2014年3月30日日曜日

3月29日(土)誰が教えてしまうんでしょうね~・・・<大久保>

セダナJAPANに来てくださるカンボジア人は好奇心が旺盛なのだろうなと思っています。

そして、片言の日本語を話す人が多い。トュクトュクのドライバーさんであったり、ガイドさんであったり、また、日本語を勉強している学生さん。

語学学校の先生も、「外国語を習得するには、その国の人と直接話した方が早いから、たくさん日本人と話すように」と言われるそうです。

何度も来てくださるお客さんの中には、「会いたかったから」とか、「元気になりたかったから」とか言ってくださる方もいらして、嬉しいですね!

この方は娘さんからお店のことを聞いて訪ねてきてくださいました。クメールのロンジーはご自身のものです。

今日は、ご自分の娘さんやいとこの子供たちを引き連れた男性が昨日に引き続き
チャーハンを食べに来てくださいました。

この男性も少し日本語を話されます。

それが・・・

男性:「おねえちゃん、おねえちゃん (タオルを指して)これはどこの国のもの?」

私:「日本のものです。日本から持ってきました」

男性:「これ、チュゴク(中国)ですね」

私:「作ったのは中国ですが、日本から持ってきました。今は日本のものも、作るのは中国が多いですね。だけど、カンボジアにある中国で作られたものと・・・・・」

と話していると途中で意味が通じなかったのか、最後まで話さないうちに

男性:「オーケーオーケー。チャーハン作っていいですよ」

と言われ、「エッ?!ムッ。」なんか嫌な感じ。それも軽~いし。

そして、作っていいと言ったわりには、どんどん「これは?」「これは?おねえちゃん」と聞いてくるし、「そんなのかんけいネ~」「どんだけ~」とか
ちょっと古い流り言葉をたくさん言ってこられますが、ぜーんぜん面白くないんですよね!!

あ~ 日本人客の場合、こんな言葉で笑ってしまうのか?(彼は観光客などを相手にしたドライバーさんでした)
温かい目で見ることはできずにいると、
チャーハンを作るそばで、

男性:「おねえちゃんは いくつですか?」

私:「40歳です」

男性:「もういちど言ってください」

私:「40です」

男性:「ちがうよ~23歳」

私:「あっ そうですか」サラリ。

男性:「私 いつくですか?」

若いだろうなと思いましたが、

私:「55歳」と真顔で言うと、

男性:「ちがうよ~。33歳」と真剣にがっかりされていました。

私は逆にその顔をみて復活!(笑)
チャーハンは4人前 毎度あり~!!

誰だろうなぁ。こういうしょーもない日本語を教えてしまう人は。

だけど、こないだは「倍返し」と「じぇじぇじぇ」と連呼され、これは昨年の流行語なんですよね。

全然笑えなかったけれど、ちゃんとリサーチしているとすれば、それは営業努力だ!

こちらのトュクトュクドライバーなどの客引きを仕事にしている人たちは、とても強引。(1日の労働がかかっているため)
「トュクトュク」「トュクトュク」と目をギラギラさせながら詰め寄ってきて「もう、いいから!ちゃんとこっちはあるねん。」と人払いしても負けません。断っても断ってもひるまない精神は見習うべきものがあるかもと時に思います。。。

そして、
日本人を見たら

「アジノモト」と言ってにやにや笑います。

これはTVのCMで使われているのだそうです。

初めて言ったときにこれでウケてしまったんでしょうね。
だけど、全然笑えないんですよ。

むしろ、不快な感じがするんですけどね。(にやつくところがね)

だから、
私はついつい「面白くないから、あんまり言わない方がいいよ」と言ってしまうんですね~


<Reported by TOMIKO>

2014年3月29日土曜日

3月29日(土)セダナJAPAN★日本人のお客さまご来店<船津>

札幌からお越しのS様親子♪ありがとうございました。

日ごとに蒸し暑くなるカンボジア。今日は、な~んと日本人のお客さまが親子でご来店下さいました。

昨日、ラッキーマーケット(シェムリアップ唯一のデパートらしきところ)へ、食材の調達に出かけお肉売り場をのぞいていると…お隣から日本語がちら~と耳に入り。。

「これ、なんだろねーー?」っと黒い塊を指さして、お話しされていました。思わず「それ鳥ですよー。鳥の雛まるごと一匹です」と思わず話かけてしまったのがきっかけで^^

カンボジア(DACC)での生活やセダナJAPAN、グローバルハートスペース(GHS)のことなど、色々と立ち話させて頂きました。「よかったら、ぜひセダナジャパンにお立ち寄りください」とお別れしました。

うれしいことに、今夜ご帰国&団体旅行でいらして自由時間の少ないなか、合間にセダナまでトゥクトゥクで足を運んで下さいました。久しぶりの日本人の観光客のお客さまのご来店、とてもうれしかったです^^

お父様の還暦のお祝いにとお二人でシェムリアップを訪れられたそうですが、「遺跡観光ばかりではなくこういう地元の皆さんが来られるところにこれてよかった」と、とても喜んでくださいました。

1時間しかお時間がないとのことでしたが、GHSの各拠点の活動状況、セダナJAPANでの日本語授業や縫製プロジェクト、シルクプロジェクトなどお話しをじっくりお聞きくださり、

ミャンマーサンダルとシルクショールをご自身へのお土産にお求めくださいました♪
ありがとうございました。

お父様は、土木・建築関係・車両バイクの組み立て・重機は何でも運転できるなどの技術をお持ちとのこと。「カンボジアの遺跡修繕の様子やカンボジアの街並みを見ていると、自分ができることが色々あるなーと感じた」とおっしゃっていました。「お父様が5歳くらいの時の日本を見ているようだ」と。。

そう、そうなんです。。。

松永さんをはじめ、カンボジアにいらっしゃる60代以上の方とお話しをさせて頂くと、皆さん『昔の日本もこうだった』とお話し下さいます。

戦後の日本をここまで発展させ、支えて下さった先人の日本人のたゆまぬ努力、知恵と工夫、愛国心、こつこつと地道で勤勉な日本人の精神・・・

こうやって東南アジアで生活させて頂き、色々な方のお話しを伺ったり、体験させて頂くと改めて日本のすばらしさを感じます。セダナでも、今は心の底からそう思っているので、ついつい『日本はすばらしい、日本のものは良い』と熱弁しています。カンボジア人から「もう、わかったわかった、日本のは良いって自分たちもよく知ってるから」って言われてます(笑)

日本では当たり前のことが当たり前でない生活。セダナJAPANで、自分たちにもできること、伝えられることをみつけつつ、地道に続けてやっていきたいと思います。

挨拶、ゴミ拾い、掃除、衛生、接客。何もとりえのない私でも、日本人として育てて頂いたおかげで、カンボジアの子ども達に伝えられること・・・感謝しつつ、大切にしていきたいと思います。

お父さん、みかさん(偶然にも同じ歳で同じお名前^^)、
DACCでもして頂くこといっぱいです!!
ぜひまたカンボジアにいらしてくださいね!!
ご来店ありがとうございました。



(reported by KABAKO)




3月28日(金)これはいったい??<船津>

これは何でしょう??


A館の豆ではありません。。。











正解は、恐ろしい毒ヘビだそうです。






連日、夕方になると亜弥迦さんとウィンさんがDACCからセダナJAPANまで、格さんの訓練を兼ねて散歩に連れて来て下さいます。

散歩に出られたと思っていると、下から「KABA子さ~ん」と呼ばれました。
「カメラ持って来て~」っと

何ですか?と呑気な私。
一瞬なんだかわかりませんでした。A館の豆にとってもそっくりで。。





ミャンマーに行かれて不在の松永さんに、お見せするために写真とビデオを激写。

すでにウィンさんが退治してくださっていたので、気絶していましたが。。。顔は怖い。。

虫・爬虫類嫌いの方怖い画像をごめんなさい。。
小さくて細~い、決して強そうには見えないのですが。。。
このキバが危険らしく死んでいるヘビであってもキバに触れると危ないとのこと。
土の中にウィンさんが埋めてくださいました。



聞くところによると、この蛇にかまれると、指がなくなったり、薬がないので死に至るケースもあるらしく、ミャンマー人のみなさんは、みんなよくご存じのこわ~い蛇とのこと。

「かばこさん。大きな象でも死にます」とまるこさん。。(絶句、私)

教えて頂いてよかったです。日本では見たこともないので、絶対に見ても気づかないだろうし、気を付けてなかったですね(冷や汗)。

いつも庭のカエルで遊んでいる格さんが、ヘビに噛まれたら大変!!と慌てて、C館の庭で蛇が潜みそうな所の片づけを行いました。セダナから戻られた登美子さんにもすぐに報告。

翌日は、A館の庭の茂みの片づけをウィンさん、まるこさん、ミャンモンさんたちが行ってくださいました。

草がぼうぼうにならないように、日頃からの管理が大切ですね・・・

明日の夜には、やっと松永さんが戻って来られます(嬉)

カンボジア生活3年目を迎えて、初めて目にしたミドリヘビ(名前がわからないので勝手に命名)。
そんなにあちこちいるものではないと思いますので、どうぞ安心してDACCに来て下さいね!

万が一みつけたらご注意を!

(reported by KABAKO)


2014年3月26日水曜日

3月25日(火)これだ~れだ?!<大久保>


これ、だーれだ?!(笑)
セダナから私が激写しました^^

正解はおわかりの通り、KABA子さんです!

今ミャンマーに遠征中の松永さんがDACCにバイクを寄贈してくださいました!!
可愛いピンクのバイクにピンクのヘルメットです♪松永さんたら~♪

颯爽と乗りこなすKABA子さん。
セダナJAPANの店先で呼び込みをしていたところ、すーっとスピードをゆるめてくれる一台のバイク。私は、まさかKABA子さんとも知らずに、「バイチャー バイポワン」と叫んでしまいました。アハハハ!
思わずKABA子さんも苦笑。。。

KABA子さん:「そんなに溶け込んでる?」
私:「溶け込んでる!溶け込んでる!わからんかった^^」

と、会話をして、買い物を下すなり、自然な振る舞いでセンターに戻られました。
バイクが登場してから、この暑いなか、なんだかんだ、毎日買い物に行ってくださっています。ありがとうございます!

私も教えてもらって乗る日は近い。
バイクデビューはカンボジアになりそうです。

松永さん ありがとうございます!!愛用させていただきます。

<Reported by TOMIKO>



2014年3月24日月曜日

3月23日(日)夏日和<大久保>


カンボジアの日中の最高気温はネット情報によると37度!
お~
そうだよね~
だって、最近暑いもの!カンボジアは夜も気温が下がりません。日本の熱帯夜とも似ているような気もします。。


ヌンパン行列♪
セダナJAPANにいると、夕方になるとお客様が一気に来られて、それまでは閑散としていた店内が瞬く間ににぎやかになり、閉店を迎えます。

だいたいはオムライスやパンなどの飲食を作りながら、商品の説明をすることになるので、全然言葉が通じない時は大変。また、商品にはすべて、金額を表示しているのですが、子供たちは読めないようで、「これは?」「これは?」と尋ねてきます。それが、傍まで寄らないと私が数字が見えません^^;。
嬉しいです~!!縫製プロジェクトのレトロエプロンを隣のお父さんが買ってくださいました!!
毎日、心配そうに店をのぞいてくれます。
一人がピースするとみんなもピース
ガスの火をつけたまま、あんまり移動もできないし、
「はい。持ってきて」「3000リエル」などと答えています。

閉店時間は6時です。しかし、店内にお客様がいると、人を呼ぶんですね。だいたい7時ぐらいまでは営業しています。そこから虫が出てきて格闘しながら片付け。

「どれくらい汗が出るの?」というぐらい全身に汗をかいて、一息つくときには脚はパンパン。

今はKABA子さんと1日交替です。

センターのお部屋に戻って、「ただいま~」と言うときの表情は疲れ切っています^^
その後の言葉も出ません・・・
お金があったら毎日食べたいそうです

だいたい夏の屋台みたいなものですかね~
屋台の仕事したことないですけれど。

あ~ 本当にお店とセンターと近くてよかった!!
夜道、ときどき満点の星空をみながらそう思って帰ってきます。

帰ってきて、シャワーを浴びたらひと段落。それが、停電もしばしばで・・・。そんなときはじっと我慢。さらに汗がにじみ出ます。
今日はKABA子さんの担当の日。日中、お客様が来られない間はずっとごみ拾いを続けられていたそう。そして、蟻の被害までこうむられたそうな・・・
嗚呼・・・

だけど、逆にお湯がでるシャワーを浴びるだけで天国の気分☆

セダナJAPANの担当でない日は縫製プロジェクトの仕事や日本との連絡業務、A館の施設点検・管理の仕事などをしています。
A館のセキュリティを強化するために、A館の塀の周囲に有刺鉄線を張り巡らせることにさせていただきました。物騒な話は、カンボジアだけでなく、日本も同じ。「自分の身は自分で守る。できる対処はする」

すでにC館は完了済。
さらに安心なA館になりました。


道の脇にはマンゴーの木がたくさん!それも、どの木も見事にたわわに実っています。
毎日眺めながら道を歩いています^^
<Reported by TOMIKO>

2014年3月23日日曜日

3月22日(土)嬉しくってたまらないのね<大久保>

ミャンマーのご出張を終えられて、亜弥迦さまと勝さんがDACCにお戻りくださいました。DACC一同お帰りが嬉しいです。中でも、いの一番に表現するのは格さん。全身で喜びを表していました。

不在中、ミャンマーのお二人が見てくださった後を引き継いで、この1週間ぐらいはKABA子さんと毎日二人でシャンプーをしていたのですが、じっとしないし、途中で興奮しだすし、人間の方がびしょびしょになって洗っていました。

けれど、亜弥迦さまと勝さんがされると、なんと静か~で、スムーズなシャワータイム。
脚の指の毛までケアしてもらって~、すごいことなんだよ 格さん!
どんなにしかられても、安心で、嬉しいのだ。この信頼関係。これが主従関係というものだ。


納得。

<Repoted by TOMIKO>

2014年3月20日木曜日

3月19日(水)幅広く愛されるカンボジアのお店『セダナJAPAN』<大久保>

セダナJAPANにカンボジア王室よりプリンスとプリンセスがご来店くださいました。ミャンマーの手作り作品や日本の刺繍のハンカチはじめTシャツなどたくさんご購入くださいました。500R(約12円)を握りしめて来てくれる子供たちから、王室の方々まで幅広くカンボジアの方々に愛されるお店『セダナJAPAN』


どうぞ皆さんもシェムリアップのお近くに来られたときは、のぞいて行ってくださいね~♪

<Reported by TOMIKO>

2014年3月19日水曜日

3月18日(火)セダナJAPAN再開中!<船津>

ミャンマーのお寺で開催された「日本語1週間寺子屋プログラム」に、登美子さん、松永さんと共に参加させて頂き、DACCに戻ってきています。

研修では、ミャンマー人の先生方の熱心な心のこもったご指導と、学生さんたちの真剣で素直な心で学ぶ姿勢に、スリランカ研修からのつながりを感じさせて頂く場面も多かったです。参加させて頂きありがとうございました。

(ちなみにDACC管理人の松永さんは、今月末にカンボジアに戻ってこられる予定です^^)

ミャンマーは、日中は暑かったですが、朝夕涼しくとても過ごしやすかったです。しか~し戻ったカンボジアは、夜になっても気温が下がらず、蒸し暑い熱帯夜が続いています。

ミャンマーでの研修の様子は、下記ブログをどうぞご覧くださいませ!
GHS活動レポートブログ

10日ほどDACCを不在にしていましたが、その間も格さんは、縫製プロジェクトのお二人が毎日お世話してくださり、どんどん成長。しばらく見ないうちにまたまたでっかくなっておりました。

番犬としての貫録が出てきたかな?!顔つきも大人にだいぶ大人になりました。
セダナJAPANは、戻った翌日は、店内の清掃と商品の陳列準備のため、1日お休みしましたが、翌々日から、登美子さんと交替での営業を再開。
早速オムライスのご注文♪兄弟で分けっこして、仲良く頂きます!
シャンプー・石鹸・アメニティー類はまだまだ充実
リトリートでご持参頂いた衣類。好評なので、だいぶ少なくなってきました。
久しぶりに会うカンボジア人のお客さんたち。いつも出張あけの際は、店を開けるとのぞきに来てくださいます。

店休日のお知らせの張り紙をして出かけていますが、心配してくださっている方も。。ありがたいですね!
近所の方たちからは新しいの入ったの??っと開店と同時に見に来て下さいましたが、
今回はミャンマーでの日本語授業に行かせて頂いていたので、残念ながら新しいのは入ってませんよとご説明。

また、DACCでも、縫製プロジェクトのお二人へ登美子先生による日本語授業が毎日行われています。
まるこさんは、カタカナや漢字の縫製用語も学習中です。

登美子先生とミャンモンさん
まるこさんは縫製に関わる用語、ミャンモンさんは日常会話と台所のものの名前についての学習をされています。週1回ではなく、短時間でも毎日学習することを続けられているところです。

さて、4月には、ミャンマーの女性たちの縫製研修をDACCで行われる計画も進んでいます。

暑さに負けず、みんなで頑張りまーす!!

(reported by KABAKO)





2014年3月3日月曜日

2月23日(日) DACC進化中です!!<大久保>

門番犬としてDACCを背負い立つ格さん!!
リトリート中に一気に大きくなった傾向が!
セアロ師の「1日200gは体重が増えるよ」との
お言葉通り、なんと1週間そこらで体重が1.5kg増えました。
生後3か月で約10kg超えです。
10kg超えました!!
予防接種を受けに行ったら、獣医さんも一言「大きいですね!」
と驚かれていました。

カンボジアで育つ犬とは・・・違うでしょうね~

そんな急成長の格さん
セアロ師とのご対面では、いとも簡単に「キュンキュン」
と言ったそうで、それまでは亜弥迦様が一番怖かったようですが、
その亜弥迦様の陰にすごすごと隠れたそうな・・・

それ以後、
セアロ師の前では、
自ら、前脚後脚を伸ばし、思いっきりお腹を丸出しにして横たわり、
動きもせず、通られるのを待つような姿をします。

それって、完全に降伏ポーズやん!

階段を降りられる音でその姿をとる格さんに
思わず笑ってしまいました。
亜弥迦さまの前でもデレーン

そして、大きくなるのは格さんだけにあらず・・・
2月10日から長崎より君島さんがリトリート参加者とバトンタッチするように
DACCにご奉仕に来てくださいました。


こういった単独でのご奉仕もとてもありがたく、その時その時に必要な
荷物の運搬にもたくさんのご協力をくださいました。

その君島さんが毎食おいしいご飯を作ってくださいます。
そして、それらを綺麗に平らげる私たち。(って私とKABA子さんですね☆)
ここはちゃんこ部屋かというぐらいにお味噌汁は4人前分のお椀でよそってくださいます。

「そば&天ぷら」の日にはミャンマーのまるこさんから、
「これはミャンマーの10人分です。ホントに、登美子さんもKABA子さんもすごいねー」
と言われてしまいました。

体重計に乗ると3kg増えていました。カンボジアに来て初めての数字!

「この後の体力維持に」と言いつつ、減るのかな?このまま維持かしら?
それにしても、ヨギ服はよいもので、体型がわからず、気にすることもない?!

そういった満腹の幸福な日々も明日で終わりです。

君島さんが来てくださってから、A館の台所、床がピカピカ!。
長期滞在の松永さんもお話相手ができて嬉しそう!
いつも以上にA館に楽しいエネルギーが満ちています。

左からオラさん・松永さん・妻子さん・うりさん・マヨさん・KABA子さん

<Reported by TOMIKO>