2015年6月27日土曜日

6月27日(金)レモングラスエッセンスがDACCで作れたら!<大久保>

「レモングラスエッセンスがDACCで作れたら!」と、日本で一度、圧力鍋を使用して、水蒸気蒸留法で試してみました。その時は試料100g 水1L 約3時間。その結果は油は一切採れず、レモングラスウォーターが約50mlほど抽出できました。
圧力鍋使用(これで50ml採れたのに・・・)
本日はDACCで、試料200g 水3Lで実験してみました。
結果は約3時間で、油なし。約30mlしかウォーターも採ることができませんでした。
試料200g

じゃーん!! 水蒸気蒸留装置inDACC
①温められた蒸気を

②冷やし、
③液体化して集める(いたって簡単!)
約30ml なんで~?
さらに残念なのは、日本で抽出できたウォーターはとても香りが良かったのに対し、今回は香りがほとんどなく、草の香りに近い。。。その原因はいったいなんだ?!

・・・おそらく、考えられるに、水。
カンボジアのミネラルウォーターを使用したのですが、きっと、硬度が高いのではと思います。レモングラスティの試飲をしたときも、味も香りも少なく、日本で紹介するときに、「煮出してください」と説明書も書き換えたことがあったのですが、日本からの反応は、「煮出さなくても十分においしい」とのことでした。また、上等のだしを使用しても風味やうまみが出にくく感じます。。。

そして、定量が少なかったのは・・・
原因その1:蒸気が集められなかった。
      熱でフタとチューブが外れやすかった。
      そして、なんと、フタとなべが密着しておらず、鍋の縁から蒸気が漏れていた。
      (日本製やのに。。。)
なぜに、フタをしているのに、端から蒸気が?と思ったら、フタがしまらないのです!!
堪忍してくれ~と思いながら、テープで閉じる

原因その2:冷却ができていなかった。
        大いに考えられますが、保冷剤を敷き詰めたんですけれどね。。。
      

この他、改善できる方法も思い浮かび、装置も変え、後3回ぐらい試してみようと思います。

一方で、ハーブチンキや浸出油(INFUSED OIL)という手もあり、実験してみます。
また、報告します。


<Reported by TOMIKO>


6月26日(金)雨期の実習ファーム<大久保>

毎日、雨が降らない日はなくなり、時折、暴風雨が激しく轟くようになってきました。

今日は、実習ファームへ定期的訪問と8月の奉仕リトリートの準備も兼ねてKABA子さんと行って参りました。

到着早々に目についた変化はトタン屋根の上にソーラー電気が設置されていました。月6ドル 2年間の支払いだそうです。すぐに家の中を見せに連れていかれ、大変うれしそうに、電気生活を披露してくださいました。

高くそびえたつアンテナ
そして、家の中から出てこらられたお母さんと次女さんは頭をまるめられている!
そういえば、カンボジアでは故人の近親者は剃髪されると聞いたことがあり、よくよくお話を伺うと3日前におばあさんを亡くされたとのこと。喪に服されていました。

 一方、植物は先月の大収穫とは異なり、マンゴー、トウモロコシは時期が終わったようです。

2月に植えた里芋は少々、葉に元気がないような・・・
ちょっとジャングル化か

2株植えたタナカは一つは順調に成長。ひとつは小さく遅いようですね。。。
 


レモングラスを2株ほど収穫させていただき、8月は日本人がたくさんやってくるとお話すると、「綺麗にしておきます」とおっしゃっていました。

本日は管理料の他、米50kg、油、砂糖、塩、魚缶、ミルク、豆乳、栄養剤、お菓子、洗剤などをお渡しさせていただきました。


<Reported by TOMIKO>

2015年6月22日月曜日

6月21日(日)セダナJAPAN・2周年祭!!<船津>



先月末にOPENからおかげ様で丸2年を迎えたセダナJAPAN。
今日は、DACCに戻ってこられた登美子さんと二人で2周年祭を開催しました。

開店準備中の登美子さん
連日のDACCでの業務も何かとバタバタで、天候も不安定。
事前準備が思うようにできませんでしたが、
それでも今日になって近所の方に呼び込みに行くと、3時の開店から6時の閉店までの3時間で、のべ100人程のお客様が来店してくださいました。









2周年祭の特別企画としまして、子どもたちを対象に歯ブラシ講習を実施し、17人の近所の子供たちが参加。まずは、セダナJAPANに集めて頂いた歯ブラシを1本ずつ配布し、いつも通りの歯磨きをしてもらいました。
自分で磨いてみましょう~
もう終わりですか?というくらい早いうえに、
小学校低学年の子たちは、新しい歯ブラシがうれしくて力が入りすぎたのか、いつもそうなのか、わかりませんが。。。みんな歯茎から流血するほど力を入れて磨いていました。磨いている歯は、前歯をチョコチョコっと。

その後、数名の子どもたちをモデルに、歯を磨きながら磨き方を伝えさせて頂きました。
力を入れずにゆっくりと
順番に丁寧に1本ずつ磨いてね
参加の子どもたちは、乳歯から永久歯にちょうど生え変わっている途中の子が多かったですが、口の中は虫歯だらけ。3人の子どもの歯を磨かせてもらいましたが、虫歯のない子は一人もいません。また虫歯も治療してなくそのまま放置。歯がほとんど虫に食われて前歯以外ほとんど残っていない子どももいました。甘いものが大好きな子どもたちですが、口の中は想像以上。痛みを感じないのかなというくらいの状況でした。

プレゼントの衛生セット
日本の小学校では、学校に歯医者さんが来てくださって歯科検診がありますが、いつも虫歯があり、紙をもらって歯医者に行くのが子どもの頃はすごく嫌でしたけど。。。
本当にありがたい日本の取り組みだったんだなと改めて思いました。

講習終了後は、周りのゴミ拾いを最後まで残って手伝いをした12名の子どもに衛生セット(タオル1枚、歯ブラシ2本、石鹸1個、シャンプー1本、ブラシ1本)をプレゼントさせて頂きました。


また今日は、2周年のスペシャルデーということで、日本から届けて頂いたタオルや衣類も特別価格でご提供させて頂きました。子ども服やタオル、下着類は大人気で、喜んでお買い物を楽しまれていました。
近所のお母さんたち。新しい子ども服をお買い求め
お父さんたちには、雨合羽やタオルが人気
通りがかられたお母さんたちは日本製の下着を
それから、今年3月に福山拠点で開催された「女性限定・まなびの時間」にご参加くださったみなさまがワークで手作りしてくださったTシャツからリメイクされたスカートもお披露目。
どれにしようかな~
これにお決まり^^
ばったばたの3時間でしたが、登美子さんと共に日本で応援くださる皆さまを感じながら、2周年祭も無事に終了しました。幸い今日は、強風でしたが雨が降らなくてよかったです。
2周年(ピーチュナム)^^V
歯磨き講習の後は大好きなジャムパン。
今日はいつもよりジャム多め^^
ちゃんと歯磨いてくださいねー!
閉店後、DACCに戻り、登美子さんと今日の気づきをシェアしました。(水分補給をしやや放心状態の二人)

安いときだけ来て、買ってくれる人たちはどうなんだろう。。。
いつもの営業はどうしていこうか。。
今日みたいなのがあると、昨日までのはなんだったんだ。
安ければお客さん来るし。。
啓蒙のためにやっているけどできているかな。。
本当はパッケージもきれいにしたものををご提供したいけど、OP袋が土ホコリで汚いものもそのままになっていて業務が追いついていない。
汚いOP袋というのもどこまではOK?長く陳列しているものは品質も心配。
そもそも汚いというのも日本人の価値観で、カンボジア人には気にならないのかもしれない。

登美子さんとお互い色々感じるところがありました。

天気が悪かろうが、目新しい商品がほとんどないときでも、これまでお店を開けて一人もお客さんが来られなかった日は奇跡的に1日もありません。
お店を開けてもお客さんが数人という日も多々ありますが、お店を開けると誰かが来てくださる。

時に、何のためにやっているのか、頭が働いてわからなくなるときがあります。
カンボジア人にいい日本製品を安くご提供して喜んで頂く店を目指していますが、
本当のところは日本人のためにやっている。。。
そう私たち自身のために。。。
しばし静かに自分の心と向き合い、二人で再確認できました。

3年目のセダナJAPAN、登美子さんと共に地道に頑張っていきたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
いつでもご奉仕大歓迎です!

いつも応援をありがとうございます。

(reported by KABAKO)

2015年6月19日金曜日

6月18日(木)こんなものまで!<大久保>

セダナJAPANでは、売れないものはないと思っていますが、今日はこちらのバッグが売れました!


見覚えがある方はガユーナ・セアロ師のプログラムなどの準備や片付けをされたことがある方でしょう。

答えは長年、活動紹介のパネルを入れていた箱の外側の袋でした。それが、最後のお役目として、セダナJAPANにやってきて、店頭に並んでいました。

そして、今日売れました^^

タオル1枚と同じ価格をつけたものの、おまけとして差し上げたい衝動をぐっと抑え、買っていただきました。

本当になんでも商品になるお店ですね~。明日からプノンペンへ行かれるとのこと。たくさんの荷物を入れたいそうです。ありがとうございました!!


<Reported by TOMIKO>

6月17日(水)マイペースにコツコツと<大久保>

DACCで休むことなくミシンを踏み続けられるミャンマー縫製プロジェクトのミャンモンさん。

朝を起きて館内の清掃後、御仏間でお祈りをされ、ミシンに向かわれます。昼になるとみんなの分の昼食を作ってふるまってくださいます。

今は専ら「手帳カバー」作成に取り組み中。

こちらはガユーナ・セアロ師が毎月満月の日にメッセージをくださる満月瞑想会10周年を祝し、セアロ師の満月瞑想メッセージ集が出されることになり、そのメッセージ集のカバーをミャンマー縫製プロジェクトが手がけられています。

        満月瞑想メッセージ 手帳カバー
開くと中心にカード入れともう片方にもスケジュール帳が入ります

104枚まで完成されたそうです。5月の始めは1日2~3枚しか作ることができないと聞いていましたが、今では1日に5~6枚作ることができるようになったそうです。
作られるときも何回も何回も手帳見本を出し入れしては大きさを確認されて、ひとつひとつ心を込めて作られています。今日は完成された手帳の検品。
またこちらもひとつひとつ丁寧に確認していきます。集中すること約2時間。お手元に届いた皆さんに喜んでいただけますように。


<Reported by TOMIKO>

2015年6月17日水曜日

6月16日(木)ベッド組立 <大久保>

8月にガユーナ・セアロ師をお迎えする奉仕リトリートが開催されます。
参加者の皆さんの宿泊先の準備として、セダナJAPANの2階のお部屋にベッドを運び入れようと考えています。1階の教室から、今はバラバラにしているベッドを組み立てて。

実習ファームでも組み立てましたが、それは松永さんもカンボジア人の青年もいました。その時の手作りのベッドと違い、既成のベッドなので、難易度は低くなるものの、自分たちでできるかな?!

なので、案としては、カンボジア人と一緒に作業することを想定していましたが、KABA子さんのお話では皆さん今は忙しいとのこと。「松永さんがいらっしゃったら・・・、松永さーーん」と心のつぶやきをそっと押しこめ、「それでは、一度二人でやってみますか!やってみてだめだったら、人を雇おう!」と言って始めました。
荷卸し
セット確認をして揃ったものを2階へ
まずはベッドの構造から確認。ところどころ、ベッドに印や番号がふっています。それが消えてしまうんですね。だけどなんとか頼りにして、セット。2階に運び入れます。まぁ、この時期ですから、停電もあれば、雨が降ってきます。出したばかりのベッドが濡れる。早くしなきゃと思っても重い。。。
停電・雨
はめ込んだ後はナット締め
雨なのか、汗なのか、全身濡らしながら、ただ2階との往復。「滑らないようにね~」と言いあいながら、互いにすごい格好しているので、それ以上は見て見ぬふり。
そうして、力を合わせて運びだし、組み立てていきました。途中、サイズがあわなかったり、右と左が違うことが発覚して何度もやり直し!!

松永さんはこれをお一人で2台のベッドを組み立てられていることを知っている私たちは何度も松永さんの凄さを感じながら組立ました。
きっと、これは松永さんが残していってくれた印だな。この収納の仕方は松永さんだろうな。松永さんの足跡を頼りに。松永さん ありがとうございます。

出来ちゃった
1台完成!! 

あと1台も組み立てます。これで、寝床はできましたよ~


<Reported by TOMIKO>

2015年6月16日火曜日

6月15日(月)スッキリ!<大久保>


今日は、念願かなっての、新しいキャビネットを導入させていただきました。

新しいプロジェクトを始めると、たくさんのものが増えていきます。DACCもcocoDACCプロジェクトの器具や材料、保管をどうしようかと考えていました。




 

カンボジアでの買い物は一苦労も二苦労もあり、外に出かけた際に、どこにどういったものがあったかいつも頭に入れながら行動されるKABA子さん。

今回もみつけてくださったキャビネットに、ぴったし納まっていきました。毎日掃除をしていても、物を動かすたびに、土埃や虫の糞、毛やゴミ。気が付けば4時間没頭!おかげでスッキリ。これでまた新しい事業が飛び込んでも大丈夫?!


<Reported by TOMIKO>

2015年6月15日月曜日

6月14日(日)DACCのムードメーカー<大久保>

DACCの活気を引っ張っていってくれるのは番犬格さん。
1歳7か月の彼は元気いっぱい!!
KABA子さんと格之進 
駆け回って、はぁはぁ言って休んでいるかと思うとすぐに復活。運動しようよと近寄ってきます。
2,3時間したら、すべてリセットするのか、夜中になっても同じように催促があったりします。
一転、ネズミハンターの時は集中していて俊敏。眼差しが違います。

とても綺麗好きなので、おしっこも上手にしますが、シートが汚れていると、わざと端っこにしたりします。

朝も、「待ってました!」かのように、シートを換えるまでおしっこを我慢しているような感じで、新しく換えたばかりのシートにします。床も拭いたばかりのところにどかっと寝ころびます。
「あの~ 今換えたばかりなんですけれど。。。それ。。。」
「あの~ 拭いたばっかりなんですけれど。。。そこ。。。」
という感じです。

だけど、とてもお利口になり、日本語が良く理解できていると思えるところが増え、KABA子さんの言うことをよく聞きます。


1日1回の食事もモリモリ食べたい彼ですが、時間がずれ込んだKABA子さんを食べるまで待って、食べないなど忠誠心も養われつつ成長中。

今日も暑さにもめげず元気に走りまわっています!!


<Reportesd by TOMIKO>


2015年6月13日土曜日

6月11日(木)ルイ チュラウン<大久保>

お掃除も手伝ってくださるようになりました!!
いつも気にかけてくださる大家さん。
奥さんは観光地内のマーケットで1日中働かれる仕事人。
一方の大家さん(ヤンさん)は午後からいつの間にか店に来てくださっては、いつの間にか
いらっしゃらなくなっていたりして、お仕事を尋ねても「busy busy」と言って、職種も不明。
きっと、「おそらく髪結いの亭主だな。。。」とふんでいましたが、なんと、「パティシエだった」と発覚して驚いたものでした。

先日、ツケをしてまで買い物をしてくださったようで、その支払が「まだだ」とKABA子さんから伺っていたところ、閉店間近に、ぶらりと来店。

ヤンさん:「ツケを払わなきゃいけないんだ。かばこに聞いてる?」

私:「聞いてる!聞いてる!」

そして、お金を支払ってくださると、さらに何かを購入してくださる素振り。
(私:買って!買って!)
そうして、さらに、パナソニックの延長コードを購入してくださいました。うちの店では10ドルを越えるとそれは高額商品扱いで、今日は10ドル以上が2点出ていました。

また、そうこうしていると、他のお客さんも来てくださり、店内はにぎわってきました。

すると、ヤンさん、
「tomiko tomiko ルイ チュラウン!!(お金 いっぱい)」と言ってニーっと笑われます。

私もすかさず、
「ヤンさん 家賃がこれで支払えるから良かった!これ全部ヤンさんのところへ行きますよ」と言うと

ヤンさんもそのまま通じたのか、ニヤーっと笑われていました。あははは。

お客さんが身近な人が多い私たちは
結構、近場でぐるぐる経済が回っているような?!

ヤンさん いつもありがとうございます!!
ルイ チュラウンになるように頑張ります♪


<Reported by TOMIKO>

2015年6月9日火曜日

6月8日(月)きっと、これは軽~く 洗礼?!<大久保>

登美子です。2日前にカンボジアに戻って参りました。
早々に、KABA子さんがバトンタッチで大役を担われ、ミャンマーに出張に向かわれました。

1日、2日過ぎ、大雨が降ろうが、ひっきりなしに床を拭くことになろうが、ゴミの清掃が多かろうが、センターの暮らしに驚くこともなく受け入れることができたのもつかの間。

今朝は早朝から3階の御仏間からミャンモンさんの緊急な声が!
「とみこさーん。ちょっときてください。とみこさーーーん」

慌てて行くと、床一面が水浸し。そして、なんと、水道蛇口がスポッと抜けている。
「なんで?」と笑うところではありませんが、ミャンモンさんの必死さと、この状況があまりにもDACCらしくてちょっと笑ってしまったら、ミャンモンさんも「すみませーん。」言いながら笑みが。
けれど、いえいえ、笑っている場合ではありません。
ぞうきんとバケツを取りに行き、対処を試みます。
いろんなことを取り急ぎはしますが、なかなか水は止まりません。パイプにホースの先を熱で溶かして封をしたものをかぶせ、それでやっと止まったかなと思ったら、今度はいつの間にか、下のパイプからも漏れています。。。あーあ。

その間、ミャンモンさんは3階の蛇口番、私は1階のモーター係。何かの処置をしては塩梅を尋ねるために、3階まで駆け上がります。
大きな声を出しても、日本語が通じないこともあり、毎回、傍まで行って確認。
何回も何回も行き来しました。息があがりますが、隣でも息があがる音がします。そうです。格さんも私が往復するたびに一緒に走ります。彼もこの事態になんとかせねばと思っているのでしょう。

新しいものと交換。
大家さんに電話しても、「忙しいから」と朝は断られもしましたが、何度も連絡したところ、夕方に来てくださいました。

蛇口交換後も床が水浸し。タイルのすごいところはほうきとちりとりで水がすくえるのです。
そして、蛇口を新しいものに換え(もちろん買いに走りましたよ)、緊急処置をしていただきました。なんとか床も拭き終り終了。
あー良かった。

それから、格さんの散歩を済ませ、開店時間1時間ぐらいでしたが、セダナJAPANに出勤しました。すると、今日は大繁盛!!
一通りお店の状態にするのに精一杯で、到着したばかりの品々は値札やパッケージもままならず陳列していました。ですから、説明が大事なのですが、いきなり、女子高生4人組来店。バイチャー4人前。
高校生4人組。毎度ありがとうございます。
んー二人分しかご飯もないし。。。「2人前でどう?」と言ってみるも、
「4人前で!」との強気なオーダーに、DACCに連絡してみましたが、残念。つながらず。
センターに走ってご飯を取りに帰りました。
これもDACCらしいよなぁ。

それから、人が人を呼び、テンテコマイになっていると、ミャンモンさんが助けに来てくださいました。
きっと、血相を変えて、ご飯を取りに行った私を察してくださったのでしょう。ありがとうございます。ミャンモンさん。
そして、最終は昨日の売り上げの35倍。って昨日がいくらやったの?!という話ですが70$近くになっていました。(笑)
下着フェア♪日本の某メーカーさまがご協力くださいました。良質!!カンボジアに奥様方にどうぞ♪
今日は日本の鋸の良さを知った方が姉妹を連れてきてくださったり、
隣近所の方々がいつも購入してくださっているのに、今日も買ってくださったり、久しぶりに開いていたから立ち寄ったと本当に地元の皆さんに助けられているなと思います。

「7月8月になったら、日本人がたくさん来て、良いものをいっぱい持ってきてくれるから」と告知していますので、8月リトリートに来てくださる皆様、どうぞ運搬のご協力をよろしくお願いします。

明日は、KABA子さんが戻られます。KABA子さんも出張先で大奮闘されていた様子。この数か月も非常に内容の濃い日々だったのだと思います。
お疲れ様です。ありがとうございます!

あぁ 明日は明日のミッションを遂行できますように。

カンボジア生活 満喫するぞ!!??!!
どうぞよろしくお願いします。


<Reported by TOMIKO>