2014年6月29日日曜日

6月27日(金)実習ファームへ<船津>

雨が続いているカンボジアですが、今朝は久しぶりの青空。今月も登美子さんと二人で実習ファームへ行ってきました。ひと頃よりは朝夕涼しくなり、トゥクトゥクは清々しい風が気持ちよかったです。

ファームまでの道は、連日の雨で水溜りもたくさん。しか~し、今日のドライバーさんはパワフルな方で、途中トゥクトゥクを降りて歩こうしましたが「大丈夫!大丈夫」と絶妙にバランスを取りながら、悪路を通り抜け、時には水溜りに突進しながら進み、無事にファームへ到着。

ファームの入口の門には、柵が閉まっており、「スオスダーイ!!(こんにちは)」と叫ぶと中から管理人のお父さんが出てきてくださいました。

連日の雨で、雑草が生い茂っているのが気になりましたが、他の木々や野菜畑も青々と育っていました。

中でも、半年ほど前に少しずつ畑を耕して植えられたタロイモの成長は著しく、背丈は2mをゆうに超えるほど大きくなっていました。

後ろの木のように見えるのが全部タロイモ畑です。

ファームには、管理人さん、奥さん、末っ子の3人。真ん中のお姉ちゃんは、親戚の家から学校に通っているため不在でした。

マンゴーは、風雨で実が全部落ちてしまったとのことで残念でしたが、先月たくさん持ち帰ったマンゴーが、セダナで売れたか管理人さんも気にしてくださっていました。

「マンゴーは私たちのおなかの中にもたくさん美味しく入りましたが(笑)、セダナJAPANでマンゴージュースやアイスにして今も売ってますよ!」と伝えると管理人さんもにっこり。

今月は、タロイモと唐辛子(半年前に植えたもの)を初収穫して、セダナ用に頂いて帰りました。
唐辛子はカンボジア人のドライバーさんから見てもいい出来のようで、ドライバーさんも自ら買いたいと購入を希望され、管理人さんたちと一緒に収穫されていました。

唐辛子も腰の高さ(写真中央)。手前は小茄子の木。右奥はパパイヤ

自分たちが作った野菜が少しでも収入につながる喜びを管理人さん、奥さんも感じられている様子で、とても嬉しそうでした。

唐辛子の収穫

自分たちも収穫のお手伝いをと意気揚々草むらに一歩入ると、早速赤アリの群衆に登美子さんも自分もおもいっきりやられてしまいました。


「あいたったった。。。。痛い!!!」足元からどんどんアリが体をはいあがってきます。痛いんですこれが(涙)奥さんの頭にもたくさんのアリがついていて取ってあげようとしましたが、アリを見せても「あはは」と何事もなかったかのよう。たくましさ全開でした。

末っ子も、もうすぐ学校にあがる歳になり、お父さん、お母さんの背中を追いかけてお手伝い。


家族みんなで働く姿はいいですね~。子ども達が学校を卒業するまでまだまだ先は長いので、お父さん、お母さんが健康で働かれることを願いつつ、ご家族の自立につながるための応援を自分たちで考えて協力させて頂きたいと思います。

掘りおこしたタロイモを運ぶお母さん
タロイモは、収穫するのは根のみ。上の枝のところは、もう一度切って植えるそうです。
持ち帰るタロイモをせっせと袋詰め中の登美子さん。
収穫したタロイモ。
先月突風で飛ばされた家は、骨組みだけはなんとか作られていました。

屋根のトタンがこのあたりではとても高いそうでつけられていないとのことでした。近日中にシェムリアップで購入して、お届けさせて頂くことになりました。
ファームの隣の炭焼きも再開。シェムリアップの市場価格の半額以下(1袋2.5ドル)

少しずつ、少しずつですが、毎月変化が見られることがうれしい訪問でした。

DACCでは、ミャンモンさんと番犬格さんがお留守番。ありがとうございました!


(reported by KABAKO)

2014年6月25日水曜日

8月カンボジア*奉仕リトリート研修のご案内

カンボジアでは雨期が到来しました。
A館をのぞけば、バナナ、マンゴー、ザクロ、雑草に至る一木一草ことごとく青々として、まばゆいばかり。植物の生命力には驚かされてばかりです。そして、清掃が始まるのですけれどね^^;

コンポスト作り
セダナJAPANより
さて、8月にガユーナ・セアロ師をお招きしてDACCでの奉仕リトリートが開催されます。講師のセアロ師も日本からお越しくださいます。参加者の皆さんも何回もリピートしてくださる方もいらっしゃいます。きっと、体験しないとわからない楽しさ、面白さ、充実さを感じてくださっているのだろうと思うとスタッフ一同とても嬉しいです。

今回のテーマは
「生きること、活かすこと」です。

是非!ご参加ください!!


このカンボジアの地でご自身を深く味わってみませんか?
皆さまとご一緒に体験できることを心より楽しみにしてお待ち申し上げております。
******************

第6回!カンボジアDACC奉仕研修リトリート2014年8月
ハートアクション&ワークキャンプ(講師:ガユーナセアロ師)
4泊5日<8月23日(土)~8月27日(水)>

可憐に咲いています

●滞在期間 :平成26年8月23 日(土 )~ 8月27日(水)
 ※プログラムは、8月24日(日)~8月27日(水)午前中まで
●会場/宿泊 : ダイレクトアクションセンター

●お申込み:http://dacc-rep.jimdo.com/

●お問合せ・窓口: メール dacc@global-hs.org (船津、大久保)


<Reported by TOMIKO>

6月24日(火)「See you tomorrow!」<大久保>



昨日に引き続き今日も来店してくれた仲良し兄弟!
外はジャージャーの雨の中、友達も誘って来てくれました。


そして、そのお友達が新メニュー第3段の目玉焼きセットをご注文。
ごはんに味噌汁。お漬物に目玉焼き (3000R/約75円←チャーハンと同じです)
「 へ~ 本当に?!」
新メニュー 第3弾目はシンプルな目玉焼きセット♪
メニュー表を掲げときながら、思わず、本当?!と聞き返してしまいました。
なぜなら、
今日、この味噌汁セットが出ればいいなぁと思っていたんですよね~
だけど、ずーっと雨で、お客様はほとんど来ないし、そうしたら、注文してくれる人現れる!^^

さらに、お持ち帰りかな?と思ったら、ここで召し上がるそうで。
外は土砂降りの雨。他に誰もお客さんはいません。
ど~うぞ!店内を解放しようではありませんか。畳んでていたテーブルを開きつつ、後はお客様に任せて、私は注文されたものを作らなきゃ。

マヨパンと、オムライスと。。。

出来上がったら、いろんなものを食べたくなったのか、今日はそのお友達の支払いのようで、次から次から、マンゴーシャーベット、お好み焼き、ストロベリーパンケーキとご注文いただきました。

締めて、3ドルです。

帰りに
「See you tomorrow!」と笑顔で言ってさよならしていきました。

明日も来てくれるのね。ありがとう☆

<Reported by TOMIKO>

2014年6月24日火曜日

6月23日(月)新メニュ~♪♪

パンケーキと同じ日から始めた新メニューお好み焼き。今日、初オーダーを頂きました!

いつも学校帰りに立ち寄ってくれる仲良しのご兄妹。いつもはマヨパンとジャムパンが大好きな2人ですが、今日は初めてのお好み焼きにトライ!

ストロベリージャムがのったパンケーキもすご~く気になりつつ、迷ったあげく、得体の知れない茶色の焼き物をオーダー。決め手は、マヨネーズがついているところだったようです。

何が入っているのか、興味深げに、じ~~っとみつめる2人の目。いつものマヨパンだったら4枚も食べれますから、2000R(50円)のお好み焼きは、子ども達にとっては贅沢おやつ。焼いているあいだ中、「チュゴイ、チュゴイ(いい匂い)」フライパンをみつめる笑顔がかわいかったです。


日本のお好み焼きのお味はどうでしょうね~??(今日は家族と食べるとのことで持ち帰り)

前回のリトリートでたくさん日本から届けて頂いたタオルや衣類(ベビー服・子ども服・男性用・女性用)は、おかげさまで残り数枚を残して、ほぼ完売いたしました。日本で集めてくださったみなさま、届けてくださったみなさま、ありがとうございました!

店内のアイテムがだいぶ少なくなっているので、今は飲食メニューもあれこれやっています。ちなみに明日は、寒天ゼリーを仕込んできました。毎日メニューが変わる?セダナJAPANです。

(reported by KABAKO)

2014年6月21日土曜日

雨の日より・・・<大久保>

今日も荒れ狂うような天候。

子供たちは喜々として、わざわざ濡れるために外に出たりするのは、まぁ まだわかるとしても(手招きされますが、「イヤイヤ、きっぱりとお断り」)、大人の皆さんも、洋服がビショビショでも、平気でバイクを乗り回して過ごされるのにはいつも驚いてしまいます。

強烈な雨に慌てて机と椅子の出し入れを何回もする横で、何のお構いもなしに濡れながら、隣の串焼屋さんには並んで待っていますから、すごいものです。

今日も、「もう、これで何回目かな~(机の出し入れ)」と思っていたら、
「まぁ、まぁ、まぁ」と天の神様がなだめてくれるように、ふと空を見上げたら虹が出ていました^^

子供たちはストロベリージャムが好きですね~♪
少し雨が止んだら、子供たちがやって来てくれます。新メニューの「ストロベリーパンケーキ」は好評☆ 
ドネーションでいただいたホットケーキミックスで作ったもの。売値を上げることはこの店ではできないので、(500リエル=約13円を大事に持ってきてくれる子供たちが上得意様ですから)粉がなくなれば終了ですけれどもネ^^;

久しぶりにポイントカードを持参してくれた男の子がいました。何回もお店に来ていただきたいし、感謝の心を込めてポイントカードを配布していましたが、家に置いたままにしていたり、なくしてしまったり、今ではカードを持参する子供はめっきり少なくなってしまいました。
そして、こちらから「作ろうか?」と言っても断られる始末。。。

継続は難しい。。。

そんな経緯があったので、ちょっと嬉しかったですね!
前回の記録は2月11日でした。ミルクパン1枚のために、この雨の中来てくれるんですよ。

雨期でも負けずにがんばりまーす!

<Reported by TOMIKO>

2014年6月17日火曜日

6月17日(火)お隣の串焼き屋さんその後…<船津>

セダナJAPANのお隣に焼き鳥屋さんがOPENして10日ほどが経ちました。雨が降っても、強風が吹いても、お構いなしに濡れながら営業。お隣は、地面が舗装していないので、すぐにぬかるんできます。水溜りの水を掃きながら、合間に砂をスコップで運び入れ、地面をならしつつ、串焼きを焼かれている奥さんたちの姿には、たくましさを感じてしまいます。

お店も盛況で、大忙し。今日も、お母さんからお孫さんまでご家族総出で、仕込みをされていました。カンボジア人のお好みのお味は??と試しにセダナ終了後、テイクアウトして頂いてみました。牛くし1本1000R(パパイヤのサラダ付)串焼きもサラダも想像をはるかに超えて甘味でしたが、美味しかったです。ここまで甘いお味が好きなのね!

お店の経営をされているお二人の奥さんは、OPEN当初から、ミャンマー縫製プロジェクトの作品レトロエプロンをセダナJAPANで購入してくださり、今日もおそろいのエプロンをつけて営業中!


「今日もよくお似合いですよ!」とお伝えすると、
「頑張って働いてもう1枚買うから、もうちょっと待ってね!」と笑顔の奥さん。
とっても気に入ってくださっているようです。

それから、セダナJAPANの前の道路の中央分離帯には、街灯を取り付ける工事が始まりました。


なんだか、通り全体が少しずつにぎやかになってきている今日この頃です。30号線と呼ばれているこの道路。飲食店や建築資材を扱う店、マッサージ屋さんなどお店も色々と増えてきました。100円ショップならぬ、2500リエルショップも続けて出店中。

セダナのお客さんは…残念ながら今日は少なめの一日でした。そんな様子を見てか知らずか、お隣から「コーラ1つ」「ジュース1つ」とオーダーが入ります。

もっぱらカンボジア流?フードコートのようなセダナJAPANです。
お隣で焼き鳥食べているカップルや家族にも、どんどん声掛けさせて頂いてます。

「ソーム!!スバーコン!!ハーン!!チョポーン!!」(Welcome Japanese Shop!!)


(reported by KABAKO)

2014年6月9日月曜日

6月8日(日)復活なるか枕カバー<大久保>


ミャンマーで、縫製プロジェクトの皆さんが作られた枕カバー。日本のさらしを使って作られていて(御坊様ゆかりの高級品です)、使うたびに「さらしって気持ちいいよね~」と感じさせてくれる代物。使い出したら手離せません♪

そのさらしの枕カバー。素は真っ白ですが、ミャンマーから運ばれてくる間に、作る最中か、はたまた保管状況によるものかわかりませんが黄色くなってしまったり、汚れてしまったりしたものがありました。

それをなんとかよい状態にできないものかと、レモングラスで染色してみることにしました。牛乳で
下処理もして染まりやすい状態にしたにもかかわらず、あんまり綺麗に染まらず、どうしたものかと放置して幾日か。。。
←レモングラスで染めていた様子
けれど、急に気になりだして、再度レモングラスで染色しました。ですが、あんまり変わらなかったので、「え~い!思い切って染料を使おうっ!」と思い立ち、以前「DACCで使用してみては」と来館者が持ち寄ってくださったECO染色剤(オレンジ色)を使って染め直しました。

媒染剤は、今回は鉄媒染に決定!だって、これは用意しなくても、蛇口をひねったら、カンボジア産鉄入りウォーターがそのまま鉄媒染に成り得るという事実が発覚されたので(苦笑)。もともとが染色ムラがあったので、よく見ると・・・ですが、なんとも優しいピンク系のとき色、なでしこ色に染まりました。さっそくセダナJAPANでご紹介したいと思います。

<Reported by TOMIKO>



6月7日(土) お隣さん 新装開店!<大久保>

セダナJAPANのお隣さんに食べ物屋さんができました。カンボジアの焼き鳥屋さん。今回は、前回と異なって、セダナJAPANと同じ建物内に住まうご家族が中心にされるそうです。

それが、驚くことに、敷地を清掃して、木で枠を組み、2日目は何もせず、3日目にして、本日オープンです。営業時間はお昼の2時から夜の1時までだそうです。(ほんまかな?!聞き違いかな?!)


看板も作って、テーブルと椅子も用意し、お昼に行ったらカンボジア人好みのお店が出来上がっておりました。すごくないですか~~。3日で形にしちゃうんだ!!そして、本当に誰でも、どこでもお店を開いてもいいんだ!私はとっても驚いてしまいました。

彼女は縫製の仕事をされていたのですが、ミシンを売り払い、ここにきて転機のようですね。

喜々として働き、お店が繁盛して、カンボジア人が活気づくのはいいことですね!


「おいで、一緒に食べよう!」と手招きされますが、「いやいや、私も今営業中ですから!・・・」

<Reported by TOMIKO>

2014年6月4日水曜日

6月3日(火)あっちもこっちも…<船津>

雨季に入ったかと思いきや、全然雨が降らない蒸し暑い日が続いたりと…おちつかない天気のカンボジア。

今日はお昼頃から停電はあったものの外は青空だったのですが、夕方お天気が急変。

今期一番?の激しい地響きの雷と滝のような豪雨でした。

遠くで雷が鳴り出し、そろそろこっちも降るかなと思い、滑り込みで番犬格さんのシャンプーも終え、洗濯ものを取り込み、窓を閉めて、雨が降っても大丈夫と思いきや。。。

雨の降り方がいつもと違うぞーーなんじゃーーこのゲリラ豪雨は!!!
風も強いし、雷はすぐそこ。セダナの登美子さんは大丈夫かな??と心配していると…

こちらのC館もあっちこっち水浸しの被害が…

台所:ドアの隙間や、流し台の下、床のタイルからも水が出てきます。

最初に台所が浸水。台所は時々あるのでミャンモンさんが手早く雨水を拭き拭き(バケツ2杯分)と、1階に気を取られていると…
2階の階段から水がしたたり落ちてきています。(全部窓は閉めたし。。。どこから?)

階段を上ると、なんと2階の床のタイルの隙間から水がしみ出ています。ぬぬぬ、自分たちの部屋の前の廊下が5㎜ほど浸水しているではありませんかーーー(絶句)


あわてて、荷物を移動させて床を拭き拭き。。。1階ならまだしも、2階の床から水がしみ出るってどういうこと??

台所の掃除を終えたミャンモンさんが2階に上がって来られ、
「おぉ~KABA子さん。ここも水?カンボジアのエンジニアは上手!!わははっぁ(苦笑)」笑うしかない…

2階の掃除を終え、続いては3階のお仏間です。あっちもこっちも水浸しのゲリラ豪雨が過ぎ去りました。
玄関:排水が間に合わず、ほんの数分でこんなに水が溜まります。
セダナからいつもより遅く帰ってこられた登美子さんは・・・
豪雨が迫りくる中、雨宿りのお客さんからチャーハン4杯のオーダーが入り、店内に風雨が吹き込むも炒めるのに手が離せず…。

お客さんたち自ら店のシャッターをおろして、くださったそうな。1時間前に掃除した店内の入口が浸水したとのこと(涙)

あっちもこっちもですね。。。今年もそういう時期に入ってきたんだな~

最近の暑さで少々バテ気味。食欲も少し落ちていた番犬格さん。雨が過ぎ去った後は、涼しくなり、元気を取り戻していました。

(reported by KABAKO)

2014年6月2日月曜日

5月31日(土)真夜中のマンゴージャム作り<船津>

棚卸が終わって、DACCに戻ったのは22時すぎ。まだまだDACCの夜は続きます。

緑のマンゴーもこんなに黄色に。完熟トロ~リ濃厚
今月実習ファームで大量収穫して寝かせていたマンゴーが全部完熟。
先日の1周年感謝祭でも、ピクルスにしたり、ご近所さんや来店してくださったお客さまにお配りしましたが、まだまだたくさん残っています。
セダナでもジュースにしたり、アイスマンゴーにしてご提供させて頂いていますが、完熟のスピードにまったく追いつかず…(ただ今DACC常駐者3名。毎日頂いてもいっこうに減る気配がありません)

このいとしいマンゴーたちを無駄にしたくないと!!DACCいち、果物好きの登美子さんは、マンゴージャム作りに励まれました^^

この夏DACCを訪れて下さる方のために、超!完熟!一番美味しい時に、登美子さんお手製マンゴージャム♪完成です。
召し上がりにきてくださ~~い♪
え~ただ今の時刻日付変わりまして夜中の0:00すぎ。今日も一日お疲れ様でした~!!

(reported by KABAKO)

2014年6月1日日曜日

5月31日(土)棚卸<大久保>

セダナJAPANの商品は多種多様。皆さまが集めてくださった電化製品から手作りの縫製品、衣類、日用品、アメニティ雑貨、文具、サンダル、タナカまで赤ちゃんから大人のものまでたくさんあります。それを管理しています。今日は棚卸!数を数えながら、値段の修正と包装のしなおし。

全部の商品にビニールパックでそれぞれ個包装していますが、外でやっているのと同じようなお店。ビニールにすぐに土埃・虫がついて、売れる前にだめになってしまいます。数日前に入れ変えても、もう、長い間放置されたような手触りと色。日本人としては気になってしまうのですね。トホホホ・・・。嗚呼、気づけば、夜10時・・・。そろそろ切り上げましょうか~。うちの番犬が待っていますからね^^
歯ブラシ1本無駄にせず心ある商品をひとつひとつ丁寧に取り扱っています

<Repoted by TOMIKO>

5月27日(月)翌日は・・・<大久保>

1周年のお祝いは昨日で終わり。今日からまた新しい第一歩!お祝いセールは終了し、通常価格に戻ります。「それでもお客さん来てくださるかなぁ」と思っていたら、さっそくに昨日ご購入してくださったT-シャツを来て散歩しているお客様を発見!思わず呼び止めてしまいました。「オックンチュラーン!!(ありがとうございます)」
こちらのT-シャツはスリランカから届いたものです!
<Reported by Tomiko>