2015年6月9日火曜日

6月8日(月)きっと、これは軽~く 洗礼?!<大久保>

登美子です。2日前にカンボジアに戻って参りました。
早々に、KABA子さんがバトンタッチで大役を担われ、ミャンマーに出張に向かわれました。

1日、2日過ぎ、大雨が降ろうが、ひっきりなしに床を拭くことになろうが、ゴミの清掃が多かろうが、センターの暮らしに驚くこともなく受け入れることができたのもつかの間。

今朝は早朝から3階の御仏間からミャンモンさんの緊急な声が!
「とみこさーん。ちょっときてください。とみこさーーーん」

慌てて行くと、床一面が水浸し。そして、なんと、水道蛇口がスポッと抜けている。
「なんで?」と笑うところではありませんが、ミャンモンさんの必死さと、この状況があまりにもDACCらしくてちょっと笑ってしまったら、ミャンモンさんも「すみませーん。」言いながら笑みが。
けれど、いえいえ、笑っている場合ではありません。
ぞうきんとバケツを取りに行き、対処を試みます。
いろんなことを取り急ぎはしますが、なかなか水は止まりません。パイプにホースの先を熱で溶かして封をしたものをかぶせ、それでやっと止まったかなと思ったら、今度はいつの間にか、下のパイプからも漏れています。。。あーあ。

その間、ミャンモンさんは3階の蛇口番、私は1階のモーター係。何かの処置をしては塩梅を尋ねるために、3階まで駆け上がります。
大きな声を出しても、日本語が通じないこともあり、毎回、傍まで行って確認。
何回も何回も行き来しました。息があがりますが、隣でも息があがる音がします。そうです。格さんも私が往復するたびに一緒に走ります。彼もこの事態になんとかせねばと思っているのでしょう。

新しいものと交換。
大家さんに電話しても、「忙しいから」と朝は断られもしましたが、何度も連絡したところ、夕方に来てくださいました。

蛇口交換後も床が水浸し。タイルのすごいところはほうきとちりとりで水がすくえるのです。
そして、蛇口を新しいものに換え(もちろん買いに走りましたよ)、緊急処置をしていただきました。なんとか床も拭き終り終了。
あー良かった。

それから、格さんの散歩を済ませ、開店時間1時間ぐらいでしたが、セダナJAPANに出勤しました。すると、今日は大繁盛!!
一通りお店の状態にするのに精一杯で、到着したばかりの品々は値札やパッケージもままならず陳列していました。ですから、説明が大事なのですが、いきなり、女子高生4人組来店。バイチャー4人前。
高校生4人組。毎度ありがとうございます。
んー二人分しかご飯もないし。。。「2人前でどう?」と言ってみるも、
「4人前で!」との強気なオーダーに、DACCに連絡してみましたが、残念。つながらず。
センターに走ってご飯を取りに帰りました。
これもDACCらしいよなぁ。

それから、人が人を呼び、テンテコマイになっていると、ミャンモンさんが助けに来てくださいました。
きっと、血相を変えて、ご飯を取りに行った私を察してくださったのでしょう。ありがとうございます。ミャンモンさん。
そして、最終は昨日の売り上げの35倍。って昨日がいくらやったの?!という話ですが70$近くになっていました。(笑)
下着フェア♪日本の某メーカーさまがご協力くださいました。良質!!カンボジアに奥様方にどうぞ♪
今日は日本の鋸の良さを知った方が姉妹を連れてきてくださったり、
隣近所の方々がいつも購入してくださっているのに、今日も買ってくださったり、久しぶりに開いていたから立ち寄ったと本当に地元の皆さんに助けられているなと思います。

「7月8月になったら、日本人がたくさん来て、良いものをいっぱい持ってきてくれるから」と告知していますので、8月リトリートに来てくださる皆様、どうぞ運搬のご協力をよろしくお願いします。

明日は、KABA子さんが戻られます。KABA子さんも出張先で大奮闘されていた様子。この数か月も非常に内容の濃い日々だったのだと思います。
お疲れ様です。ありがとうございます!

あぁ 明日は明日のミッションを遂行できますように。

カンボジア生活 満喫するぞ!!??!!
どうぞよろしくお願いします。


<Reported by TOMIKO>