2015年8月18日火曜日

DACC滞在ご奉仕ありがとうございました<船津>

8月のDACC奉仕研修リトリートが終了し、あっという間に1週間が過ぎました。
今回のリトリートには、小学生や若い世代の方たちもたくさんご参加いただき、充実した日々をお過ごしいただくことができたようです。
男性陣によりココナツ皮むき体験
子どもたちも挑戦
雅先生による「カバクリン(入浴剤づくり)」ワーク
セダナスペシャルデーの巨大焼きそばづくり
日本にご帰国されてからの日常の生活の中に、このDACCでのご体験が活かされることを願っております。ご参加くださった皆様、日本から応援、サポートくださった皆様本当にありがとうございました。

ココナツ植樹も、リトリート終了翌日に無事に執り行わせていただきました。毎月の実習ファーム訪問の楽しみがまた1つ増えました。ココナツが育つまで7年ほどかかるそうです。ぜひまた収穫の際は、皆さんと共にココナツオイル作りができたらと夢が膨らみます。



実習ファームにて
★リトリートの様子は(GHS活動レポートブログ)こちら

また、リトリート終了日には、札幌からTさんがDACCの日常を体験したいとご来館頂きました。
札幌から、預入荷物いっぱいに物資等の運搬協力もしてくださいました。ありがとうございます。

到着早々から、リトリート終了後の片づけや、C館の清掃、セダナJAPANの物資整理、お店体験等、短い期間でしたが出発間際まで存分に汗を流してご奉仕下さいました。
セダナJAPANにて~ミルクパンオーダー入りました~
また、DACC恒例の縫製プロジェクト、セミオーダーロンジーの実習協力にもご協力いただきました。ピンクの上下セットがとってもお似合いでした。


「一人リトリートみたい。私にとってのご褒美でした」と笑顔いっぱいでのご帰国されました。

リトリート終了後、すぐにセアロ師に同行され、ミャンマーへご出張の亜弥迦さん、ウィンさん、雅喜さん、登美子さん。予定が少し早まり、登美子さんは、まるこさんと一緒に20日にDACCに戻ってこられるそうです。

カンボジアも、ここ数日は雨が強い日が多いですが、ミャンマーも雨が多く、停電など大変な状況が続いているようです。

あと数日のお戻り、格さんも首を長くしておとなし~くいい子に待っていますよーー

(reported by KABAKO)