2016年7月23日土曜日

7月22日(金)光る汗!!<大久保>

私たちGHSの仕事はどの拠点でも、基本は1人。
草刈り、物資整理、アイテム整理、準備調整など終わりが見えづらく自分が一体何をしているのかわからなくなることもしばしばあります。
朝の作務
道路補修
床磨き
けれど、仲間の姿を通して、自分たちがさせて頂いていることをふと気づく時があります。
今回、ありがたくも突如としてお越しくださった亜弥迦様からのお話の中で、
「自分で自分を感じることはできない。自分が死んだことさえ、自分ではわからないような自分。。。今、生きている自分というのは、人を通して、人との関わりを通して気づけるものではないかと思う」というようなお話を頂戴しました。

セアロ師のお言葉や亜弥迦様のお言葉は後々、ボディブローのように心に響いてきます。

ドロドロになって、汗でベチョベチョになって、掃除して何でこんなに笑っているの?自分たちだけしかいないDACCに数少ない休日にお金を支払って、働き続けてどうしてこんなに「幸せ。ありがとうございます。」と言えるの?
楽しいんですよね~
何が?^^
仲間のマヨさんは「私はめっちゃ人が好きやねん。ふと横を見て一緒に汗をかいている仲間を思うとめっちゃえーなーと思うねん」と仰り、
そんなキラキラした笑顔を見させて頂く時、あー いいなぁ。素敵やなぁと思います。全然表立って見えないけれど、私たちのやっていることが人様の夢につながっていたり、役に立っていると思うような事柄に出あう時、あー 格好いいなぁと思います。自分事としては実感できなくても。。。

セアロ師、亜弥迦様の大きな愛の姿について語りあい、学ばせて頂いたこと教えて頂いたことを実践的に、自分たちも自分たちの歩みをしようねと。

また、
いろんな感情に揺れながらももくもくと作業を続ける姿、下手でも、ドジでも頑張る姿、そんな人の姿に響く自分がいるならば、そこに自分も入れて自分も認めてあげようじゃないかと、今DACCにいるメンバーで鼓舞しあう時間も持つことができました。


まだまだ歩みはこれから!引き続きどうぞよろしくお願い致します。


<Reported by TOMIKO>