2014年12月31日水曜日

12月30日(火)ベッドと自転車をお届け<大久保>

年内最終の大仕事。それは、バンテイアスレイ実習ファームの管理人さん一家にベッドと自転車をお届けすることです。月1回の訪問の予定の本日にそれは実行されました。

カンボジアの最近の気温は朝は低く、カンボジアでは寒いと呼ばれる季節となりました。日本人からいえば、涼しい。東北の方からいえば、涼しいのうちにも入らないかもしれない程度ですが。。。
ですが、カンボジア人にとっては寒く、きっと実習ファームで暮らされる管理人さん一家は厳しいはず。
今回の持参品は特に温まる品々を用意してお持ちさせていただきました。
管理料、米50kg、毛糸の手編み帽子4枚、毛布、蚊帳、長袖シャツ(大人用、子供用)、子供用サンダル、タオル、文具、衛生品(石鹸、歯ブラシ、顔そり)食品(干し魚、卵、豆乳、ミルク、お菓子など)そして、ベッドと自転車です。自転車は松永さんのメンテナンス済のものです。



1台にベッドと自転車を載せ、トュクトュク2台で行きました。トュクトュクでベッドが運べるなんて素晴らしいと思いきや、思いっきり、道中の砂にはまって押して参りましたけれど。




 皆さまから集めていただいたセダナJAPANの品々だけでなく、途中の市場でも買い足しました。




いつも裸足の彼女。新しいサンダルに大喜び!!


やっと到着したら、さぁ、次はベッドの組み立て開始です。まずは、置き場所の掃き掃除。といっても、砂の上ですからね。
掃き進めていると、ところどころ蟻の大群があったりなんかして。。。はたまた、壁はトタンで、穴が空いていて光がさしています。ということは風がビュービュー。過酷です。。。



松永さんが陣頭指揮をとってくださいます。




トュクトュクのドライバーさん。私たちと一緒に行動するドライバーさんは共に協働する働き手。思いっきり手伝ってもらいますし、結構有無を言わさず?!やってもらいます。彼はすぐにインパクトの使い方もマスターしていました。そして、途中、お腹が減ってどうしようもないと訴えてきましたが、帰り際には今日の出来事がとっても楽しかったようで、「とても楽しかった。また呼んでほしい」と言っていたそうです。


管理人さんにも松永さんより直接ご指導です。

一方で、ベッド作りが終盤に近づくころ、私たちは、持参品をお渡ししていきました。


こちらは、先日日本に帰国した時に、受け取った手編みの帽子。お母さんの頭に入ったようで、喜ばれていました。子供のかぶっている帽子は昨年ミャンマー奉仕の旅の時に、孤児院の子供たちに届けようと有志の方々が手編みされたお帽子です。とてもかわいかったです。

はじめて、約3時間。思いの他、時間がかかりましたが、無事完成!!
これで、ぐっすり眠っていただければいいな。温かく年を越していただけれたら嬉しいです。
任務完了。
けれど、はじめて家の中をずいぶんと入らせていただくことで、たたずまいがまる見え。次回はトタンやござ、また、床を砂から、セメントを流してはどうかなど、話合いながら帰ってきました。



こちらにもKABA子さんからお話は聞いていましたが、子犬が大きくなっていました。こちらはチビから可愛いお顔をして。。 うちの番犬さんは朝から置いていかれると思って、必死に吠え、吠えたあとはすねていました。。





今年も早いもので残すところあと、1日となりました。
松永さん、KABA子さんと一緒に年を越させていただくのも、4年連続。
今年も日本、アメリカとたくさんのご声援とご協力をありがとうございました。おかげでさまで、ミャンマーのミャンモンさんも含めDACCメンバー元気に年が越せそうです。
皆さまも良いお年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

<Reported by TOMIKO>

2014年12月29日月曜日

12月28日(日)スーツケース大人気!!<大久保>

こちらの3個、2家族の方がお買い上げ♪毎度ありがとうございます!!
DACCに戻ってきてから、瞬く間に月日が・・・
時間が経つのは早いのはどこにいても同じですね。
掃除、洗濯、食事、センターの清掃、格さんの身の回り、日本との連絡、縫製プロジェクトとの関わり、報告会などと1日があっという間に過ぎていきます。
毎日開店することを目指していたセダナJAPANも、連日夕方の1~2時間の開店ではお客様がめっぽう減って、いよいよどうしよーという日々でした。
電化製品はほとんどなく、子どもの衣類も少なくなり、購買意欲がそそられないか・・・

そんな様子を感じてか、「遠くの親戚より近くの他人」とやらで、頼りになるのはもっぱら、隣人や大家さん。
お店をぶらりとのぞいては、チャーハンを1杯分頼んでくださったり、缶ジュースを買ってくださったり。。。
大家さんに至っては、こないだ買ったばかりのボールペンを「ボールペンは失くしやすいんだよね~」と言って、昨日もまた新たに5本も購入してくださいました。泣かすな~

「さぁ どうすべか」と思っていたところ、朗報が!!
「日本からボランティアの方々が見つかり、スーツケースを運んでくださることに。さらに、そのスーツケースの中に物資をたくさん詰め込んで!」というありがたーいお話でした。
ということで、今DACCにある使用をあまりしていなかったスーツケースもセダナJAPANで商品に。

早速、本日、4個のスーツケースを展示したところ、
4個中3個御嫁入しましたよ!!
開店と同時ぐらいにお客さまがやって来られ、スーツケースの袋を開ける暇もないぐらいに、見たいと主張。1ドルの値引きは許し、交渉成立。
そうしたところ、いつもお世話になっている向かいの万屋さんも来店購入。
スーツケース大人気です。

カンボジアではスーツケースは収納ケースのように使用したり、赤ちゃん、子どものベット代わりも使用するようです。ですから、少々傷があっても、コマが回らなかったとしても問題なしなのです。

だって、私たちのスーツケース、他のものと見分けがつきやすいように、全体に
大きくマジックで「CEALO」と書かれているのですが、
そのことには一切気にならないようで、実用性のチェックを念入りにされていました。

カンボジア人がスーツケースを好み、需要があったとしても、スーツケースは重量が重く、
日本からの物資輸送は往来するスタッフやボランティアの方々の渡航時に、飛行機の受託荷物の重量範囲内で運搬しているのが現状なので、どうしても、必需品リストの上位にはあがらず、次回まわしにされていました。

今セダナJAPANには小さい石鹸と、小さいシャンプーがたくさんあります。
明日からは勝手に?!衛生週間。
まずは手洗い励行と美顔になるための洗顔料売り出していきます。

飲み物はたくさんココアをいただきましたので、低価格で
『iced chocolate』の販売です。
カンボジアの子供たちは好きかな?

さぁ 呼び込みがんばるぞー!!

<Reported by TOMIKO>

2014年12月20日土曜日

12月19日(金)カンボジアに帰ったら今度はDACCでご報告<大久保>


この方はなんと!雪降る北海道で蚊帳をご協力くださいました!!


12月1日から17日まで、平和を願いセアロ師をお招きされた国内プログラムに同時に開催される、チャリティ展示会に参加させていただくため、一時帰国していました。

南は佐賀から石川の拠点を経て、北は北海道まで旅してきました。
出発前から亜熱帯のカンボジアから冬の日本に渡るため、
防寒具をはじめ、皆様からたくさんのお心づかいを頂戴しました。
ありがとうございました。

1年ぶりの国内プログラムにドギマギしつつも、集まる人が異なれば、毎回新しい体験であり、とても新鮮でした。
主催者さんの熱い思いはどこの場所でも変わらず、そこに共鳴したスタッフが
自ら主体的に働かれる姿は美しく、とても力づけられ、嬉しい気持ちが湧き上がりました。

自立を目指すミャンマー縫製プロジェクト、
カンボジアの手織りシルク村の女性たちの雇用促進の応援ご協力も、たくさんいただきました。

皆さま本当にありがとうございました。

日本で得た体験や様子を次は、DACCに戻り、アジアの女性に伝えます。早速に、いつも変わらずミシンを踏んで頑張られているミャンマーのお二人に、今回のお話を写真を見ていただきながらご報告しました。

すでにカンボジアに来てくださったり、ミャンマーに行かれ、出会われた方がいらっしゃると話も盛り上がります。

彼女たちが手がけた作品が日本に渡って、日本の皆さまに喜ばれていたり、素敵に着こなされている姿を見ることが、彼女たちの日々のモチベーションを高め、作る喜びにダイレクトにつながる嬉しい瞬間だと感じます。今回も「良かったです!」と、とても明るい笑顔で話されていらっしゃいました。

●福山拠点
福山拠点での片山ことくまさん 一日中働かれています

刈り取られた田んぼ(早朝)↓:今年1年ありがとうございました。新心米のご協力をありがとうございました!!もっちもっちして美味しいですよね~♪

畑:ここにも唐辛子が!!真っ赤だ



 ●石川拠点
空いた時間をみつけては通ってご奉仕される石川の方々
梱包上手な善さん
こちらは「THE ゴミの分別」: 是非ともアジアの人に伝えたくて写真をバシャバシャ撮らせていただきました!
皆さんが当たり前のように行動される。素晴らしいことですよね~
●佐賀プログラム (12月5日~7日)

美しくディスプレイ♪
夜中の2時:セダナJAPANのご奉仕依頼。なのにこの笑顔?!
   
アジアの女性のお話を聞いて、連日来てくださいました!佐賀の美しい登美さんです。
●札幌プログラム (12月13日~15日)


スタッフが丁寧に勧めてくださいました。
佐賀で手作りした座布団は札幌で御嫁入♪


●バザー(チャリティ展示会に向けて全国から寄せられたバザーの品々)


↑羊さん 来年の干支ですね。コットンで作られていてふわふわでした。

神奈川から北海道へ心温まる手作りクッキー
佐賀の地元の本職の方から

↑DACCで育ったモリンガ茶&モリンガの種もすべてご協力いただきました。お心をありがとうございます。特に種がすこぶる人気でした~

最後は雪の札幌。帰りの車中からしか写すことができませんでしたが・・・



皆さま たくさんの出会いをありがとうございました!!
カンボジアでも励みます。(DACCに戻ったら、チューチュー騒動で、メンバー全員疲労困憊気味?!で。。すぐにカンボジア生活の始まりです^^;)
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

<Reported by TOMIKO>



2014年12月18日木曜日

12月17日(水)ついに発見!!!<船津>

ネズミ騒動が始まって以来、C館館内の大掃除、整理を実施中のDACC。
ついにみつけました!!!!原因は、これか~~~

ここに静かに潜んでいたネズミも格さんが捕獲してくれました。
2階から3階に上がる階段下が物置場になっていますが、どんどん空き箱やあまり使わないけど捨てられない荷物がたまり、階段下に入るのも大変な有り様に。荷物を全部出してみると、すっかりそこがネズミの巣になっていました(涙)

ビニール袋やらゴミやらなんやらここに運びこんでいたのですね。。。
ここに手をつけたのはたぶん1年前?くらいになるので、けっこう長い間住み着いていたのかもしれません。恐ろしや~~。

日本では、実家には猫がいて、ネズミを見たことがありませんでしたが、カンボジアに来て、セダナでもDACCでもよくネズミの被害に合うようになりました。インスタントラーメンや調味料も冷蔵庫に入れ食べ物類は、外に置かないようにしています。

そうするとですね。。。ここのネズミは、石鹸やパラゾールまで食べちゃうんですねーー。固いプラケースに入れたお米も何度もセダナでは被害に合い、セダナはお米も油も全部冷蔵庫に入れています。

以前、ネズミの怖さを知らず、手にビニール袋を巻いて捕まえようとしたときに、ウィンさんに速攻で止められました。(え~この時は、トイレの便器のなかにネズミが落ちておりました…)

「KABA子さん。ネズミの歯はすごいです。私でも生きているネズミは怖くて、手では絶対できません」

小さいハムスターくらいのサイズのネズミなので、そんな感覚でいた私がとってもとっても無知でした。知らないって怖いですね…。それから、色々ネットで調べて、ネズミの本当の怖さを知りました。

今日は、まずは古い段ボールをできるだけプラケースに入替えて整理するため、市場にプラケースを大量に買いにいきました。

買ってきたケースを拭き拭き。まだまだ余裕の表情です。
それから、縫製プロジェクトメンバーの二人も参戦していざ、階段下収納と棚の整理開始。
荷物を運び出すスーライさん。まだまだ笑顔ですね~
出てくるは出てくるは~荷物の数々。。。踊り場では置ききれなくて、3階に上がる階段まで埋め尽くしてしまいました。
おおお、荷物が多すぎて、ミャンモンさんが見えない~~
ねずみのおしっこの臭いや糞の入っている段ボールはすべて破棄。時間がかかっても1個1個丁寧に、中身を確認、整理を行いました。今日も、セダナはお休み。

荷物を出した棚は、きれいに掃除してハイターで消毒
時計を見上げると気付けば夜7時をとっくに回っておりました。

集中し出すと、つい時間を忘れてしまう癖があり、長いこと休憩もなしにお二人を付き合わせてしまいました。(ごめんなさい)後は一人でやれるので大丈夫です。どうもありがとうございました。そして、いったん解散。
整理前
整理後
階段下にもスムーズに行けるようになりました。
ミャンモンさんは、その後皆さんの為に夕飯づくり。スーライさんは出たゴミの片づけ。そしてわたしは棚の整理の続き。皆さん結局夕飯まで休憩なしで、9時半全員そろって夕飯となりました。

ミャンモンさんの美味しい手料理のおかげで、皆な元気を取り戻しおいしくモリモリ(え~いつものことですが)頂きました。

まだ、今日では終わりませんでしたが、だいぶすっきりしました。

ここが終わると、今度はミシン部屋と台所の整理整頓に着手したいと思います。きれいにどこも片づけて、新年を迎えられますように…

(reported by KABAKO)






2014年12月17日水曜日

12月14日(日)○○ミ騒動は明日も続く?<船津>

実は昨晩は、○○ミがカサカサ、チューチューなく声で、ほとんど眠れませんでした。大きな音がしても起きないというKABA寝の私ですが、さすがに寝る前から音がすると眠れません。。

電気を消すとガサガサ、チューチュー。どこにいるのか探しても見つからず、また電気を消してしばらくするとガサゴソガサゴソ…その繰り返し。。もう、いいかげんにしなさ~いと。。。
そのままベッドから起き上がり、明日は全部部屋のものを出して大掃除をすることを泣く泣く決断。

掃除は毎日してるんですよ~~いちおう。でも、隅々は目をつむっていました(涙)こまごました荷物が結構多いので、もっと整理をしないとなと思っていた矢先の出来事でした。

助っ人、スーライさんも、私も手伝いますとお部屋に来てくれて、二人で、荷物を全部撤去しての大掃除を開始。
ベッドの下も隅々までハイター消毒。すみません、ここまでやったのはいつぶりか。。。かなり汚れてました。
昼食後2時から始めて、結局終わったのが6時半。
隅々までピッカピカになりました。
安眠確保のため、今日は部屋の掃除を優先して、セダナもお休みさせて頂きました。水も飲まずに気が付いたら、4時間半が経過。どこにもいなかったね~結局。と

自分たちの部屋の中だけでこんなに荷物が。。。
はい!明日も荷物の整理を行います。
廊下に出したタンスを部屋の中に入れようとすると…
チョロチョロ(×2)タンスの下から出てきました。

あ~と慌ててタンスから手を放すと…
1匹目はタンスの下に。。。

「これで、安眠できるわ~。ありがとうス-ライさん!」とお礼を言ってホッとしたのはつかの間。

報告会を終えて食事を頂いて、部屋に戻ると。。。

「ぎょぎょぎょ、私たちの机の上に…い、いる~
 どこから入ってきたの?
 私と目が合って固まったままの○○ミの子ども…」

一旦出して掃除して戻した家具を、夜な夜なもう一度出して(汗)
今度は格さんと松永さんコンビが2匹目捕獲成功!!
格さんはベッドの下にもすばしっこく潜って、大活躍でした!!

番犬格さん。○○ミ駆除にも大活躍!館内巡回中。
皆さまありがとうございました。
日頃の掃除、整理整頓怠らずに行います。

日本も大掃除の季節ですね~~~!!!

DACCはいっつも掃除三昧のつもりで、まだまだまだまだ足りてないんですねーーー(すみません)明日も続けて館内の徹底掃除を行います。1日1部屋、1か所ずつ徹底的にやっていきます!

カンボジアはお正月気分はありませんが、日本の大掃除のつもりで、年内にはどこもきれいになったね~を目指します!!

(reported by KABAKO)


12月14日(日)まとめのテストの日<船津>

本日、日曜日は週に1回の日本語まとめのテストの実施日です。日本語と縫製を学んでいるスーライさん。サジーニさん帰国後も、同じペースで続けて日本語学習中です。

真剣にテストを受けるスーライさん
9月からDACCメンバーに加わった彼女も、早いもので3か月が経ちました。
今は、みんなの日本語の教材を使った授業が1日おきに90分、松永先生により漢字の授業や縫製に関する学習も行っています。

今週は23課まで終わったので、12月いっぱいで、25課まで初級Ⅰの教材1冊目が終わる予定です。日常会話も随分通じるようになってきました。

60分のテストは、毎週真剣モード。テストが始まった当初は緊張していたとか。テスト前夜は、いつもより早めにお部屋にこもって、自習されている様子です。

テストの結果は、100点満点中74点。よく頑張りました。来週は、登美子先生も帰って来られるし、また頑張りましょうね~!

午前中にテストが終え、そのまま答え合わせと説明を実施。

それから、実は、今日の午後は絶対にしなければいけないことを抱えている私。。。
長くなちゃいますので次に続く…

(reported by KABAKO)

12月13日(土)ありがたい日本製<船津>

今日は、セダナJAPANの常連様(日本人男性T様)からの連絡がありました。

「日本製のTシャツと日本の飴があるんだけど、セダナで使う?」

「いります。いります。」と私。

それから10分もしないうちにDACCまで原付で届けてくださいました。ありがとうございました。

日本に一時帰国されてたのかなと思いましたが、日本人のご友人がカンボジアに来られる際に持って来てもらって、おいておいてくださったとのこと。
(私が帰国したりで音信普通だったので、、)

セダナのことを気にかけてくださる日本人が、カンボジアにもいらっしゃることがありがたく思います。帰国されるたびに、石鹸やらタオルを届けてくださっています。

早速、セダナで値段付け。Tシャツもポロシャツも新品で日本製のタグ。

届けて頂いた日本からの品々。ポロシャツは人気アイテムです!

MADE IN JAPANのタグ

日本製のタグ

陳列するや、大家さんや通りがかりの人が見に来られてすぐに3枚売れました。
"MADE IN JAPAN"のタグがあるのとないのとでは大違いで、これを見ると皆さん安心されます。日本製はいいというのを実感されている方が多いのでしょうね!

カンボジアに来て、セダナがOPENして、タグをみるのが習慣になってしまいました。そういえば、日本にいるときは、あんまり気にしてなかったですね~。Tシャツもいろんな国のものが入ってきているんだと改めて思います。

今はTシャツは、だいたい1ドルくらいで販売していますが、今回は新品で日本製2.5ドルにしました。質のいい日本製は、カンボジア人にとても喜ばれます。セダナのお客様の層は、1日の収入が5ドル前後の方が多いみたいなので、2.5ドルは結構いいお値段なんです!

それから、日本の飴も子ども達に人気です!日本のものは、パッケージもかわいいし、やっぱり美味しいみたいですね~。
こちらはミルクパンとメモ帳のお買い上げ。いつもありがとう!!

ありがとうございました!

(reported by KABAKO)