2014年12月20日土曜日

12月19日(金)カンボジアに帰ったら今度はDACCでご報告<大久保>


この方はなんと!雪降る北海道で蚊帳をご協力くださいました!!


12月1日から17日まで、平和を願いセアロ師をお招きされた国内プログラムに同時に開催される、チャリティ展示会に参加させていただくため、一時帰国していました。

南は佐賀から石川の拠点を経て、北は北海道まで旅してきました。
出発前から亜熱帯のカンボジアから冬の日本に渡るため、
防寒具をはじめ、皆様からたくさんのお心づかいを頂戴しました。
ありがとうございました。

1年ぶりの国内プログラムにドギマギしつつも、集まる人が異なれば、毎回新しい体験であり、とても新鮮でした。
主催者さんの熱い思いはどこの場所でも変わらず、そこに共鳴したスタッフが
自ら主体的に働かれる姿は美しく、とても力づけられ、嬉しい気持ちが湧き上がりました。

自立を目指すミャンマー縫製プロジェクト、
カンボジアの手織りシルク村の女性たちの雇用促進の応援ご協力も、たくさんいただきました。

皆さま本当にありがとうございました。

日本で得た体験や様子を次は、DACCに戻り、アジアの女性に伝えます。早速に、いつも変わらずミシンを踏んで頑張られているミャンマーのお二人に、今回のお話を写真を見ていただきながらご報告しました。

すでにカンボジアに来てくださったり、ミャンマーに行かれ、出会われた方がいらっしゃると話も盛り上がります。

彼女たちが手がけた作品が日本に渡って、日本の皆さまに喜ばれていたり、素敵に着こなされている姿を見ることが、彼女たちの日々のモチベーションを高め、作る喜びにダイレクトにつながる嬉しい瞬間だと感じます。今回も「良かったです!」と、とても明るい笑顔で話されていらっしゃいました。

●福山拠点
福山拠点での片山ことくまさん 一日中働かれています

刈り取られた田んぼ(早朝)↓:今年1年ありがとうございました。新心米のご協力をありがとうございました!!もっちもっちして美味しいですよね~♪

畑:ここにも唐辛子が!!真っ赤だ



 ●石川拠点
空いた時間をみつけては通ってご奉仕される石川の方々
梱包上手な善さん
こちらは「THE ゴミの分別」: 是非ともアジアの人に伝えたくて写真をバシャバシャ撮らせていただきました!
皆さんが当たり前のように行動される。素晴らしいことですよね~
●佐賀プログラム (12月5日~7日)

美しくディスプレイ♪
夜中の2時:セダナJAPANのご奉仕依頼。なのにこの笑顔?!
   
アジアの女性のお話を聞いて、連日来てくださいました!佐賀の美しい登美さんです。
●札幌プログラム (12月13日~15日)


スタッフが丁寧に勧めてくださいました。
佐賀で手作りした座布団は札幌で御嫁入♪


●バザー(チャリティ展示会に向けて全国から寄せられたバザーの品々)


↑羊さん 来年の干支ですね。コットンで作られていてふわふわでした。

神奈川から北海道へ心温まる手作りクッキー
佐賀の地元の本職の方から

↑DACCで育ったモリンガ茶&モリンガの種もすべてご協力いただきました。お心をありがとうございます。特に種がすこぶる人気でした~

最後は雪の札幌。帰りの車中からしか写すことができませんでしたが・・・



皆さま たくさんの出会いをありがとうございました!!
カンボジアでも励みます。(DACCに戻ったら、チューチュー騒動で、メンバー全員疲労困憊気味?!で。。すぐにカンボジア生活の始まりです^^;)
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>