でした。
サジーニさんは月を見上げて「カンボジアの方がスリランカより満月が綺麗です」とおっしゃっていました。

<Reported by TOMIKO>