2015年3月17日火曜日

3月16日(月)新)縫製作品続々と~<船津>

研修が始まる前は、ミャンモンさんおひとりでDACCで縫製に励まれていましたが、まるこさん、エーエーさんが研修でDACCに来られて、現在は3人で縫製に取り組まれています。
まるこさんは、しばらく会っていなかったミャンモンさんの日本語の上達にびっくりの様子。

最近のDACCでは、ミャンモンさんの話される言葉は、ミャンマー語でも、日本語でもなく、その名も「ミャンモン語(笑)」と呼んでいます。

一緒に共同生活をさせて頂いて2年半。勝さん、ティンティンさん、まるこさんたちがいらっしゃるときは通訳をお願いすることもありますが、ミャンモンさんと日本人だけになるときは、ミャンマー語と日本語を交えて、お互いに頭を抱えながらも、それでもなんとか協力しあいながらコミュニケーションをはかっていました。

「語学は恥ずかしがっては上達しない」と今日も亜弥迦さんからご指導を頂きましたが、本当にそうだなと思います。

どうしても伝えなければならない、相手が何を言っているかを理解しないといけない状況になると、これがまたお互いに必死。不思議と相手が何を言ってるかわかるし、伝わるんですね。

もちろん、それに甘んじてはいけないですが。。。(甘んじてクメール語の学習が止まっている私)

言葉って不思議だな~と思うことがあります。全然違う言葉を話すもの同士なのに、同じツボで大笑いできて^^V

今日もミャンモン語でみんなで大笑い。

そんなにぎやかなお三方も、朝から夜遅くまで、縫製にDACCのご奉仕に元気に励まれています。縫製の技術指導を受けながら、新しい作品も習得されていますよ~

色鮮やかなロンジー生地を使った「ふくさ」


3人で協力、分業して1点1点手作りふくさを仕上げられています。
あったら便利ですよね!かわいいですよ~♪

(reported by KABAKO)