2014年11月30日日曜日

11月29日(土)実習ファームへ<船津>

今日は、月に1回の実習ファームの訪問にミャンモンさんと二人で行ってきました。


前回の訪問時には、ファーム近くの道は大きな水たまりがあったそうですが、雨季が終わったカンボジアは快晴が続き、水溜りはすっかりなくなっていました。


水溜りがある時も大変なのですが、乾燥していくと今度は砂地にタイヤを取られます。トゥクトゥクのドライバーさんも倒れないように、フラフラするハンドルをしっかりと握り必死に運転されていました。

長い雨季のせいで、途中の道は草や木々がわんわんと生い茂り、トゥクトゥクに乗っていても顔にバチバチとあたってきます。トゥクトゥク1台が通るのがやっとの道になっていました。

同じ道を牛さんも通る…
ファームに到着すると、お母さんと一番下の娘が笑顔で手を振っていました。
人見知りで小さい頃は、私たちの顔を見るとお母さんの後ろに隠れていた子どもも最近は訪問すると近くに寄ってきて、こちらが何をするのかのぞいてきます。
毎月のお米50㎏と今月は、醤油、砂糖、油、洗濯洗剤などを途中の万屋さんで購入してお届けさせて頂きました。
お母さんは、早速かごを持って今日のとれたて野菜の収穫。ミャンモンさんとドライバーさんも一緒に。

お母さんは茄子の収穫
この葉っぱは美味しいらしい。。。

タナカの様子を観察
そして、ミャンモンさんは、タナカが全然大きくなっていないのが気になられる様子。周りの土を柔らかくほぐし、水やり。熱い砂漠でも育つタナカですが、ファームの土が固いせいか、成長が遅いようです。2本植樹したうちの1本は、枯れかけ瀕死状態でしたが、よく見ると新芽も出てきて、なんとか根付こうと頑張っているんだな~と思いました。

大玉パパイヤが鈴なり~
バナナもあっちこっち実を付けて
ファーム全体を見て周ると、パパイヤは鈴なり。バナナの成長もよく、たくさんの実をつけていました。以前にファームを訪問されたことのある方は、本当に驚かれるだろうな~と思いつつ、訪問の度に緑が増えている気がします。今月は、ジャックフルーツとマンゴーの苗をお父さんがまた植えられていました。

今日の収穫は、なすび、パパイヤ、唐辛子、バナナの花、名前がわかりませんが、スープにしたら美味しいという葉っぱ
たくましく育て~
そうそう瀕死状態と言えば、、ガリガリで大丈夫?という番犬が1匹いましたが、お母さんになっていました。1匹ですが最近生まれたそうです。母犬は相変わらずガリガリですが、子犬はコロコロと太って母犬の後を追いかけていました。大きく育って、番犬になれ!

ここのところPCでの仕事が多かったので、久しぶりの実習ファームで汗を流して帰りました。

(reported by KABAKO)

11月27日(木)USから届きました!<船津>

今月、参加させて頂いたUSプログラムサポートメンバーのお一人からセダナJAPANへ物資が届きました。

USシカゴプログラムの様子はこちら

郵便局から連絡があり、原付バイクで取りに行き、送ってくださった方へメールでご報告。

それから、スライさんとセダナJAPANに行って、箱の中身を開封すると、
シャンプー、石鹸、ハブラシ、歯磨き粉が箱一杯に詰められていました。
USから届いた物資

中を開けてみると、1本だけ蓋が開いてシャンプーが液漏れしていたので、きれいに1本ずつ拭き、早速値段付けをしました。

アメリカから届いた物資にスライさんもすごいですね~!と
1本ずつ丁寧に拭き拭き。
セダナでご紹介しているシャンプーが、ちょうど少なくなっていたので、ばっちりのタイミングで届けて頂きました。

心のこもった物資が遠い海を渡ってカンボジアへ。。。

今日は、残念ながらお客さんが少なかったですが…(過去最低記録3人なり)
こんな日もあるさ~とシャッターを閉めて閉店。

DACCまでの夜道を歩きながら・・・

日本やアメリカから応援してくださる皆さまのお心を感じ、
毎日細々とでも続けることが大事!と改めて感じた1日でした。

ありがとうございました。

(reported by KABAKO)

2014年11月26日水曜日

11月25日(火)サジーニさん旅立ちの日<大久保>

10月5日からDACCに日本語を学ぶために来られていたスリランカのサジーニさん。約2か月の学びの期間が終了し、本日帰国の途へ。

彼女はとても素直で勉強熱心。日本語を学ぶ意欲が旺盛でした。
DACCでは、日本語の授業だけでなく、セダナJAPANをはじめ、皆さんの食事作り、お手伝い、格さんの世話、清掃、なんでも挑戦です。きっと、おそらくあまりしたことがないことばかりだったのではないでしょうかネ。それでも、毎日、朝から晩までよく頑張られていました!!体重も2kg増えたそうです。

彼女は子どもが大好きとあって、セダナJAPANではすぐに子どもたちと打ち解けて囲まれていました。

今日は、サジーニさんとの最後の昼食。デザートには特別に日本の皆さんがくださったお菓子をみんなで頂きました。そして、サジーニさんからDACCメンバーにお手紙が!学んだこと、楽しかったこと、たくさんの感謝の言葉がつづられて、最後には涙を流しながら読んでくれました。

途中、私は若い人たちに教えることが不慣れなため、したいことがいっぱいなのに、スムーズに事が運ばないことや、同じことを何度言っても、理解がされていない様子にいらだったり、
私がそこまで言う必要があるのかと感じたり、
エゴを、自分が求める理想を?
押し付けているだけなのかと自分にイライラしたりしたこともありました。

KABA子さんが戻られてから、状況報告をして、
自分がすぐに成果を求めるクセがあることに気づいたり、その人その人をみて、どういうことがその人に一番よいことなのか、何が必要なことなのか、考える余裕もなく、
毎日を過ごしたかもしれないなと気づきました。



サジーニさんは母国に戻った後は、日本語能力検定試験を受け、来年からは大学と英語の勉強も本格的に始められるそうです。
この機会を与えてくださったスリランカの御坊様、ガユーナ・セアロ師、亜弥迦様、DACCのメンバー、日本の応援してくださる皆様に、とても感謝されていました。

スーライさんは日本で学べることを目標に、引き続き、DACCで日本語と縫製を学ばれます。





とても素敵な笑顔でさようなら☆
DACCでの日常生活を通した経験が彼女たちの夢に少しでもつながりますように♪

私にとっても
また一つ、良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

◆サジーニさんの滞在中のダイアリーです。是非!!ご覧ください!!
↓↓↓
【Japanese Study in Direct Action Center Cambodia 】
 http://studyincambodia.blogspot.com/



<Reported by TOMIKO>

2014年11月23日日曜日

11月20日(木) 特別セットの行く先は・・・<大久保>

水祭りにちなみセールを開催し、特別に作った徳袋は、そんなにカンボジアの皆さんには注目を浴びませんでした。

残念に思っていたところ、今日久ぶりにいつもご贔屓にしてくださるシェムリアップで有名なお土産屋さんの日本人経営者のご夫妻が、来店してくださいました。1か月半ほど帰国されていたそうで、「頑張っているの?」と気にかけて寄ってくださったようです。

セット開始!

そして、近況を話していると、あの徳袋セットに目を留めてくださり、「こーんだけ入っているんですけれど、カンボジアの人にはあんまり人気がなかったんですよ~」と話すと、びっくりされて、
「T-シャツも、タオルも、歯磨き粉も石鹸も入っているのにね~」とおっしゃってくださり、
「これいいね~♪ 私たちの従業員にあげましょう」と50セットの注文が入りました。

毎日毎日、研修生と一緒に表に出してもそんなに出なかったのに、いや、毎日毎日がんばったからなかな~ お申し出がとてもありがたかったです。

そして、すぐさまセットに取りかかりました。ありがとうございます。



全部終了したら20時を過ぎていました~

16日にはKABA子さんが、アメリカプログラム、北九州プログラムと続けて参加され、DACCに帰っ
て来られました。ご自身の全力を出し切って、DACCにたどりつけるか、心配なほどだったそうです。お疲れ様でした。「みんなの顔をみて安心しました」とのこと。ご心配をおかけしました。みんなで待っていましたよ!そして、アメリカ、日本の皆さんがたくさんご協力してくださり、カンボジアのことも応援してくださっているお話をKABA子さんから伺いました。ありがとうございます。格さんもKABA子さんも戻られ、松永さんもいらっしゃり、毎日ご機嫌です。


<Reported by TOMIKO>

11月8日(土)衛生の日<大久保>

「登美子さん、頭に・・・」と頭の髪の毛を見せながら、研修生が話してきます。そして、「むし、むし」とみんなが発言し、
「ひょえー、むし?!」、考えられるはアタマジラミの疑いか?!

もし、それが本当だったら、同室、いや、みんなに感染してしまいます。
急きょ、次の日はいっせいに大清掃を決行!!
ベットの下から天井の上まで隅々まで綺麗に。
年頃の若い彼女たち。実は前からかゆみがあったけれど、ほおっておいたそうで、みんな大賛成。
大清掃!
アタマジラミの消毒殺菌は50度の温水に10分ほど付け置きするとよいそうです。

そして、清潔に暮らすことは健康にとても大切であると伝えたかったので、
衛生の日として基本的な手の洗い方、髪の毛の洗い方、体の洗い方、女性特有の健康管理などを共に学習しました。

日本人の幼少のころから家庭や学校で教わり、情報もいたるところから
得ることができる環境にいては、周知のことであったり、当たり前になっていることでも
アジアの女性は知りません。すでに成人の女性にいろいろお伝えするのもと思いながらも、一緒に実習していきました。

髪の洗い方♪まずはブラッシングです!
耳の後ろがポイントですよ~

よくすすいでください。
  
実習前後は座学です。
今の時間は女性のみ。
普段は強いて聞かなけば話しにくいことも、打ち明けてくれました。

「初めて知ることばかりです。」
「気持ち良かったです」という彼女たちの言葉からアジアの女性に環境のせいにするのではなく、
こういった情報を伝えることは重要だと知りました。


君ももちろん綺麗にね!
母国に戻っても、ケアを続けてくださいね。

<Reporetd by TOMIKO>

2014年11月8日土曜日

11月7日(金)松永氏 始動<大久保>

ベッドを解体
インドから来てくださった松永さん。体調も万全になられたそうで、
昨日は早速、1階の換気扇を新しくしてくださったり、日本人部屋のKABA子さんのベッド解体に着手してくださったり早速に働かれていらっしゃいます。こちらのベッドはDACC設立当初、皆さんの手によって手作りされたベットでしたが、少々老朽化してきてこの度交換。本日セダナJAPANから戻ってきたら、A館で使用していたベッドが組立られていました。いつものことながら、仕事が早いですね!

日本人が2名いるとなれば、日本語学習を希望する研修生。
松永さんは人に教えるのが上手。ミャンマーでも学生に人気の先生でした。DACCでは毎日(研修生は隔日で)午前中に90分授業を受け持ってくださることになりました。研修生は大喜び!


換気扇取り換え
日本語授業

どうぞよろしくお願いします。

満月の日。
敬虔なミャンモンさんは、
きれいにシャワーを浴びて身を清めてからからお供えものをし、
お祈りをするとのこと。


大きな満月でした。
サジーニさんは月を見上げて「カンボジアの方がスリランカより満月が綺麗です」とおっしゃっていました。

<Reported by TOMIKO>

11月5日(水)水祭りフェア♪<大久保>


カンボジアの水祭りが満月の日をはさんだ6日~8日まで開かれます。雨季から乾季に変わる豊かな大河の恵みに感謝する祭りと言われ、プノペンではボートレースが開催されたり、祭りの夜には電飾された浮船を流し、アンボックというお供え用の菓子を捧げて、月への敬礼と、メコン川とサップ川に感謝を表す儀式が執り行われるそうです。カンボジアの最大の年中行事とのことです。(Wikipedia参照)
普段は外国人の観光客が多いショッピングモールも今日はカンボジア人でいっぱい。


大通りに面した一角にはオブジェができて、どこも渋滞。ちょっと郵便局に用事があったのですが、進まず断念。こんな日に事故にあってはたまらないと、買い物だけすませて、帰ってきました。


私たちも
 その水祭りにちなんで、「水祭りフェア♪」を始めました。


11月3日~7日まで

必死の呼び込みに男性客2名来店!


お客様がお客様を呼び~


スリランカから来たたくさんのT-シャツと日本のタオル、歯ブラシ5本セット、石鹸小、ブラシ、ボールペン、かみそりが入ってなんと1.5ドルの破格値です。この5日間限定!反応はいかがかな?
特別セット♪
出番待ち在庫
最近は開店時間が短いせいもあって、来客数は少なく、近所の子供たちが専ら。全体的にとても価格を落としていますが、なかなか購入には至らず。
皆様が集めてくださり、運んでくださった物品もまだまだあって、
未整理で手つかずの箱もあります。
開店当初は歯ブラシ1本、石鹸小、ブラシ1本などのアメニティ雑貨のセットや軍手に人気があったのですが、最近は女性は特に美容系。日焼け止めや美白クリームに関心が高いです。ミャンマーのタナカもリピーターがつきました。日本の石鹸も良さがわかりやすいので、お勧めしやすいです。男性は電化製品を求める方が多く、パソコンやデジカメ、i-phoneはよく尋ねられます。店舗の外に設置してある、ソーラー電気も魅かれるようです。今
は電化製品は品薄。今ある商品をがんばります。

 
<Reported by TOMIKO>

2014年11月4日火曜日

11月3日(月)松永さん DACCにご登場!!<大久保>

セダナJAPANから帰ってきたら、あらまぁ、C館のダイニングに
松永さんがいらっしゃるではありませんか!!

松永さんは10月にスリランカへ「車いすを届けようプロジェクト」に参加され、その後、お一人でインドに渡り、カンボジアに来てくださるとは聞いていたものの。。。

突然のご登場に慌ててA館の清掃開始です。
驚きましたが、松永さんの来館はみんなが嬉しいです!格さんも大好きな松永さんが戻ってきてくださり、興奮冷めやらず、飛び掛かりの喜びを見せていました。


全力で飛び掛かり!!

A館に行こうとする松永さんを離しません!

夜は暗くてわかりづらいと思うので、明日明るくなって、松永さんが施してくださった土壌改良の成果を見ていただけることが楽しみです。

バナナ、マンゴー、パパイヤ、モリンガ、雑草。。
大きく成長しました!!

これから、また半年?どうぞよろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>

11月1日(土)バンテイアスレイ実習ファームへ<大久保>

今日は朝から快晴。暑ーい!!実習ファームへ訪問日よりですね?!^^
スーライさんとサジーニさんと一緒に行って参りました。


バンテイアスレイへの道は、舗装されていない道路が続きます。最後の約1kmは尚更。
初めて訪ねるサジーニさんはでこぼこの大きな水たまりを目にして、トュクトュクが傾き、体が落ちそうになるごとに。
「『サファリ』みたいです」と興奮されていました。
(safari:帰って辞書で調べてみると 狩猟旅行、探検隊、冒険旅行。
彼女の言葉は冒険旅行という意味ですかね?!)

管理人さんご一家は元気そうで、11月16日前後3日間はプノンペンに息子の結婚式に出席するために不在にする」と嬉しそうに話されていました。

今月も作物ができているのであれば、購入させていただこうと米袋を持参しましたが、先月までで、なすびも収穫時期が終わり、とうがらしも少なかったです。

みんなでファーム清掃後、管理料とお米50kg、衣類、衛生品、文具をお渡しさせていただき、後にしました。

なすび収穫

息子の結婚式を嬉しそうに話してくださるお母さん
タナカの木は前回と大きさは変わらず・・・

A館の親株ですが、A館の方が元気に見えました。



ニームの木はこんなにモリモリと!
清掃活動
気づいたらパパイヤまで入れてくださっていました。


<Reported by TOMIKO>

10月31日(金)どの時間も日本語学習実践<大久保>

報告会を始めました。日本語で発表です。
今、滞在されている2名の研修生は、日本語を勉強することにとても意欲的です。スリランカの研修生は、12月にN4(日本語能力検定試験)を受験するため、日本人が2名体制の時は、午前90分間、午後90分間、1日180分間勉強していました。しかし、私一人になってからは、午前中はミャンマーの研修生の学習がありますので、1日180分間の学習は到底できません。が、勉強がしたいんですね。「もっと時間をくれませんか」と言ってこられます。

どうしても、勉強となると教科書と勉強机があって学ぶ時間のみを考えてしまう。わかりますよー。
でも、座学だけでは、日本語を話すことは上手になりません。

「どうして日本語を勉強したいですか?」と尋ねたら、

「ガイドになりたいから」
「日本の会社で働きたいから」と返答があります。

だったら、
自分の勉強だけでなくて、お手伝いもした方がいいし、セダナJAPANで一緒に働くことが日本語の勉強になりますよと話します。

日本人と生活していると、何かにつけ細かいです。
挨拶の仕方。清掃の仕方。電気、水道の使い方。台所の使い方。食器を拭くタオル、手をふくタオル、机をふく台ふきん用途ごとに異なります。
洗うスポンジも食器用と鍋やフライパンでは違います。油料理をした後も、油を濾し器に入れた後は、キッチンペーパーでふいて、マイエンザにつけて洗います。そうしないと、配水管がすぐに詰まって洗濯場やシャワー場から水があふれ出してしまいます。おそらく、自国ではしないことばかり。
そういった、ひとつひとつ。

格さんの身の回りの清掃も然りです。動物ですから、おしっこもします。うんこもします。そして、どうしても毛がたくさん出ます。その都度気づいた人が交換したり清掃します。ちょっとでも、気を抜いたら、てきめん、股の部分に炎症を起こしていました。清潔を保たないと、格さん自身もそうですが、自分たち人間にも害が蒙ります。ダニがついたり、病気になったり。だから、するんですよ。と伝えます。

日本人と生活を共にしたアジア人は、どこで働いても重宝されるそうです。きっと、そういった細かいところに気づくからでしょう。

私は以前に、日本でセアロ師のプログラムでアジアの方と一緒に朝の清掃をしていました。その時に、セアロ師に「彼女の前でいい人をしないでください」と言われました。その時、彼女は床をふくのに、モップを探していました。けれど、私は雑巾を片手に持っていました。
それは、モップがよいとか雑巾がよいとかではなく、
「いつもの日本人がやっていることを見せてあげなさい」ということだったんだということが今になってよくわかります。

それは、彼女が自国の会社に勤めて、とても良い人材と喜ばれたと聞いて、遅いですが、腑に落ちました。

彼女は優秀な人でしたので、その上に、日本での体験や日本人との関わりから、心配りができたのではないかと想像が難くなかったからです。

自分が語学の勉強にしろ、清掃にしろできるわけではありません。だからこそ、私はここで一緒に学ぶのだという原点にいつも戻ります。

そして、せっかくDACCに来て日本語を学ばれるのですから、自国に戻っても、一緒に働いていいなぁと思ってもらえる人になってくれたら嬉しいなと思います。

感謝の心を忘れずハートあたたかく、元気に 笑顔で!

私は心を育みながらゆっくり精進です。

<Reported by TOMIKO>