2015年12月21日月曜日

12月20日一箇所ずつ改善<大久保>

セダナJAPANに集められた日本からの物資。
地元の皆さんに喜んで頂くために、店頭に並べていましたが、店を開ける時間もとれない状況も続き、追いつかないほどの量になってきました。ねずみなどの被害も甚だしく、できるだけ良い状態で喜んで頂けるところに届かないかと思案する毎日。

そうして、この度はカンボジアの地元NGOの支援物資配布事業に役立てて頂くことにしました。
まずは、歯ブラシ200、ヘアブラシ200、石鹸30、子供用T-シャツ20、子供用パンツ15がプノンペンにお嫁入りです。
先日、金子さん夫妻のご協力の下で10個ずつに束ねていますから、いたって簡単。また、シェムリアップでも候補地があるとのこと。こちらは一つの袋に物品を一つずつ入れてほしいと要望があり、アメニティ雑貨を中心に100セット作る予定でいます。
このようなセットにしようかなと検討中
まだまだ出番待ちの物資はありますが、一つずつ解決していくことの心地良さ。。。

一方で、C館の台所。
人数にも変化があり、気になってはいたものの、なかなか手が行き届かなかったところも、洋子さんが来てくださったことで、どんどん手が加わり、アイデアと工夫で使い勝手が良い場所へと改善中です。
松永さんの出番
こんな風に変身!
洋子さんの工夫。ペットボトルを活かして埃もつかず衛生的!素晴らしい!!
これまた嬉しいですね!
一人ではできないことも、みんながいてくださるとこんなに早く上手にできる。
スムーズに行くと本当に嬉しい!!
だけど、スムーズにいっても、いかなくても、平静に。。。というのが私の課題のひとつでもあります。

けれど!やっぱりいいですよね~。解決が早いのは^^


<Reported by TOMIKO>