2016年5月27日金曜日

5月27日(金)DACC有難うリトリート開催!<大久保>



すでに告知させて頂いておりますが、7月DACC有難うリトリートの日程が決定いたしました!!

DACCが設立されてから、毎年恒例のように年に2回、奉仕リトリートを開催させて頂いておりましたが、DACCが8月に日本へ移転予定のためDACCでは最後の開催となります。

講師に亜弥迦様をお迎えし、アドバイスを頂きながら、たくさんの学びや気づきを味わわせてもらったDACC、これまで関わってくださったすべての人々に感謝の気持ちを込めて奉仕三昧の内容です。

皆様!どうぞご参加ください!!
最後に共に汗水流して働けたら嬉しいです。

ご滞在中には、DACCで研究開発されたCOCOWINさんの純生椰子油100mlを贈呈させて頂きます。生きたオイルを体感してみてください。

******
有難うリトリート
~今生きている自分へ 至福の奉仕~

期 間: 平成28 年7 月14 日(木)現地集合
        15 日~開始 7 月17 日(日)終了解散

会 場: カンボジアダイレクトアクションセンターin シェムリアップ

講 師: ガユーナ・亜弥迦さま

参加費: 28,000 円(事前振込)+米$200(現地集金)

        ※参加費の振込をもってお申し込み受付とさせて頂きます。
        ※日本⇔カンボジア往復航空券、査証の実費やお布施、
           その他オプション費用は含まれません。

              お申し込みはネットのフォーム、メール、TEL にて受付中です!
        
●メール:dacc@global-hs.org
●電 話:050-5539-3188
●ホームページ

2014年8月実習ファームにて
お心が動かれましたらすぐにご連絡くださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。


<Reported by TOMIKO>

5月26日(木)DACCの1日<大久保>

ガッツさんが来られてから数日。日課表に沿って清掃、食事作り、日本語学習、セダナJAPAN、格さんの世話と、DACCの1日が始まります。ガッツさんの人柄ですぐにDACCに馴染まれ、何より、格さんとの時間が大好きのようです。


早朝の清掃

 

 日本語学習は午前、午後と2回に分かれていますが、タッパーさんはどちらとも勉強されています。ガッツさんが来られてからはタッパーはお兄さんができたかのように慕い、とても嬉しそうです。


棚類もそろそろ解体です。

お二人は大工仕事、外の仕事はお手のもの。

 C館を隅々まで綺麗に。

 

午後からはセダナJAPANへ 
 イチゴパンのお買い上げ「ありがとうございます!」

格さんのブラッシング。
異常がないか、くまなく見ていきます。


日中も1日の終わりも格さんとの時間が1番楽しそうです。

今日もたくさん汗をかきました。
お疲れ様でした!


<Reported by TOMIKO>

2016年5月21日土曜日

5月21日(土)新しいメンバー到着<大久保>

DACCはみんなそれぞれが自分のこと(日課)をしていますが、気付いたらさっと手伝いあえるところがいつも素晴らしいなと思っています。

番犬格さん DACCを守っています
洋子さんは掃除の先生。細かいところまで丁寧に清掃してくださいます。DACCがどんどん綺麗になります。
これはCOCO石鹸の台紙作成の図
ミャンマー縫製プロジェクトのミャンモンさんが来られてからは、久しく響かなかったミシンの音が鳴り響き、鮮やかな布類が広がっているとそれだけで、華やぎDACCの活気が違います。




タッパーさんも日本語勉強をしっかりと頑張っておられ、セダナJAPANはじめ日常の作務も一所懸命励まれています。

格さんもこの暑さにも負けず、カンボジア人が来る度に番犬として力を発揮して吠え、みんなの隙をみては「運動しろ」とボールを加えて果敢に迫り、1日1回の散歩も喜んで出かけいきます。
マンゴーの争奪線?!
とても面白いのは、タッパーさんとの日本語勉強の時。必ず、教える側(私の横)に横たわっていることです。そして、しばらくして飽きるのか、「それでは、俺は行くから頑張って」と言わんばかりにトイレに行って、後は部屋に戻ります。タッパーさんも「格さんは私の先生です」と言って。。。なんとも風格が違いますね。格さん。(笑)

DACCに戻ってから、東京プログラムでの展示会の様子も皆さんにお伝えさせて頂きました。知っている人が写真に出てくるとお名前を出されては喜ばれていました。日本の皆様たくさんのご協力をありがとうございました。次に役立たせていただきます。
東京プログラムの報告のひとこま
さて、今日はまた、新しいアジアのメンバーが到着されました。
スーツがよく似合うガッツさん
ガッツさんにとっては初めてのカンボジア。
ですが、格さんの歓迎ぶりは初対面ではないような表現でした。

また、明日から新しいDACC生活の始まりです。
どうぞよろしく御願い致します。


<Reported by TOMIKO>

2016年5月18日水曜日

5月17日(火)まだまだ青かった<大久保>

先月管理人さんにお会いすることができず、連絡がとれないまま月日は流れ、やっと電話が通じ本日実習ファームに行って参りました。


到着すると、管理人さんのいつもの笑顔。あーご無事で良かったと一安心。
シェムリアップの町に出かけていたそうです。毎日の暑さに、この荒野で生き抜くのも本当にたくましいとお会いする度に思います。

ひとしきりお話して、ファームを見渡すと、昨夜の雨のせいか、とても青々と見えました。気になるマンゴーはまだまだのようで、例年より、2ヶ月ぐらい遅いようです。この間に雨が降って実が落ちてしまうだろうと管理人さんは仰っていました。



今回は実習ファームに関心を寄せてくださっている日本人3名の方と一緒でしたが、残念。
それでも、大きな青いマンゴーを見て喜んでくださっていました。


今日は、管理人さんのところにも友人が来て、マンゴーを買いに来ていました。
計りで測定すると54kg 6.5$です。市場に卸すのも同じぐらいといいます。
一方、私たちが一般に買うのは1kg(だいたいマンゴー大きいもので2個)1$ですから、厳しいですね。現実は。


今はDACCには青いマンゴーが好きなミャンモンさんもいらっしゃり、そのまま上手に寝かせていれば黄色になるとのことで、20kgぐらい収穫させていただきました。


また、2週間後に来ますとご挨拶をして後にしました。

今回の持参物
・衣類(大人、子供上下)
・石鹸
・シャンプー、リンス
・歯ブラシ
・タオル
・文具
・蚊取り線香
・空き瓶類
・ラーメン
・お米50kg
・調理道具(へら、しゃもじ、ピーラーなど)
・スプーン、フォーク

ありがとうございました。

<Reported by TOMIKO>

2016年5月10日火曜日

5月8日(日)うれしい1日<船津>

今日は、DACCで3年の研修を終えて、母国に帰国されていた縫製プロジェクトのミャンモンさんが再びDACCへ!
ミャンマーから一人でカンボジア入りのため、出国の際や入国時の査証申請などドキドキされたそうですが、元気に無事到着されました。できたてのココナツオイルも届けてくださいました。

空港に迎えに行ってDACCに戻ると、またしても停電。。。あらら、、はい。よくあることです。

到着早々に、ミャンマーからの荷物の荷ほどきをして、その後はセダナへ。
ミャンモンさんも飛行機での疲れも見せずに、久しぶりのセダナへ参戦です。

ミャンモンさんお帰りなさい♪
3人の笑顔がキラキラに見えました!

久しぶりにセダナの大家さんご夫妻ともお会いできました!
ギフトいっぱいの1日でした。

今年夏のリトリートは、DACCが8月で日本へ移転予定のため、最後のリトリートになります。
7月14日(目)~17日(日)の3泊4日の日程で実施することが決定いたしました。

有難うリトリート、ぜひぜひご参加くださいませ!!!
詳細は、準備が整い次第、改めてご案内させて頂きます。

(reported by KABAKO)

2016年5月8日日曜日

5月6日(金)DACC工房<船津>

これは、何でしょう???

気温が高すぎるので、保冷剤で冷却中


















正解は、一年前に、カンボジアの山奥のはちみつおばちゃんから、体を張って?分けてもらった蜜ろうです。

その時の様子はこちら
COCODACC-Projctココナツ研究事業(ブログ)


今日は、その蜜ろうを再精製して、ココナツオイルのクリームを作りました。

また、登美子さんもカンボジアから参加された東京で開催されたココナツオイルリトリートも喜びあふれる素敵な会だったようです。ココナツオイルの本当の良さを知り、プロジェクトを応援してくださる方が増えることがうれしいです。東京スタッフの皆様お疲れ様でした。

ガユーナセアロ師・ココナツオイル断食瞑想リトリートの様子はこちら(GHSレポートブログ)

ぜひぜひ、DACCプロダクトのココナツクリームお試しくださいませ~~★

ココナツオイルリップバームもできました!

(reported by KABAKO)

4月29日(金)実習ファームへ<船津>

今日は、タッパーさんとバンテアスレイにある実習ファームへ訪問しました。

例年なら、カンボジアの4月のお正月を過ぎると雨が多くなり、少し気温が下がるこの季節。
しかし、今年は全然違い、雨もほとんど降らず、相変わらず酷暑が続いています。

マンゴーも雨が少ないせいで、例年なら黄色くなっている時期ですが、まだまだ緑色のマンゴーが鈴なりになっていました。
もう少しですねーとマンゴーをチェックするタッパーさん
ドライバースムスさんと人間はしご!!
収穫してもよさそうなものだけ大事に収穫
カンボジアでは、長い棒を使ってマンゴーは落してとるようですが、ミャンマーでは、マンゴーも落とさないように大切に手でとったほうがおいしいと棒は使わないそうです。

ココナツの収穫も、カンボジアは落してとる、ミャンマーは木に登ってとる。。。
同じ隣国アジアでも違いますねーー。

残念ながら管理人さんご家族も今回は不在でお会いすることができず、また近々様子を見に行きまーす。
今日収穫したマンゴー
DACCで選定して熟成して黄色になるのを待ちます。

(reported by KABAKO)

4月26日(火)DACCへのご来館ありがとうございました<船津>

DACCの前で記念撮影
関空空港からカンボジアに戻る際に、乗継のベトナムホーチミン空港でお会いさせて頂いた和歌山からの女性お二人。はじめての二人旅とのことで、空港で少し乗継のお手伝いをさせて頂いたら、偶然飛行機もお隣同士。到着するまで、色々とカンボジアDACCでの活動を興味深くお聞きくださいました。

お二人ともまだ現役でお仕事されているとのことでパワー全開。
機内でも、日本の飴ちゃんやら、お菓子やら、これはあなたにお小遣いとご寄付まで頂き、、、今日お会いしたばかりなのですがね。。

さすが関西ご出身の方!!とひそかに登美子さんの将来を妄想してしまいました(笑)

カンボジアでお土産も買うので、せっかくだったらDACCに来て、そちらの自立支援のアイテムを見させて頂きたいと訪ねて来てくださいました。

ミャンマーサンダルや縫製プロジェクトのロンジー、またいつかミャンマーに行ってみたいからと私たちDACCメンバーがいつも着用している茶色のヨギ服までご協力頂きました。

ミャンマーサンダルは、ミャンマーの研修生タッパーさんが日本語でご案内
お二人とも介護士のお仕事をされているとのことで、頑張っていつまでも元気で働いて、そのお金を貯めて自分たちが若々しくいるためにアジアを旅行するのが私たちの生きがい。
いつまでも現役で誰かのお役にたちたいと、笑顔ではつらつとお話されているお二方。とても70代とは思いませんでした。。。
すばらしいなぁと人生のお手本を見せて頂いたように思いました。

またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
ご来館ありがとうございました。私もカンボジアで頑張ります!

(reported by KABAKO)