2014年11月23日日曜日

11月8日(土)衛生の日<大久保>

「登美子さん、頭に・・・」と頭の髪の毛を見せながら、研修生が話してきます。そして、「むし、むし」とみんなが発言し、
「ひょえー、むし?!」、考えられるはアタマジラミの疑いか?!

もし、それが本当だったら、同室、いや、みんなに感染してしまいます。
急きょ、次の日はいっせいに大清掃を決行!!
ベットの下から天井の上まで隅々まで綺麗に。
年頃の若い彼女たち。実は前からかゆみがあったけれど、ほおっておいたそうで、みんな大賛成。
大清掃!
アタマジラミの消毒殺菌は50度の温水に10分ほど付け置きするとよいそうです。

そして、清潔に暮らすことは健康にとても大切であると伝えたかったので、
衛生の日として基本的な手の洗い方、髪の毛の洗い方、体の洗い方、女性特有の健康管理などを共に学習しました。

日本人の幼少のころから家庭や学校で教わり、情報もいたるところから
得ることができる環境にいては、周知のことであったり、当たり前になっていることでも
アジアの女性は知りません。すでに成人の女性にいろいろお伝えするのもと思いながらも、一緒に実習していきました。

髪の洗い方♪まずはブラッシングです!
耳の後ろがポイントですよ~

よくすすいでください。
  
実習前後は座学です。
今の時間は女性のみ。
普段は強いて聞かなけば話しにくいことも、打ち明けてくれました。

「初めて知ることばかりです。」
「気持ち良かったです」という彼女たちの言葉からアジアの女性に環境のせいにするのではなく、
こういった情報を伝えることは重要だと知りました。


君ももちろん綺麗にね!
母国に戻っても、ケアを続けてくださいね。

<Reporetd by TOMIKO>