2016年1月16日土曜日

1月16日(土)環境が変わって<佐藤>

佐藤洋子です。
カンボジアに来て1ヶ月。先週KABA子さんとタッパー(ミャンマー研修生)が日本より戻られ、DACCは5人(松永さん含め)となりました。8年程ひとり暮らしだったせいか、食事の量の変化に戸惑っています(市場で大量に買う野菜・お米が、すぐ無くなります)(笑)

今は、午前と午後それぞれ1時間30分づつ、研修生に日本語教えるようになり、勉強以外の時間も一緒に台所の網戸(一部ビニール)を張り直したり食事の支度をしながら日常会話を続けているので、このブログも久しぶりになってしまいました。

今日は、松永さんと研修生が実習ファームに行ったので、その間に「テスト」の準備(問題作成)をしたり、教えて頂いたブログを忘れないうちにとパソコンに向かっています。


<Reported by Yoko>

2016年1月12日火曜日

1月10日(日)新しい日課<大久保>

KABA子さんとタッパーさんが2ヶ月の日本滞在を経てDACCに帰ってこられました。その間、移動につぐ移動。スリランカより研修生来日、岡山プログラム、福山拠点でのパン窯作り、支援物資の荷造り、石川拠点でのご奉仕と盛りだくさんすぎるような日々。タッパーさん(お名前が変更)は出発前より随分とふっくらされていて驚きました。

タッパーさんは日本での様子を発表してくださり、その後、これからの日課をみんなで作成しました。


彼は日本語の上達を希望。
日本語授業は午前中、午後共に各1時間半。日本人1名が担当につき、1ヶ月交代で様子をみることに。まずは日本語の上達と人への思いやりや心配りができることを目指し、洋子さんが教えられます。課外授業は、専ら松永さん。日報は大久保が入ります。





洋子さんも松永さんも「タッパーが帰って来たら、ここをやってもらおう。」
「タッパーが帰ってきたらここをしてもらおう」と伝えること、教えることをとても楽しみにされていました。長年培って来られた経験や知恵は若い吸収力のある青年に引き継がれます。またDACCの新しい協働生活が始まります!



<Reported by TOMIKO>


2016年1月5日火曜日

1月5日(火)デジカメとブログ<佐藤>

佐藤洋子です
デジカメは日本で孫の写真を数枚撮っただけで、それを写真にすることもなく・・・
今日は、いよいよブログに自分で撮った写真を載せる方法を登美子さんに教えてもらいました。

登美子さんは通常作務の他、日本との連絡で忙しいのに私の自立(ブログに自分で写真も掲載し最後まで一人で投稿できるよう)に協力して下さり、今日も感謝です。

感謝の思いをブログに書くと「特別ではなく通常のことをしているだけ」と本人は言いますが、昨日まで出来なかったことが、今日「できるようになった!」と思えるのは本当に嬉しいのです。 
(それも呑み込みが遅いのに根気よく教えてくれるのですから、やはり感謝です)



DACCでのミネラルウオーター(重くて隣の部屋から運べないので、やはり登美子さんが)

Reported by Yoko


1月4日(月)DACCでの生活<佐藤>

佐藤洋子です。


カンボジアに来て三週間。少しづつ生活のリズムが落ち着いてきました。
日本での生活(テレビの前でソファに座り1日中コーヒータイム)から一変、朝の掃除だけでもかなりの運動量(掃くだけではきれいにならず膝をついての床拭きなど)
しかし、意識は次々やることに気づいても身体は65歳・・・老化現象には逆らえず、先日不覚にもバランスを崩し転んでしまいました。
またまた登美子さんに湿布薬をもらいケアしてもらいました。

自分の子供と同じ年齢の登美子さんとの同居生活、他人同士であり年齢差もありますが、お互いに「日々するべきこと」をこなしながら、その中で、自然に重たいものは登美子さん、細かい所の掃除は私というように話し合ったわけではないのにそれぞれ自ずと「できることをする」
それをずっと長い間してきたかのように思える今日この頃。

若い人と同じに動くことはできなくなっても、若い人(今は登美子さん)の思いやりに感謝しながら時々ケアしてもらいながら(笑)一緒に共働できることは本当に楽しいです!


<Reported by Yoko>

2016年1月4日月曜日

1月1日(金)新年おめでとうございます!<大久保>

新年おめでとうございます!
皆様はいかがお過ごしですか?
DACCは穏やかに、朝を迎えさせて頂きました。

新年おめでとうございます!
ミャンマー縫製プロジェクト製の帽子 よく似あっていますね







マヨパン8枚♪

繰り返し説明

この一年も目の前のことを心を込めてできる自分になれるように励みます。また、皆様の喜びと健康を願います。

HAPPY NEW YEAR 2016
セダナJAPANのアパートの大家さんより大きなチョコレートケーキ『Happy New Year 2016」を頂きました。
こちらではとても高価であろうケーキ。自分の子どもたちとて食べていないだろうケーキ。

とても嬉しかったです。その重さに周りの方の優しさを思い、カンボジアでのこれまでのことを思いました。甘んじてありがたく頂戴しました。
2013年4月 セダナJAPAN 建築中
どこに行っても返せるものなんてありませんが、明日は、ゴミを一つ多く拾おうと思います。
2016年1月1日in DACC

<Reported by TOMIKO>


2016年1月2日土曜日

1月1日(金)新年のご挨拶<佐藤>

佐藤洋子です。
私のブログを見て下さる皆様、「新年おめでとうございます」

今日午前中、セアロに新年のご挨拶ができました。(スカイプで)それも映像つきで!
「正月」とは正しい月・・・正す月・・・1年に一度正せる月(福山にてセアロよりお聞きしました)
世界中で新年を祝っていても「正月」という言葉は日本だけ!
年に一度正せることができるなんて、改めて「日本人で良かった!」と思う方が他にもいるのでは?
DACCでは、正月といってもヨギ服で通常通りの作業を登美子さんとそれぞれ行い一日が過ぎました。カンボジアの新年は四月なのでDACCの周辺も通常通りです。

それでも・・・やっぱり「お正月」というだけで、なんだか嬉しい!楽しい!ですね(笑)
登美子さんと二人、静かで平安なお正月です。


<Reported by Yoko>



2016年1月1日金曜日

12月31日(木)協働作業を楽しくやってます<佐藤>

佐藤洋子です。
年末という実感は全くないけれど(暑いし)、DACCの大掃除を朝から登美子さんと「黙々」とやりました。仏間の床を私が拭いている間に、登美子さんは仏壇の敷物を外し手洗いし、床を拭き終わった私は仏壇のお線香立て等々を磨いたり、普段手が届かない仏壇後ろ側のガラス磨き等をしました。




昼食後、登美子さんが台所の換気扇を外して洗ったので、私は換気扇廻りを拭いたり・・・登美子さんとの協働作業を楽しくやってます。若い人と同じ動きはできませんが、時間をかけてゆっくりと休みながら楽しくやっています。

私の何倍も1日中動きまわる登美子さん!それでも時々「洋子さん無理しないでくださいね」と優しい言葉をかけてくれます。
DACCの空間には、優しい愛が漂っています!


<Reported by Yoko>