2015年6月5日金曜日

6月4日(木)ファーム初収穫☆焼きとうもろこし<船津>

昨日、バンテアスレイで初収穫してきた大量のとうもろこし。
早速、鍋3つをフル稼働でじゃんじゃか茹でて、ゆでたてをミャンモンさんと試食させて頂きました。生のときは白いトウモロコシですが、茹でるとほんのり黄色になってもっちもち。

生のトウモロコシ
ゆでたてトウモロコシ

日本のあま~いスイートコーンをイメージすると、甘味は少なめですが、もちもち感が美味しい。ミャンモンさんも、マーケットで私が時々買ってくるトウモロコシよりずっと美味しいと言われていました。

なんとか少しでもDACCに来てくださる方にも召し上がっていただけないかと、
40本あまりは、手で芯から外して冷凍コーンにしました。
ひたすらコーン外し
母ちゃんが夜なべ~をして、、状態で
二人とも指が痛くなってしまいました。

冷凍して保存。なんか一粒一粒が愛おしく思えてきました!

************
そして、今日は、セダナJAPANで焼きとうもろこし!!!じゃんじゃん^^


茹でただけのとうもろこしは、カンボジアではよく売っていて、1本500リエル(約14円)マヨパンとおんなじ値段ですねー。

茹でただけでは、カンボジアの子どもたちにもうけないだろうと、

松永さんが置いて行ってくださった日本製七輪で焼きモロコシをしました!

『においでつろう大作戦!!!』
ジュージュー焦げるにおいがたまりませーん

七輪と炭、大鍋で茹でたトウモロコシをDACCからセダナに運び~

トウモロコシ用のたれは、日本の醤油、砂糖、粉唐辛子で作りました。お好みでマヨネーズつきに^^(カンボジア人は甘辛いのがお好き?)

たれをぬるはけも、なんとちょうどよいのが日本からDonationで届けて頂いており、

POPは、近所の子どもに手伝ってもらって、

呼び込みは、ご近所の奥さんがお手伝い。

『なんだとうもろこしか~』と残念そうなカンボジア人には…

美味しいよ~美味しいよ~、バンテアスレイからこの子がとってきたんだよーって
私が説明することもなく、ご近所のお母さんが伝えてくださいます。

そして、時間がかかる炭火は、お隣の焼き肉屋のパパさんに炭と七輪ごと持ってて火をつけて頂きました^^V
炭分けてもらってもいいですか?
と聞くと笑顔でいいよっておっしゃって
ちょうどよい塩梅にして七輪を返してくださいました。
ちなみにパパさんが来ているTシャツもセダナでご購入!

そうなんです。。。
夕方の開店から2~3時間勝負!!
到底一人ではできないのですが、ここでは、カンボジア人の皆さんがあれこれ、あれこれと手伝ってくださいます。(ありがたや~)

いつも子ども服をセダナで買いに来てくださる優しいパパさん
道を歩かれていたお母さん。初めてのご来店
おかげ様で、初めてのお客さんも立ち止まってくださり、暗くなるころに焼きトウモロコシ完売!

金額にしてみれば本当に本当に小さなお金ですが、ファームの管理人さんが頑張って作られたトウモロコシを、ご近所のカンボジア人の方たちに手伝って頂いて、カンボジア人のお客さんが笑顔で買っていってくださること…

しか~し、焼きとうもろこしのにおいが、一番うれしかったのは、間違いなく私自身ですねーきっと。カンボジア人には別に炭火の焦げるにおいも珍しくないし。。。
夏祭りの夜店で焼きトウモロコシの焦げるにおいがたまらなく好きで、(でも結構当時のお小遣いでは高くて。。。ちょっと奮発して大人になった気分で食べるのが美味しかったな~~なんて小学校の頃の夏の思い出^^

さて、明日は、登美子さんがDACCに帰還でーす!!

格さんもとうもろこし大好きな様子
前歯で上手に食べてました。

(reported by KABAKO)